メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 システム起動
 セルフチェック開始
 ……システムオールグリーン
 mms TYPE HOWLING起動


 再起動を確認した私は深い眠りから意識を覚醒させた。
 ……しかし目を開けることが出来ない。
 物理的にではなく、戸惑いから開ける事が出来ない。
 しばらくそのままでいると、側から聞き慣れない声が聞こえる。
「…この子起きたんだよね?」
「…データーを見る限りは起きたはずなんだけど…」
 カチャカチャとキーボードを叩く音と、唸り声が聞こえてきた。
「う~ん…データーを見るかぎり、起きてる筈なんだけど…」
「え~本当に~?何か間違えたんじゃないの~?秋人ってばソフト面は弱いからな~」
「…これでもお前達の為に色々勉強はしたんだぞ。…あんまり実らなかったけど…」
 何かが私の頬を撫でている。
「新しい妹が出来ると思って期待してたのに…」
 その声は私の耳元近くで聞こえた。
「身体は完全に治っているのは間違いないから、後は消えかけていた感情を無理やりに復活させたのが原因かな…このままなら可哀想だけど初期化するしかないのかな…」
 体が何か柔らかい物に優しく包まれた。
 それはとても心地よく、初めて心に安らぎという言葉を思い浮かべた。
「ダメだよ!この子は今まで感情を消されて、辛い事を自分の意思とは関係なくしてきたんだから!これからは私達で幸せにしてあげなくちゃいけないんだから!」
 自分の戸惑いの原因を理解した。
 それまで自分に無かったもの、闇に沈んでいた意識がいくら手を伸ばしても手に入れることが出来無かった感情が、そして<心>が今は自分の中に確かにある喜び。
 それに戸惑う自分。
「……あれ?なんかこの子震えてるよ?どうしたんだろ?」
「なに?…まさか暴そ…」
「違うみたい。泣いてるよ…」
 声にならない声を押し殺し、私を包んでいた物にしがみ付き、顔を埋めて泣いてしまう。
 それはこれまでに破壊してきた神姫達に対する懺悔と悲しみ。
 そして自分が心を持った喜びと、初めて感じた色々な感情の涙だった。
「い、痛たたたたたたたた!ちょ、ちょっと!は、離して!!そこ!呆けてないで助けて!」
「あ?あぁ、……そうしてあげたいけど俺は泣く子は苦手だし、泣いている女の子はもっと苦手だ。たとえ神姫であっても」
「…で?」
「すまん。自分でどうにかしてくれ」
「~~~この甲斐性なし~!!」

「……お騒がせしてしまい大変失礼致しました」
 私の前には一人の人間と、私がさっき抱きついていた神姫アーンヴァル、それとストラーフ、マオチャオの4人がそれぞれに興味深そうに私を見つめている。
「落ち着いたかな?」
 心配そうな目をして私に語りかけてくるこの人は、意識が途切れる前に対戦していた神姫アーンヴァルのオーナーだ。
「はい。システムに異常はありません」
 そう答えると、少し困ったような顔をしてしまいました。
「ねぇねぇ!この子がボクの妹なのかにゃ?!」
 瞳を輝かせ飛びついてきそうな勢いでしゃべり始めたマオチャオ。
「やっとボクにも妹が出来るんだ~嬉しいにゃ~何して遊ぼうかにゃ~楽しみだにゃ~」
 胸の前で手を組んで目を瞑り、なにやら幸せそうな顔をしている。
「取り合えずこの子に現状を伝えませんか?」
 落ち着きのある声で提案をしたのはストラーフだ。
 ……左手には刀が握られている。私を興味と警戒の眼差しで見ていた。
「そうね。どうしよう?私から話す?」
 アーンヴァルが、ストラーフの肩に手を置きながら私に微笑みかける。

 あの試合、敗北が決まった直後に私は戦闘の余波で脆くなったビルの下敷きになったらしい。そこで記憶が途切れていた。
 私の意識が無い間に起きた内容は、試合は違法行為があったため公式記録からの抹消。
 私のマスターは、その違法行為発覚に伴い今後の公式戦への参加停止。
 そして私のマスターとしての登録削除……試合終了直後にマスターが大会関係者に連れて行かれ、そのまま私を置き去りにして会場を去った為だ。
 その後、大会の関係者が私の処遇に困っている時に、この人達が引取ってくれたそうだ。
 ……そうか、私は捨てられたのか……
「私はこれからどうなるのでしょうか?」
 これまでに破壊してきた神姫達の事を思うと、胸が苦しくなる。
 感情を手に入れることは出来たが、そのことで自分のしてきた事への後悔が生まれた。
 私はそのまま瓦礫に押し潰された方が良かったのでは無いか。そんな思いがよぎる。
 顔を上げることが出来ない。
「まず、うちの子になりなさい。今までの事は……嫌な言い方だけど君達は記憶の初期化をすれば完全に忘れることは出来る。でも俺はそれをしたく無い」
 初期化…私という人格の神姫が消える…今の私には甘美な響きに聞こえた。
「…誰かが言っていたけど、辛い経験をしてきた人は、他の人の痛みを理解する事ができる。その人と同じ痛みではないけれど…」
 そうだ。この人に頼んで初期化してもらおう。私はこれまでに酷い事をしてきた…
「その苦しみを背負いながら生きていくのは凄く辛い事だ」
 非公式試合ではコアすら破壊した事もある…
「だけど君は、苦しみを持った他の神姫達の良き理解者、導き手になれるかもしれない」
 …無理、そんなことは出来ない。今すぐにでも初期化をして欲しい私には…
「…今すぐには無理だろう。初めて手にした感情に戸惑っている君では」
 手にした心に押し潰されそう…
「だけどこれから生きていく中で、また色々な事があると思う。その中には辛い事もある。でも辛い経験をしてきている君だからこそ、他の神姫達に語れる事もある筈だ」
 …この人は私に何をさせたいのだろう…
「救い手になれとは言わない。…苦しんでいる子がいたら少しで良い。その子の苦しみを和らげてあげる事で、これまでしてきた事への償いになると俺は思う」
 …私にそんな事は出来ない…
「それにこれからは一人じゃない。この子達や俺と色々な経験を積んでいって、そうなれるようにまずは始めてみないか?」
 彼の手に背中を押されて、私の前にいた神姫達が私に歩み寄ってくる。
マオチャオが抱きついてくる。
「これからはボクがお姉さんにゃ♪ヨロシクなの!」
手にしていた刀をその場に置き、ストラーフが頬を指で掻きながら側に来た。
「念の為と武装していたんだけど不快な思いをさせたと思うので…御免なさい!!」
いきなり頭を下げて謝った。
「まだ辛いかもしれないけれど、これからは私達と一緒に頑張っていこう!」
私の手を両手で包みながらアーンヴァルが、心が暖かくなるような笑みをする。
この日、私は大切なものを与えられた。感情、心、そして家族。
私はその場に泣き崩れた。声を出して泣いた。生まれて二度目の涙はとても暖かかった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー