メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ・シンカロン05

~深卦~


 飛鳥を買ったあの骨董屋は、結局見つからなかった。
 神姫センターで調べたパソコンショップや、携帯で調べた骨董屋にも足を伸ばしてみたが、その何れも昨日の店とは違っていた。
 骨董屋の店主達に尋ねても、この街で骨董品を取り扱っている店はその3店だけの筈だという解答。

「よーするに、あの店は綺麗さっぱり消えちまった。と」

 これで飛鳥とこの手書きの説明書が消えてしまえば、北斗の見た夢だった。で済むのだが、そのどちらも消えずに残っている。

「つまり、少なくとも夢じゃ無ぇ……」

 小さく呟き、北斗は虚空を睨む。
 飛鳥を買った骨董屋が見つからないとは言え、今、件の武装神姫はこうして同じ部屋の中にいる。
 そして、その魂(ナカミ)は自殺した幼馴染、弥涼明日香なのだ。

「……って事は、だ―――」

 そして、北斗はその結論に……。

「―――どういう事だ?」

 辿り着かなかった。
 ……だって馬鹿だもの。

「え~っと、多分なにか不思議な事が起きてるんだと思うんだよ」
「おお、そんな感じだ、そんな感じ」

 結論としては何も分からないも同然だが、分からない事が分かっただけでも前進である。

「んでぇ~、これから如何しようか?」
「う~ん」

 二人で顔を突き合わせて首を捻る。

「とりあえず、こうやって生き返った(?)のが偶然かどうか分からないけれど、その原因がお前の自殺に関係しているかもしれないよな」
「う~ん。そう言われてもぉ……。そもそも、自殺した覚えも、自殺するつもりも無かったんだよ」
「そう言えばお前、神姫になる前の記憶は何処まであるんだ?」
「え~?」

 くきっ、と首を傾げる明日香。

「例えば、お前が死んだ日の朝の記憶とかは?」
「その日の朝に、何かあったっけ?」
「え~と。……いや、何も無かったな」
「それじゃあ分からないんだよ」
「う~ん」



 弥涼明日香が自殺したのは学校の屋上。
 死亡推定時刻は深夜零時の一時間ほど前、凡そ11時の前後10分程度の間と検死の結果が出ていた。
 即ち、22時50分から23時10分までの20分。
 その何処かでフェンスを乗り越え裏庭へ転落し、死亡した筈である。



「つまり、その夜に見ていたTVは覚えてるんだな?」
「うん。夜10時の芸能人撲殺クイズで、吾妻玲二がエレンさんにボディブロー喰らって吐いたのは覚えてるんだよ」
「それって、お前が死ぬ直前じゃねぇか」

 仮に、23時10分に死んだのだとしても、番組が終わってから即、家を出て学校に向かっても間に合わない。

「学校まで20分は掛かるからなぁ……」

 番組が終わるのは22時55分ごろ。
 そこから学校まで歩くと23時15分。

「…って、死亡推定時時刻からはみ出ちまう」
「自転車使った、とかは?」
「自転車が学校に乗り捨てられてれば、誰だって気付くだろうが」

 乗り手の居なくなった明日香の自転車は、今も涼影家の駐輪場に停めてある。

「う~ん。謎だね~ぇ」
「って言うか、自殺直前にバラエティ見てんじゃねぇよ」
「そういわれても~、その時には死ぬ気は無かったんだよ。その後、何かあったのかもしれないけど、全~然覚えてないんだよ」
「だよなぁ。……って言うか、絶対自殺するタイプじゃねぇよな、お前」
「それは分からないよぉ~。何かショックな事があったのかもしれないんだよ」
「例えば?」
「………………。………………。………………………………。………………………………………………えへへ」

 思いつかないらしい。

「はぁ……、結局何も分からず終い、か……」
「北斗ちゃん、元々頭脳労働向きじゃないもんねぇ~」
「ああそうだよ、馬鹿だよ悪いか悪いんだな畜生、頭の悪い馬鹿ですいませんでしたゴメンなさいぃ~」
「まったくだよ~」

 テーブルの上で、あはは。と笑う、武装神姫。

「っつーか、お前性格悪くなってないか?」
「そんな事無いんだよ、北斗ちゃんが気付かなかっただけなんだよ」
「う~ん、そんなもんかぁ……?」
「そうそう」

 頷いて、明日香はもう一度笑った。



「帰ろ、パール」
「……宜しいのですカ、マスター?」
「うん」

 笑い声の聞こえてくる部屋に背を向けて、夜宵は神凪家の階段を下りていった。

「……あら、夜宵ちゃん。もう良いの?」
「すみません、おばさん。北斗のヤツ、寝てるみたいなんで」
「あら、たたき起こしても良いのよ?」

 昔は女子プロレスラーだったという北斗の母は、豪快な笑顔を見せる。

「いえ、特に急ぐ用事でもありませんし。……あと、姉さんの事もあるし、余計な気苦労かけたくないんで、寝ている間に私が来た事、ナイショにしておいて下さいね?」
「……いいけど。夜宵ちゃんはもう大丈夫なの?」
「………………はい。私が泣いても、姉さんは生き返ったりしませんから、……絶対に……」
「…そうかい」
「それじゃあ、今日は帰ります」

 そう言って、夜宵は神凪家の外に出て、二階の窓を見上げた。

「……北斗。……もう、弥涼明日香は死んだんだからね……」
「…………」

 その呟きをどう受け止めたのか、肩の上の白いストラーフは、表情も変える事無く主と同じ窓を見ていた。












 イラストとかって需要あるんですかね?
 各キャラの下書きはしたんだけど、詠む人のイメージを損なう可能性もあると思うし…。
 絵がアレなのも問題ですし…。




























-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー