メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ・シンカロン04

~審寡~



「おかしいぞ」

 本屋を出た帰り道に立ち寄ったのだ。
 繁華街の一角だった事も確か。
 なのに。

「無い」

 いつも通る道の何処にも、件の骨董屋は見つからない。

「無い訳無いだろう!?」

 昨日の帰り道は、特に意識しては居なかった。
 それは逆に言えば、何時もと同じ道を通ったからだ。

「なのに、なんで何処にも無いんだよ!?」

 繁華街の入り口まで戻り、神姫センターを通って、昨日立ち寄った本屋へと辿り着く。
 そして、その帰り道に古びた建物を見つけた筈だった。

「左の方だったんだ、間違いねぇ」
「北斗ちゃん、そっち右なんだよ」
「……」
「……」
「い…、いいんだよ。『こっち』側なのは確実だ!!」

 本屋から繁華街の入り口まで戻る道を辿る。
 右側と、念の為に反対側も確認しながら、ゆっくりと歩くが、該当する建物に巡り合わぬ内に、繁華街の入り口まで戻ってしまった。

「無いんだよ」
「んな訳無ぇ」

 肩の上に腹這いになりながら寛ぐ明日香に、北斗は余裕の無い声で返す。

「なんで無いんだ。この通りなのは絶対に確実だ!!」
「あのさぁ、北斗ちゃん」
「んだよ」
「神姫を取り扱っているお店なら、神姫センターで聞けば分かるんじゃない?」
「……」

 ぽん。と一つ手を打って、北斗は神姫センターに向かって走り出した。



「―――無いですねぇ」

 大型神姫センターの店長である女性が、パソコンで検索しながらそう応える。

「んな訳無ぇだろ!!」

「でも、この近くで神姫を取り扱っているのは、ココとパソコンショップ、それにおもちゃ屋の3店だけです」
 パソコンショップは場所も違うし、独立した大型店舗でどう間違っても骨董屋に間違えるわけが無い。
 おもちゃ屋は、北斗も時折ゲームソフトなどを買いに行く行きつけの店だ。そこでもない事は確実だった。

「小さな店でよ、骨董屋みたいな雰囲気なんだ。このすぐ近くの筈なんだよ」
「そう言われましても……」

 流石に店長も困った顔をする。

「あの……」
「はい?」

 北斗の肩の上から店長に話しかける明日香。

「個人経営の小さな店だと、ココに登録されていない事ってありますか?」
「オーナー登録は必須だし、出荷や、ユーザー管理の観点からも、本社が把握していない小売店なんか存在しないわね」
「そうですか」

 とりあえず礼を言って、二人はカウンターを離れる。

 しかし、これで八方手詰まり。
 こうなって来ると、昨日の記憶を疑う方が正しい気もするが、それが記憶違いでない事は今もポケットの中にある、あの墨で書かれた手書きの説明書が証明している。

「それ以外の可能性ね~」
「北斗ちゃん、携帯貸してほしいんだよ」
「…? どうするんだよ」
「骨董屋さんの検索をするんだよ」

 テーブルの上に携帯と明日香を置いてやると、明日香は器用に掌でボタンを押し込みながらその操作を始めた。
「どうだ?」
「う~ん、該当件数3件なんだよ。……でも全部遠いね」
「違うか」

 一番近い店でも徒歩で30分以上掛かる。
 候補に上げる事は出来そうに無かった。

「…狐にでも化かされたかな?」

 冗談めかしてそう言った後、背もたれに寄りかかり、仰け反って転地逆の真後ろを見る北斗。
 さかさまの視界に、蝙蝠型ウェスペリオーのCMが流れていた。

「…何やってるのよ、北斗」
「んあ? 夜宵?」

 本来なら天井からぶら下がっているのだろうその神姫のCMとの間に、割り込んでくる見慣れた少女。

「…んあ、じゃないわよ」

 肩の上に白いストラーフを載せた夜宵が、北斗のすぐ後ろに立っていた。

「…って北斗、神姫買ったんだ?」

 テーブルの上で正座する明日香を見つけ、夜宵が視線を動かす。

「あ、ああ、そうだ!! 夜宵―――」
「―――マスター、自己紹介ぐらい自分で出来ます」
「え?」

 明日香の事を説明しようとした北斗を遮り、明日香自身が立ち上がって夜宵の前に進み出る。

「始めまして。……私、マスターの武装神姫になりました、明日香です」
「……っ!!」

 その名に、弾かれた様に硬直する夜宵。

「……お、おい明日香……」
「……………………北斗、あんた趣味悪いわよ……」

 一瞬、気持ちの悪い物でも見るような目で明日香を見て、夜宵は一歩後ずさる。

「……姉さんはもう居ないって、言ったでしょ? それなのにっ!!」
「大丈夫ですカ、マスター」

 夜宵の肩の上でその頬に手を置きながら、彼女の神姫、パールが主を気遣った。

「……帰る……」
「では、これで失礼させていただきまス。北斗。……それから、明日香さン……」

 北斗を、そして明日香に視線を這わせてから、パールが頭を下げた。

「……北斗。……姉さんは、もう死んじゃったんだからね……。……もう、何処にも居ないんだよ……」

 そう言い残し、夜宵は踵を返して小走りに走り去った。



「明日香、お前どういうつもりで!?」
「えっと、夜宵ちゃんには、しばらくナイショしようと思うんだよ……」
「…なんでだよ」

 何か考えがあるらしいと悟り、北斗は声を落した。

「ほら、あのさ。少なくとも私が何で神姫になってるのか。その理由を説明できないと、信じて貰えないかもしれないんだよ」
「夜宵なら大丈夫だって!!」
「……でも、ずっとこのままじゃないかもしれないし……。夜宵ちゃんには、心配かけたくないんだよ……」
「……ぁ」

 確かにその通りだった。
 弥涼明日香は生き返った訳ではない。
 例えば、神姫の素体に明日香の魂みたいなものが憑依したのだとしても、ずっとこのままという保証も無い。
 或いは、次の瞬間に明日香の魂が消えて、飛鳥がただの神姫に戻る可能性だってあるのだ。

「だから、少なくとも。私がどうしてこうなったのかが分かるまでは、他の人には秘密にして欲しいんだよ」
「……ああ、分かった」

 頷くしかない。
 もしも、明日香のこの状態が長く続かないのだとしたら。
 心の整理をつけた夜宵に、もう一度別離を味わわせる事も無いのかもしれない。

「……でもよ、そのまま明日香って名乗ったのは不味くないか?」
「だって北斗ちゃんには、咄嗟に別の名前で呼ぶような演技は無理なんだよ」
「……はい、出来ません。演技力ゼロです。そういう機転も利きません。ゴメンなさいでしたぁ」
「うん、分かれば宜し~んだよ」

 にへへ、と笑うその顔が、生前のものと同じ事に、北斗の胸が少しだけ痛んだ。



































-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー