メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ・シンカロン02

~新荷~


 気を紛らわせる為に街に出たのは、別に夜宵にそう言われたからではなかった。
 ただ。
 何かしていたかっただけかも知れない。
「武装神姫、か」
 確かに、始めてみるのも良いかもしれない。
 確実に気は紛れるだろう。

(でもそれは、明日香を忘れる事になるんじゃないのか?)
 最早、自分自身といっても過言ではないほどに近い相手。
 彼女を忘れてしまう事は、今までの人生の全てを3割削ぐ様な事ではないのか?
 そんな気がして、神姫センターの前を通り過ぎる。
(別に、今日でなくてもいいよな)
 言い訳かも知れないが、免罪符を手にした気分でいつもの本屋に立ち寄る。

 雑誌を立ち読みし、お気に入りの漫画の新刊を買う。
 意識しないでも行えるような惰性の数時間。

 その帰り道。
 ふと見上げた視界の隅に、それを見た。

『武装神姫』

 古ぼけた木造の店舗。
 ビルとビルの間に位置する間隙の空間に墜ちる様にその店はあった。
 不自然なくらい古い店舗と、不自然なくらい真新しいノボリ。
 そこに書かれた4文字。
「…武装神姫」
 それを口にし、何気無く。
 本当に何気無く。
 北斗はその店に足を踏み入れた。



 そこは、最新の電子機器である神姫を扱っているとは、到底思えないような薄暗い店内だった。
 こういう店には骨董品の方が良く似合う。
「……」
 店員もそれを分かっているのか、周囲には何に使うのか分からないガラクタが陳列されている。
「店、間違った、かな?」
 そもそもおかしいと思うべきだったのだ。
 外観からして、神姫を扱うような店ではない。
「誰かが悪戯でノボリだけ持ってきて店の前に置いたのか」
 悪趣味な悪戯をする。
 骨董品に興味は無い北斗は、そのまま店を出ようと身を翻した。

「…おや? 見もしないで出てしまうのかね?」
「――ッ!?」
 人の気配など無かった。
 慌てて声のした方へと振り向いた北斗の目に、一人の女が映る。
「アンタ」
「……」
 不思議な格好をした女だった。
 前時代的と言うか、古いというか。
 凡そ現代人のセンスとはかけ離れた古めかしい衣装。
 着物にも、ドレスにも、チャイナ服にも見え、そのどれとも違う。
「店の人、か?」
「客に見えるか?」
 少なくとも、店員が客に対して取る態度では無かった。
「店を間違えたんだ。ここに用事は無い」
「いや。間違いではないぞ。…貴様を待つ物が、確かにここにある」
 再び踵を返そうとする北斗に、間髪居れずに女の声が掛かる。
「…武装神姫を探しているんだ。ここにはどう考えても無いだろう?」
 周囲にある物は、壷や皿、辛うじて時計と分かるような置物、古文書に掛け軸。
 まるっきり骨董屋だった。
「…武装神姫?」
「無いだろう?」
「―――あるぞ」
「あるんかい!?」
 どう見ても骨董屋。
 でも神姫を売っているらしい。
「―――うん。シャレで置いてみた。……まさか初日に売れるとは思わなんだが」
 骨董屋の風上にも置けない奴だった。
「じゃあ、ストラーフ、あるか? 黒い奴」
「ある」
「幾らだ?」
「在るけど、御主には売ってやらん」
「……オレ、客だぞ?」
「だからどうした、儂(わし)は店長だ」
「……………………………帰る」
 店の出口に手をかけた。
「まてまてまてまて!! ほ、他の神姫はどうじゃ?」
「他ぁ?」
 ゴソゴソとカウンターの下から白い匣を取り出す女。
「それは?」
「んふふ、聞いて驚け。つい昨日発売したばかりのらぷなんとかという最新型神姫じゃ」
 ポンポンと匣叩きながら胸を張る女。
 だが箱に書いてある名は―――。
「……飛鳥」
 その名前。
 それを読んで、北斗は…。




「結局買わされてしまった…」
 金額は、丁度北斗の所持金全て。
 1円単位でピッタリと、所持金を全て取られた形になる。
「新手の詐欺、じゃないだろうな?」
 女が金額を告げたのは、北斗が財布を開ける前だ。
 ありえない事だろうが、そう思わずには居られない金額設定だった。

 そして、北斗は自室で箱を開ける。
 中には黒髪の少女と幾つかの武装パーツ。
 そして、説明書。

「……って、何で和紙に毛筆書きなんだよ!?」
 ありえない。
「つーかこれ、あの人が書いたのか?」
 中身は『毛筆で細かく書かれた、イラスト付きの説明書』だった。
「なんつー器用なマネを」
 きっとどうでも良い事に全力を尽くすタイプだ。
 あるいは、人の嫌がる事に全力を尽くすタイプか。
「どちらにせよ、ロクな人間じゃ無いぞ、あの女」
 本物なんだろうか? と不安に思いながら、説明書通りの手順でパソコンに繋ぎ起動手順を順括って行く。
「……んで、Enterと」
 説明書の最後には、明らかに付け足されたと思しき一文が添えられていた。
『起動には時間が掛かるので、一晩ほど待つが良い』
「………」
 騙されているんじゃないか? と懐疑的になりながらも、北斗は寝る事にした。
 どちらにせよ、もう夜も遅い。
 続きは明日に成らざるを得ない……。










































-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー