メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キズナのキセキ

~ プロローグ ~



 春。
 満開の桜。
 数え切れないほどの花が、今を盛りと咲き乱れ、並木道を淡い桃色に染めている。
 無数の花びらが音もなく舞い、並木道の先を霞ませる。
 早朝の空気はいまだ冷たい。
 しかし、差し始めたばかりの朝の日差しからは、春の温もりが感じられた。

 桜並木の入り口に、人影がある。
 女性が二人。
 一人は、ウェーブのかかった長い髪の女性。落ち着いた色合いの服をまとっている。
 整った美貌に、これもまた落ち着いた微笑。
 いま一人は、ショートカットで快活そうな女性。細いジーパンがよく似合っている。こちらも愛らしい顔に優しげな微笑みを湛えていた。

 二人は並んで歩き出す。
 その姿が霞みそうなほどの、桜の乱舞。
 息を飲むほどに美しい。
 その光景の中で、二人の持っているもの……無骨なアタッシュケースだけが異彩を放っている。
 桜吹雪の中、二人は静かに歩いてゆく。

「……こうして、またあなたと話せるとは思っていなかったわ」
「わたしもです、お姉さま」

 ウェーブ髪の女性の言葉に、ショートカットの女性が応えた。
 ショートカットの彼女は、そっと目を閉じる。

「……お話したいことが、たくさんありました」
「そう?」
「ええ」
「どんなことを?」
「たとえば……そう、恋をしたこととか」

 お姉さま、と呼ばれた女性は、少し首を傾げて目を開く。

「恋? あなたが?」
「……はい」

 妹なのであろうか、その女性は、はにかむように頷いた。
 すると姉は明るい笑みを浮かべた。

「それは素敵ね。おめでとう」
「ありがとうございます」
「相手は誰? ……あの真面目そうな彼かしら」
「……はい」

 妹の方は少しうつむき、頬を赤らめている。
 その様子に、姉はさらに微笑んで、並木道の先を見る。

「ふふ……出会った頃は、あなたが誰かを好きになるなんて、思いもしなかったわ」
「もうあれから五年近く経ってますよ? わたしだって、ちょっとは女の子らしくなるんです」
「ふふふ、そうね、ごめんなさい」

 やがて、二人は広場にたどり着いた。
 周りはやはり桜の木に囲まれており、広い地面は、桜色の絨毯が敷き詰められたように、花びらで埋められている。
 ショートカットの妹が立ち止まる。
 その横をすり抜けるように、ウェーブ髪の姉が、ゆっくりと前に出た。
 桜の絨毯を踏みしめ、歩みを進める。
 一○メートルほどの距離を置き、姉と呼ばれた女性が振り返る。
 二人は向かい合った。

「あなたを倒します。お姉さま」

 ショートカットの女性は、静かに宣言する。
 先ほどまでの穏やかな会話の主とは思えないほど、もはや佇まいさえ変わっていた。
 すらりと立つその細身からは、油断など微塵も感じられない。

「今ならはっきり言える。今のあなたは間違っている、と」
「……そうだとして、あなたにわたしが倒せるの?」
「倒します」
「……すでに二度負けていても、まだ倒せると思うの」
「……ある人が教えてくれました。わたしはもう『アイスドール』と呼ばれていた頃のわたしではありません。
 今のわたしは『エトランゼ』。その名にかけて……あなたを倒す」

 揺るぎない口調に、姉と呼ばれた女性もまた、瞳の色を強くする。

「わたしは、今のわたしが間違っているとは思わない。かつて、あなたに教えたことこそが間違っていたと確信している」
「あおいお姉さま……」
「わたしはあなたを倒すわ、菜々子。そして、今のわたしが正しいことを証明しましょう」
「……ならば……勝負です、お姉さま!」

 二人のアタッシュケースが、同時に開く。
 中からほとばしる光は、流星。
 広場へと躍り出た二つの流星は、まっしぐらに駆ける。
 積もった桜の花びらが舞い上がる。
 広場の中央で、邂逅、激突。
 その瞬間、激しい閃光が、朝の陽光を裂いた。
 視界をまばゆい光が包み、そして。


 そして、死闘が始まった。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー