メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3.5話 「ラジヲ 武装神姫・お手紙相談室」




白「白い子と!」
黒「黒い子の!」
白黒「「武装神姫、お手紙相談室~~っ」」 どんどんひゅーひゅーぱふぱふー

白「今週もやってまいりましたこのコーナー!」
黒「SSの中で”それって何? あの時どうなっていたの?”を」
白「2006年の皆様にわかりやすぅぅく丁寧に!」
黒「2036年の未来から!」
白「わたくし白い子と!」
黒「黒い子がお送りする文字放送でございますー」


※なぜなに武装神姫だったんだけど、先越されちゃったので変更☆


白「さて本日のお便りはS県にお住まいのNさん!」
黒「こんばんわ、白い子さん黒い子さん」
白黒「「こんばんわー!」」

黒「放送になったばかりの『遺品』で、
   マオさんがレーザーを避けていましたよね?」

白「うんうん、そうだねー。 すごいよねー」

黒「なんで光速のレーザーを避けられるのでしょう?
   見てからじゃ絶対間に合いませんよね?
   でも実際に避けていた訳ですが、
   レーザーを避けられる速さをもったマオさんが
   なんで小姫さんの弓を避けられなかったのでしょう?
   この事が気になって僕は夜も眠れません」

白「うーん、そうだねー。 なんでなんだろうねー」
黒「これはやはり本人に聞くのが一番! マオさん出番ですよー!」

マオ「こんばんはー、マオです。 にゃんこ侍じゃないです」
白「あ”ー、もう広まっちゃいましたからねぇ… それは難しいと思いますよ?」
マオ「しくしく」
黒「それではマオさん、お答え下さいっ」

マオ「あれはですね、トリガーを引く指の動きを主に見ているんです。」

白「指…ですか?」

マオ「ええ、トリガーを引く段階になると大抵の方は銃の向きを変えませんから。
    そして指は0秒で動かす事はできないでしょ?
    もうひとつ、トリガーを引ききってもレーザーが照射されるのには
    一瞬の間があるんです。
    ある程度の電圧を装置にどばっ!と流さなきゃならないんですけど、
    普段の待機電圧から照射に必要な電圧にするのにも
    ちょっぴりですけど時間がかかるんですよ。」

黒「と、言う事は…よーく見てれば避けられない事はない!のですね」

マオ「ですが装備が重かったりするとダメですね。
    ブースターに頼るのも悪くは無いのですが、
    なまじ大きな力で移動するだけに
    1発目を回避できても2発目・3発目と
    どんどん避け難くなっていっちゃいます」


白「なるほどなるほどー。では小姫さんの弓を避けられなかったのは…?」
マオ「彼女の弓はね、かなり優秀な射撃武器なんですよ」
黒「そういえば弓とは思えない弾速と威力でしたね」

マオ「弓と矢自体は普通の物なのですが、彼女の周りに展開している防御用の
   [反発フィールド]を矢の前方一点に集中し、
   亜光速レールガン並の加速を乗せる事ができるんです」
白「な、なんとっ」

マオ「弾速はレーザーに迫り、尚且つ発射はトリガーを引くのではなく矢を持った
   ”指を緩めるだけ”ですから、見ていても遠距離で回避に専念してなんとか、
   中距離以下でダッシュしたら当たる位置をずらすので精一杯でした。」

黒「まさに必殺の武器ですが、それが小姫さんの弱点に、
  マオさんの勝利の鍵になったんですよね」
マオ「戦いの場が霧の漂う高原でなかったら、兄がいなかったら… 
   私の勝利はありえませんでした」

白「その後、小姫さんは装備を強化したそうですね?」
マオ「そうなんですよー(にこにこ) ミラー粒子を反発フィールドに対流させて
   ビームとレーザーにも対応ですよ? 近接防御用にショットガンを両の肩に装備して
   弓発射直後の弱点も克服してます。 結局勝てたのは最初の一回だけで、
   あとは負けっぱなしですよー♪」

黒「う、嬉しそうですね?」
マオ「はい♪ 家賃を兄と折半しているのである程度の賞金を稼ぐのも
   バトル参加の目的なのですが、やはり一番は全力で戦う事ですからね!
   ギリギリで勝つのが理想ですが、大勝ちする位なら
   ジリ貧で負けたほうが戦いとしては面白いです♪」



白「にゃんこ侍さん、本日はわざわざお越しいただいて有難う御座いました!」
黒「それでは次回の放送まで」

白黒「「まったね~ ノシ」」













マオ「ちがうもん… にゃんこ侍じゃないもん…」       il||li _| ̄|○ il||li  




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー