メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

視界が霞む。立っている事すら苦痛でした。身を守るアーマーは失い、利腕も使
い物になりそうにありません。次に倒れたら、恐らくそれで終わりでしょう。
ですが、私はまだ勝負を諦めてはいません。自分でも不思議でした。倒れてしま
えば楽になれるのに。
だけど、私は立ち上がりました。力を振り絞って、歯を食いしばって。何故なん
でしょう?
『凛!最後の賭けだ!行けるか!?』
多分、隼人がいてくれるから。隼人はきっと、諦めたりしない。隼人なら、何か
勝つ方法を見付けてくれる。そう思えるから、私も立ち上がれるのだと思います

まだ出会って間もないというのに、おかしいですよね。でも、自然とこう思える
んです。隼人と私なら、どんな相手にだって負けはしないと。
「……一目惚れっていうんですかね、これって」
誰にも聞こえない呟き。少しだけ、勇気が湧いてきました。
「もちろんです!任せて下さい!」
気恥ずかしさを打ち消すように、力を込めて隼人に応えます。さあ、もうひと踏
ん張りしましょうか!
『あいつのトルネード、スピードといい破壊力といい、こっちとはケタ違いだ。
ハンパな攻撃も打ち消されちまうだろうし、まともにぶつかったんじゃ勝ち目は
ない。だけど!今出来るのはそれしかない!手持ちのスキル総動員で抑えるぞ!
まずは――』
防御スキル、《忠実なる守り手》。複数のプチマスィーンを前面に展開、各機に
エネルギーを経由させ、シールドを発生させる技です。かなりの防御力を誇るの
ですが、アイナさんのトルネードにどこまで通用するでしょうか。
「守りきる!全力でッ!」
襲い来る衝撃。シールドが激しくスパークし、攻撃に対抗します。
『次ィ!《封輪渦斬ーふうりんかざんー》!』
複数の投擲輪、棘輪によるカウンター技。相手を輪の中に捕え、動きを封じて切
り裂くのが本来のモノ。が、今回は完全に防御に用います。トルネードの先端を
それとは逆回転させた棘輪で塞ぐ。二つ、三つ、四つ、手持ちの輪を全て投入。
少しは回転を抑えられる筈です。
そしてギリギリまでシールドにエネルギーを回し、彼女の勢力に抵抗します。耐
れずに限界を超え、次々に爆散していくマスィーンズ。徐々に数が減り、シール
ドの出力も下がってしまいます。ですがもう少し、もう少し!
『バシィッ!』
派手な音と共に砕け散るシールドと棘輪。防ぎきる事は出来ませんでした。しか
し、回転が弱まった今なら!
「これでぇっ、どうだあああああっ!!」
最後に残された武器、蓬莱。その銃口を彼女に叩き付けます。回転の余波によっ
て亀裂が走り、すぐにでも破壊されてしまいそうでした。ですがほんの一瞬、確
実に彼女を捉えられれば充分です!
「ハウリングッ、サンダァァァア!!」
攻撃スキル『ハウリング・サンダー』。通常の実弾では無く、圧縮、変換され、
文字通り雷と化したエネルギーを撃ち出す技。その閃光がアイナさんの体を貫き
、同時に蓬莱も破壊されてしまいます。これで止まらなければ、これで倒れてく
れなければ、もう勝ち目はありません。出来ればそのまま倒れちゃってください

『ガッ』
「へ?」
次の瞬間、弾丸と化した彼女は急激にバランスを崩し、破片を撒き散らしながら
地面を転がって行きました。目の前にいた私を巻き込んで。
「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」
いっ、だっ、痛っ!し、死ぬ!
団子状態のまま固い地肌に、というか最早上か下かもわからないのですが、もう
嫌という程叩き付けられる私達。一層強烈な衝突を最後に、漸く体を張ったピン
ボールは終了したようです。
「あ、あはははは――」
生きてる……のでしょうか?自分の状況もわからず、何故かただただ渇いた笑い
が溢れるのでした。







開口。
酷い事になった。俺も風華も舞も旋華も、そろって口を開けて唖然としていた。
なんて間抜け面だ。
それくらいの衝撃映像だったのだ。見てはいけないモノを見たような気がする。
「り、凛?死んじゃった?」
まるでパチンコ玉のようにゴロンゴロンしていたが、生きているのだろうか。
おそらく、凛のハウリングサンダーでアイナが意識を失ったんだ。そして制御を
無くした機体は急激にバランスを崩して地面に接触、結果この見事な大惨事を生
んだのだと思う。
「隼人!解説してないでいーから、凛ちゃんは!?」
「……」
黙って顔を見合わせる俺と風華。お互いに、相棒が無事だとは到底思えなかった

『あ、あはははは――』
不意に沈黙を破った笑い声。とても楽しそうには聞こえないが、俺は恐る恐る声
を掛けた。
「凛、さん?」
『は、はーいぃ……』
消え入りそうな返事。しかし、なんとか生きているようだった。
「えーと、大丈夫か?アイナはどうなった?」
『だ、だいじょばないです。アイナさんは……どうでしょう?あんまり見たくな
いです……』
どうやらまともには動けないらしい。相手も同じ状態の様だし、後は事故処理班
に確認させよう。
「おーいヒカリ!そっちはどうなった?」
『ふぁ?なにが?』
見覚えのない武装をガチャガチャと鳴らしながら、気の抜けた声で応えるヒカリ
。何をしてるんだ、このちびっこは。どう見ても戦っていたようには見えないが
、まさか今まで遊んでたのか。
『なーに隼人?今からちょーかえん合体するんだから邪魔しないでよー』
「……おい」
「ひ、ヒカリー?えっと、凛ちゃんが動けないんだって。助けてあげてくれない
?」
俺からの非難の視線をわざとらしくそらしながら、舞がたどたどしくヒカリに指
示を飛ばす。人が必死で戦っていたというのに、キャッキャウフフを決めこむと
はいい度胸だ。
「で、でもさ!これって、どっちの勝ちになるのかな?」
あくまで誤魔化し切るつもりらしい。後でじっくり話すとしよう。
しかし、ダブルノックアウト、になるのだろうかこの場合。という事は、決着は
ヒカリ次第?それなら今のうちに後ろから……
「はーやーと?ヒカリにそんなずるい事させるつもり?」
「ほぅ、文句を言える立場だと思っているのか」
「それはそれ、これはこれ!本気で言ってるんなら怒るよ?」
珍しく軽口を咎められてしまった。当然、そんな形で決着をつけるつもりはない
。それでは凛が正々堂々と死力を尽した戦いに泥を塗る事になる。
「ここは先に立ち上がった方だろ、武道会的に考えて!立てー!立つんだアイナ
ー!」
まるでどこぞのセコンドのようにわめく風華。だがなるほど、確かにわかりやす
い。
「だとさ凛。無理しないでいいからな?」
『ふふっ、何を言っているんですか隼人?私はあなたの相棒なんですよ?あと何
度だって、立ち上がって見せますよ!』
精一杯強がりながら、凛は地に拳を突き立て、無理矢理体を持ち上げる。別に発
破をかけたつもりはない。本当に立てなくても仕方ないと思っている。あいつは
充分すぎるくらい戦った。仮に負けたとしても、責めを負うなら俺の方だ。もっ
と有効な戦術ならいくらでもあったハズ。もし勝てなかったとしても、それが出
来なかった――
『自分の責任だ、なんて思ってませんよね』
「!」
『これで負けてもそれは自分のせいだ、とか考えてませんか?冗談じゃありませ
んよ。隼人がいなければ、もっと早くにやられていました。私が油断しなければ
、もっと早くに勝てた筈なんです。それをっ……!』
歯を食い縛り、両足に力を込める。ボロボロの体を、既に限界を超えているであ
ろうその体を、凛はまだ休めようとしない。
『私達、パートナーじゃないですか。どっちのせいで負けた、なんてカッコ悪い
ですよ。私はあなたがいるから戦えるんです。そのあなたに『自分のせいで負け
た』なんて、絶対に言わせませんよ!ほら、立ちなさい私!立て……!立てぇぇ
ぇぇぇぇっ!!』
傷だらけの拳を杖に、咆哮をあげ立ち上がる少女。
胸が熱くなった。その叫びに、その想いに。
彼女は、彼女の魂は、眩しいくらいに輝いている。その彼女と想いを重ねられる
のが、嬉しくて仕方なかった。
凛、お前を選んでよかった。お前が俺の相棒で、本当によかった。
「へっ、やれば出来るじゃねーか!それでこそ、俺の相棒だ!」
溢れそうな気持ちを悟られたくなくて、俺は声を張り上げる。涙は見せません、
男の子ですから。
『とーぜんです!あ、あぅ……?』
流石に力を使い果たしたのか、凛は返事と同時に支えを失い前方に倒れこんでし
まった。やばい、あぶな……
『おっと!凛ちゃん、大丈夫?』
『ひ、ヒカリ?』
倒れた凛の体は、ヒカリの腕に柔らかく抱きかかえられた。救助部隊が現場に到
着したようだ。
『凛ちゃんがんばったんだね!えらいえらい』
よしよし、と凛の頭を撫でるヒカリ。お前なんにもしてないだろ、とでも言って
やりたかったがやめておこう。なんだか嬉しそうな凛を見ていると、ヒカリはこ
れでいいような気がする。
『あの、アイナさんは?』
それとは別に気になっていた事を、同じく駆け付けたイリアに尋ねる。倒れたア
イナを介抱しているようだが……
『……死んでる』
『嘘ぉ!?』
『嘘。……気絶、してる。あなたの勝ち』
おとなしいかと思えば、意外にお茶目さんだ、この娘。ついでに、今まで見せな
かった優しい笑顔も見せてくれた。
『おめでとう。……がんばって』
それだけ言うと、イリアはアイナを連れてログアウトしてしまった。つまりこれ
は?
「俺達の、勝ち?」
突然の事に戸惑う俺達をよそに、ヒカリはすぐに満面の笑みを浮かべて凛に抱き
ついた。
『やったー!勝ったよ凛ちゃん!』
『いだだだだだ!ちぎれる!はなしてー!』
わいわいはしゃぎ騒ぐヒカリ。なんだ、いいのかこんなんで。いまいち実感が沸
かないんだが。
「おーめーでーと。ほら、せっかく勝ったんだから、もっと喜びなよ」
舞が軽く背中を叩いて、俺の顔を覗きこむ。そう言われても、実感が沸かないん
だってば。
「なーんだ。あんなに必死だったのにそれだけー?ほーら、凛ちゃんがんばった
んだから、ちゃんと褒めたげなよ」
「え、ああ、おう。り、凛?あー……」
改めて褒めろ、なんて言われると言葉に詰まる。何を言えばいいのか……
ふと、凛と目があった。お互いによほど呆けた顔をしていたのだろう。顔を見合
わせた瞬間、同時に噴き出してしまった。
「やったな、凛!」
『はいっ!』
自然に出てきた一言。変に考える必要なんてなかったんだ。パートナー、だもん
な。俺達。








「これでもなぁ、去年よりはおっきくなったんだぞ!ほら!ちゃんと成長してる
んだからなぁっ!ほらぁっ!」
「ふ、風華!こんなトコで脱いじゃダメだよ!」
バトルの勝敗について、旋華、風華は驚く程あっさりとしていた。元々胸を貸し
てくれるつもりだったようだ。が、収まりがつかないのはその胸の件。比喩では
なく、物理的な意味でだが。
「隼人の変態!変態!!変態!!!うぅぅ……うわああぁぁぁぁぁぁん!!」
「あぁ、よしよし。大丈夫だよ、まだこれから成長するんだから」
「そうだよ旋華ちゃん!隼人なんかの言う事、気にする事ないよ!」
泣き叫ぶ風華に、それをなだめる旋華と舞。そして彼女達から注がれる非難と軽
蔑の視線。あぁ、わかってくれとは言わないが、そんなに俺が悪いのか。たかが
胸くらいの事で泣きわめかなくてもいいだろうに。
「たかが!?今たかがとおっしゃいましたね隼人!?私達の悩みを、憂いを、無
念を?たかがとおっしゃいましたね!?えぇ、そうですよ気になりますよどうせ
なら大きい方がいいですよ私だって!いけませんかダメですかおかしいですか!
そういった心無い言葉が女性を深く傷付けるんです!私達の胸より、そんな発言
をする人の器量の方がよっぽど小さいですよ!私、堪忍袋の尾が切れました!謝
りなさい!」
「す、すみませんでした」
「声が小さい!」
「すみませんでしたぁっ!」
こ、恐ぇ。凛がキレた。あまりの剣幕に圧倒され、素直に謝罪するしかありませ
んでした。そして周囲のギャラリーから凛に贈られる拍手と賛辞。既に場は完全
にアウェーと化していた。俺が何をしたというのか。今度は俺が泣きそうだ。
「は、隼人!こっち来て!」
と、不意に俺の腕を掴む舞。見るとその顔は沸騰した様に真っ赤に染まっていた
。いつの間にか泣きやんでいた風華も、舞と同じく顔を赤くして頭を抱えている

「なんだよ、酒でも飲んだか」
「いいから早く!行くよ!」
従わない俺を力ずくで引き擦り、無理矢理店の外へと向かって行く。これではま
るで捕えられたエイリアンだ。そしてようやく我に帰った凛も、周りの様子に気
付くとやはり顔を赤くしてうつ向いてしまった。
「す、すみません!私、人前でこんな……」
「あぁぁぁぁぁぁ!アタシもうお嫁に行けないよぉっ!隼人のせいだかんなぁ!

「と、とにかく風華はボクが連れて帰るから!また学校でね!」
結局よくわからないまま俺は舞に、風華は旋華に引きずられたまま解散となって
しまった。凛を讃える拍手は店を出ても鳴り止まず、舞は「しばらく来れない」
と頭を抱えていた。
「よくわかんないけど、舞楽しそうだね!あたしも楽しかったよ!よかった!」
「ははは、俺は楽しくないけどな」
この後何度か舞に理由を聞いてみたのだが答えはもらえず、返答代わりのミドル
キックのプレゼントで俺は質問をやめた。どうにも納得出来ないが、この話題に
は触れない方が身の為かもしれない。
「あ、それじゃあさ、お前と旋華ならどっちがおおきい……」
「喋るな!」














「ふん、下品な連中ね。やかましくって敵わないわ」
「でも、なかなかやるみたいね。少しはおもしろい試合が出来るんじゃない?」
「まさか。あんなヤツらがあたしにふさわしいと思うの?沙季」
「ふふっ、そうねレオナ。あなたに敵う神姫なんて、いるはずないものね」
長い髪をかき上げ、不敵に微笑む金髪の少女。
いずれ交わるその運命が、物語を大きく動かすことになるのを、今はまだ知るハズもなかった。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー