メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


閑話休題その一

<眼帯の休日>

十兵衛の場合
「はぁ~…ふぃ~」
なごみますねぇ~。ずず…。
晴れた日はお茶とお饅頭で日向ぼっこです。
いつもごたごたに巻き込まれているので、今日くらいはのんびりです。
あ、冷凍食品が今日も安いみたいですね。あとでマスターに教えてあげよう。
さて、そのマスターですが。
寝ています。今日は学校もないので本当にのんびりです。
バイトもありません。
やることが無いというのもなかなか良い物ものですね。
「はわ~明日も晴れますように~」
銃兵衛の場合
「ふぅ…久しぶりね…」
私は大体戦場、もしくはそれに準ずる場所でじゃないと姿を現すことは無い。
だが、今日は何故か何も無いのに十兵衛ちゃんと変わってしまった。
「…暇ねぇ…」
紅茶を口に運ぶ。十兵衛ちゃんの嗜好は和風だが、私は洋風。なのでお茶は紅茶。饅頭はケーキに変わっている。
「ふふ、おいしい…」
私はチーズケーキが好みだ。特にベイクドチーズケーキだと最高。マスターが気を利かせて買ってきてくれたのだ。よく分かっている。
本当、久しぶりに何も無い日。
「平和ってのも良いわねぇ…」
真・十兵衛の場合
「…」
な、なんなのだ…。主…我はどうしたら…。
う、うむ…休日?
「…では」
こんな時は座禅に限る。眼を瞑り、風の音を聞く。
「…」
たまにはこんな日もよかろう。


<凪の暴走>#18禁要素有り

今日は十兵衛のシステムメンテナンスの日だ。
俺の家には朝から創が来ている。
「じゃあ、さっそく始めさせてもらうよ」
「おう、すまないな。いつも」
「いいってことさ」
俺は創の集中力を削がない様に部屋を出た。
「ふむ…暇だな…」
ぽつんと部屋に一人…ボーっとしていても仕方がない…。
パソコンでもつけるか。
俺は某掲示板サイトを開き暇つぶしをすることにした。
そしてしばらく見ているとだ。
武装神姫スレに衝撃の書き込みがあった。

おまいら分かってないぜ
メカである神姫にとっては白濁液を塗りたくられるよりも
ネジを外して中を覗かれる事の方が恥ずかしいんだよ!!!

………な、
 な ん だ っ て ! ?
つまりは…つまりは…今あの部屋で十兵衛と創は……
「じゃあ始めようか」
戸を閉める創。
「は、はい…お、お願いします…」
小さく震えながら言う十兵衛。
「じゃあまずは服を脱いでもらおうかな」
「は、はい…」
帯を解き、ボタンを外し少しずつ隠れていた部分が露出する。
「うん、準備万端だね」
「あ、あの…やさしくしてくださいね…」
その問いに笑顔で答える創
「もちろんだよ十兵衛ちゃん…じゃあいくよ」
創の指がそっと十兵衛の肌に触れる。
「ふぁ…」
下腹部を触れられて思わず声を出す十兵衛。
「ふふ、かわいいね…まずはっと…」
創な指が十兵衛の全身を隈なく蹂躙する。背中も胸も彼のされるがままだ。
「ひぁ…ふひゃ…」
「感じやすいのかな?ふふ」
「んひゃあ…!」
創の指が恥部に達する。電撃が体を走る。
「そろそろかな…」
そう言って、創は黒光りするそれを取り出した。
「ひっ…あの…」
十兵衛の表情が一瞬強ばる。
「どうしたんだい?」
創はそれを持ちながら言った。
「そ、そんなに大きいのを…入れるんですか…?」
「そうだよ?丁度良いサイズだと思うけど?」
さらっと言う創に対し、顔を赤らめる十兵衛。
「さてと…」
「ひゃあ!」
創は少し乱暴に後ろを向かせる。そこには一糸纏わぬ綺麗な部分がある。
「ほら、入れて欲しくてたまらないみたいだね」
「そ、そんなことっ…」
「だって艶々だよ?」
「い、言わないで…ください…」
十兵衛はさらに顔を赤らめる。
「いくよ…」
創はそれを十兵衛へと向ける。
「え、まだ…ひあぁ…!!」
ずずず…と十兵衛の中に進入してくる物体。いきなりの衝撃に体が固まる。
「うぅ…あひ…」
「ほら、どんどん入っていくよ?」
「い、いやぁ…」
「体は正直さ」
創はそれをさらに奥に突き刺した。
「はぁぁぁぁ!!」
ビクンと体をそらす十兵衛。
それは限界まで十兵衛の奥にもぐりこんだ。
「奥まで届いたみたいだね?しっかりはまっているよ?」
「あ、あぁ…やぁ……」
その快感に意識が遠のく。
「おやおや、もうぐったりかい?でもまだまだこれからだよ…」
「ん!んんんんぁぁぁ!!!」
置くまで達していたはずのそれがさらに奥まで進みぎっちりとはまる。
「ほらぴったり」
「はぁ…はぁ…はぁぁん!!」
十兵衛の大切なところに凶悪に突き刺さったそれはやがて動き出し強い力が加わる。
「はひゃ…んあぁぁ!」
創はそれを軽快なリズムで動かす。くいっ…くいっ…くいっ…くい…。
そのリズムに合わせて声が漏れる十兵衛。
「ふひゃ、ふぁ、やぁ、ひぃん!」
「ふふふ…じゃあ…パワーアップっと」
「んひぁぁぁぁぁ!!そ、そんなに強くしちゃだめぇぇ!!」
動きに力が加わり強くなる快楽。
「はぁぁ!!んひぃぃぃぃん!!」
「ほらほら、もう少しだ…」
「ん!あぁぁぁ!も、もう!は!はずれちゃいますぅぅぅ!!」
「よし、もうそろそろ…」
「だ、だめぇ!もうまわさないでぇぇぇ!!」
「いくよっ!!」
「ひあぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」
体があまりの刺激に痙攣をおこし、思うように動かない。
「ほら外れたよ…」
そこには普段は守られた部分が露出していた。
「い、いやぁ…見ないでぇぇ」
あまりの恥ずかしさに顔を手で覆う十兵衛
「さて、次は~ここかな?」
「ひぃ!そ、そんな!まだはやぃあぁぁぁ!!」
創は容赦なくそれを次の箇所に突き刺した。
………
た い へ ん だ ! !
へ ん た い だ ! !
「じゃあここも交換しようか」
「はい、お願いします!」
「だいぶ消耗しなくなってるね、左眼を使いこなしてきた証拠かな?」
「えへ~そんな照れちゃいますよ~」
その時!
どごぉぉぉぉぉぉあん!!!
ドアが強烈な音を立てて開いた。
「はじめぇぇぇぇぇぇ!!きっさまぁぁぁぁ!!」
「うおぉぉぉぉ!!!!????」
「ま、マスター!!!???」
凪のあまりの形相に驚く二人
「……」
その驚く声にはっと我に返る凪
「…あ、いや…どうかしていたみたい…だ…すまん、寝る…」
と凪はとぼとぼと自分の部屋に戻っていった。
「???」
「???」
そんな凪の背中を見つつ、顔を見合す二人であった。



!!


<妄想>
な、なんだこの画像は!!
そこには衝撃の画像があった。
犬子が座っている。その目の前には灰色の円柱。そして円柱には金色の水がモールドされている。
俺はは思わず自分の犬子を呼び出した。
「おおい!」
「?はい?なんですご主人様?」
俺は手のひらに犬子を乗せる。
「いわれた通りにするんだ!」
「は、はいぃ!」
俺は手のひらに犬子を乗せたまま指示をした。
「四つんばいになって片足上げるんだ!」
「え?えぇぇぇぇ!?」
「いいから!たのむから!」
「うぅ…一体どうしたんですかぁ?」
俺の手のひらで恥ずかしながらポーズを取る犬子。
そしてその手をおれはそのままパソコンの画面の前に持っていき、
画面内の黄金色の水のちょろっと出た箇所に犬子の股を重ねた。
「おおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」
おれは感激してしまった。感激しすぎて俺のマイサンが過剰反応した。
「???いったい何を…??」
恐る恐る後ろの画面を見る犬子。
「…!!」
犬子はにやけ面のマスターと画面を交互に見る。
は、恥ずかしい!!
「ごしゅじんさまぁぁぁぁx!!!!!」
「うお!?」
犬子は骨型ランチャーを構え怒りの一撃をお見舞いした。
「ご、ごめんな…さいorz]

ちゃんちゃん!



<番宣CM>

「大変ですマスター!」
「どうした十兵衛!!」
「新番組のお知らせです!
魔女っ子神姫ドキドキハウリン!毎週水曜午後六時からテレビ東京で放送開始です!」
「なんだって!?これは絶対チェックしないと!!って俺達は!?」
「私達はどっちかと言えば深夜帯かと…」
「う…」

「ま、魔女っ子神姫ドキドキハウリン!水曜六時! ここに、はいぱー☆降臨っ!」
「ま、魔法使って無いです…(ゴスッ!)うが!」
「言うなって…」

番宣CM風(十兵衛編)でした。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー