メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元旦早々、僕は本棚の整理をしていた。
別に自分のものではないが、ちと別の用があるのだ。

「そういえば、形人のお兄さんなんて見たことないなぁ」
「そりゃそうだ。大学の為に一人暮らし始めたの、去年の三月だからな。それ以来帰ってくるのは初めてだ」

そう、今整理してるのは兄の部屋の本棚だ。
「正月ぐらいは実家で過ごす」との事で、今日の夕方四時に帰ってくるのだ。
つー事で、あまり整理されてない部屋を片付けている訳だ。


……え? わかってたなら始めから片付けとけ?
初詣から帰ってきた直後にいきなりそう言われたのだ。しかも年末大掃除については整理までしてない。

と、ここで内線電話がなった。
相手はもちろん母で、内容は「休憩しない?」だった。
余談ながら、父は祖父の家に呼ばれている。
普段まず会えない以上、まぁしょうがない。うん。
ついでに言うと、ジーナスは父についていった。

「ヒカル、下行くぞ」
「んー、わたしはもう少ししてから行く」
「そうか。んじゃ先降りてるぞ」

そう言い先に部屋を出た。


~・~・~・~・~・~・~


さて。形人がいなくなったし、ちょっと物色ー。

本棚の一番上の段、隙間から奥を覗くと……あった。

エロ本が。



数分前の事
「あ、エロ本」
「何々?」
「見なくていいっつの。男の悲しい性だ。……しかし、本の裏なんてベタベタな隠し方、する奴いるんだなぁ」

回想終了

「見るな」と言われて見ない奴なんていないもんね。
とはいっても、本が重くてどかせられない。
なんで英和辞典とか広辞苑(36年版)とかの裏にあるのさ。

……しゃーない、引っ張るために何かもってこよう。
そう思い一段ずつ降りようとぶら下がった直後


「……地震!?」

そりゃもうすごい揺れるの。
いや、人間的には大した揺れじゃないだろうけど。



本棚が倒れた。
背後の風景はアッという間に床に変わっていく。


ああ……そういえばおみくじ凶だったなぁ……。



ずどぉん


~・~・~・~・~・~・~


「……揺れは収まったみたいだ」
いきなりの地震、震度3ぐらいか?
「さっきの何かが倒れた音、本棚じゃないかしら?」
あー、可能性高いなぁ。整理してたから本がまばらになってて、バランス悪そうだったからなぁ。


……嫌な予感。
「ヒカルが心配だから見てくる」
「予震に気をつけてねー?」


~・~・~・~・~・~・~


兄の部屋に戻ると、やっぱりというか何というか、本棚が倒れているしヒカルが見当たらない。

「ヒカルー、下かー?」
呼びかけなくても下敷きになってるであろう。
こういう時の予感は高確率で的中するジンクスがあるからなぁ。

「やっぱりか」
本棚を倒れないようにどかすと、下から気絶したヒカルが出てきた。
「大丈夫……じゃないな、肩もげてるし。この前メンテ行ったばっかなのになぁ」
ボヤキつつ前後から胸と背中を挟む形でつまみ上げた直後

ポロッ



腹のあたりから下半身がずり落ちた。




「…………」
ポルナレフのガイドラインが使いたくなるぐらい唖然とした。
なぁにこれぇ。

「うーわーぁ」
うん。メタな話だが、今の状況は他の神姫SSの主人公なら大声をあげて慌てるところだろう。
しかし、それでもすごい落ち着いてるのが僕クオリティ。


そんな事考えてないで、さっさと神姫センターに行けよ僕。


~・~・~・~・~・~・~



「あら形人、どこに行くの?」
「ヒカルが本棚の下敷きになって真っ二つだ。神姫センター行ってくる」
「あらぁ。ならお母さんが行くわ、形人は部屋を片付けて」
「え?」
「修理代はこっちが出すから。ね?」
「……んー、わかった。お願い」





元旦賑わう神姫センター、正月でも平常営業である。

「予震は……ないか」
「長瀬殿、自宅は大丈夫だろうか?」
「ラスターとジュラがいるんだ、大丈夫だろう。それに、あと十分もすれば交代だ」「明日はどこに行く予定か?」
「適当にMMSショップをハシゴ……おっと、お客様だ」
本日はヒマなメンテナンスショップ。
受付は昨日(前話)からの夜勤である長瀬とグラーチュである。


「おや、形人君のお母様じゃないですか」
「どうも長瀬さん、お久しぶりですーw 以前差し上げたビデオディスクはどうでしたかー?」
「……聞かないでください」


詳しくは無頼15を参照。


「それで、今日はどうなされましたか?」
「ヒカルちゃんが言葉通りに腰砕けになっちゃいましたので、忙しい形人の代理で来ました」
と言い、未だに気絶しているヒカルを取り出した。
「ふむ……。わかりました。では、この書類をお「それで、個人的にお願いしたい事が」え?」


「耳を貸せ」と手振りで伝える。
長瀬、耳を近づける。


少々お待ちください....


「それ、本気で言ってるんですか」
「本気と書いてマジですよ?」
「形人君には許可を取らなくていいんですか?」
「「代金はこっち持ち」と言っておきましたから」

「……なんとまぁ、突飛な事で」
「ある種の「お約束」ってやつですよw」



~・~・~・~・~・~・~



「おかえり。ヒカルはどうだった?」
「ちょっと時間かかるけど、大丈夫だと言ってたわよ? それより片付けは?」
「終わった」
「あらそう。世間ではこういうタイミングで……」


ガチャッ


玄関のドアが開く音がした。
「ね?」
「……なんというご都合主義」


「ただいまー」
リビングのドアを開け、顔をのぞかせるこの男こそ、我が兄「彩聞光輝(みつき)」である。


「形人、早速で悪いが神姫センター行こうぜ?」
「無理」
「即答かよっ!?」
「だってさ、ヒカルは修理に出したばかりだし、ジーナスはお父さんと一緒に実家行ってるし」
「なんてこった。じゃあ一人で行ってくる、荷物よろしくな?」


言うなり出かけていった。
何なんだこの兄貴。


「……ていうか、兄ちゃんって神姫やってたのか」
「知らなかったの? 形人と同時期に始めたんだって」
「神姫は高いのに。そんな金どこから」
「何でも、「エアパスタ」がどうとか」
「……」

さては食費を削って確保したな?
まぁ、仕方ない。


さて、ヒカルは無事に戻ってくるのだろうか。
例によって嫌な予感がする。













その頃
「何!? 何々!!? ちょっと長瀬さんその拡大ゴーグルめちゃくちゃ怖いんだけど!?」
「奥さんの依頼でね。ちなみにゴーグルは仕方が無い」
「つーか何で他三人は白衣に青照明の照り返しなの!? ショッカーの科学者か!?」
「ホラ、こういう事はまず形からというじゃないですか」
「だいじょ~ぶ、悪いようにしないから」
「私も通った道だ、諦めろ」

「やめろージョッカー!ぶっとばすぞー!」
「じゃ、痛かったら三べん回ってワンって言ってくださいねー」

「できるかぁぁぁぁ!!」



「ギャー!!」

絶叫が響き渡った。


つづく








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー