メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウサギのナミダ

ACT 1-30



 ティアと共に、歩き慣れたこの道を歩くのは、実は初めてだと気がついた。
 はじめの時はティアの電源は切っていた。
 その後の時には、ティアは一人アパートに残って自主練していた。

「まあ、それでお前が家出したのは、苦い思い出だが……」
「言わないでくださいっ」

 ティアは俺の胸ポケットに顔を埋めて恐縮する。
 俺は苦笑しながら、ゆっくりと歩いていく。
 手には、いつものようにドーナッツの箱。
 今日は海藤の家に向かっている。

 ゲームセンターに出入りできなくなった俺は、いい機会だととらえることにして、お世話になったところに挨拶まわりに行くことにした。

 海藤の家に来るのは、前回からそれほど経っていなかったが、随分前のような気がする。
 その短い間に、あまりにも多くのことがあり過ぎたのだ。
 だが、そのおかげで、こうしてティアと共に海藤を訪問できる。
 嬉しいことだった。

「やあ、よく来たね。入って入って」

 海藤はいつものように、俺たちを歓迎してくれた。

「いらっしゃいませ」

 そう言うアクアの涼やかな声も変わらない。
 俺が二人の様子に思わず笑みを浮かべると、二人とも満面の笑顔を返してくれた。

 海藤はコーヒーを淹れながら、旬の話題を口にする。

「バトロンダイジェストは見たよ。随分白熱した戦いだったみたいじゃないか」

 相変わらず、海藤はバトルロンドの情報収集に余念がない。
 テーブルの上に、くだんの最新号が置いてある。
 表紙を見るたび、面映ゆい気持ちになる。

「その表紙は勘弁してほしかったんだがな……」
「いいじゃないか。その表紙、結構インパクトあったみたいだよ。
 ネットでも評判を調べたけど、かなりの反響だ。
 記事の内容については……特に神姫との絆についての言及は、おおむね好評みたいだね。
 思うところがあるオーナーはたくさんいるみたいで、神姫との絆について、あっちこっちで議論になってる」
「へえ……」

 それは知らなかった。
 俺は意図的に、雪華とのバトルについての情報を集めるのを避けていたから。
 神姫と人間との関係について、改めて考える契機になるならば、それはそれでいいと思う。

「それで、だ。海藤……」
「ん?」

 ドーナッツを頬張る海藤に、今日の本題を切りだした。



「久しぶりですね、ティア」
「はい……アクアさん」

 アクアさんとこうして話をするのは、実は初めてだということに、今気がついた。
 でも、そんな感じが全然しない。
 それは、よくマスターからアクアさんのことを聞いているからだろうか。
 それとも、アクアさんが醸し出す雰囲気から来るものなのか。
 アクアさんはイーアネイラ・タイプの典型だった。
 落ち着いた物腰、優しげな表情、大人びた美貌に、鈴の音のように美しい声。
 でも、アクアさんはそれらがさらに洗練されているように思える。

「ずっと……アクアさんとお会いしたいと……お話したいと思っていました」
「あら、そうなのですか? どうして?」
「アクアさんが……マスターが初めて憧れた神姫だから……」

 わたしは少しうつむいて、言った。
 マスターは、海藤さんとアクアさんを見て、神姫マスターになりたいと思ったという。
 海藤さんとの仲がいいだけではなく、アクアさん自身にも魅力があるということだと思う。
 わたしは思っていた。
 マスターの心を動かせるほどの、アクアさんの魅力ってなんだろう?

「わたしは……嫉妬しているのかも知れません。
 こうしてマスターと心通わせることができても、どんな神姫になればいいのか、わからなくて。
 アクアさんなら、マスターが憧れた神姫ですから、きっとそのままでもマスターは満足なのではないかと……」

 アクアさんは、優しい微笑みを浮かべながら、わたしを見ている。

「そんなことはありませんよ」
「そう、でしょうか……」
「あなたがボディを変えられて目覚めたとき、わたしもそばにいました。覚えていますか?」
「は、はい……」

 わたしは少し恥ずかしくなる。
 あのときも、わたしは泣きじゃくって、アクアさんに優しくしてもらった。
 わたしは優しくしてくれた人たちに、お礼を言うこともできずにいて、やっぱりダメな神姫だと思ってしまう。

「あのとき……遠野さんはとても嬉しそうでした。わたしが今まで見た遠野さんで一番」
「……」
「今日も、とても嬉しそうな顔をしています。
 あんな表情をさせるのは、ティア、あなたです。
 遠野さんが神姫マスターになるきっかけだったわたしではなく、あなたなんですよ」

 アクアさんはにっこりと笑う。
 アクアさんは優しい。
 今日もわたしを優しく励ましてくれる。
 不意に、アクアさんは目を閉じて、こう言った。

「わたしも、ティアがうらやましいです」
「え……?」

 なぜ?
 海藤さんと幸せに暮らしているアクアさんが……わたしのマスターがうらやむほどの神姫が、なぜわたしをうらやむというのだろう。

「あなたが武装神姫として戦い続けているから。
 マスターが本当はバトルロンドを続けたいと思っているのを知りながら……わたしは何もできないでいます。
 あなたは戦える。遠野さんが望むように。
 それがうらやましいんです」

 驚いた。
 アクアさんみたいに優しい神姫が、戦うことを望んでいるなんて。

「でも、アクアさんの想いも、海藤さんの望みもかなうかも知れません」
「え?」
「わたしのマスターが、かなえてくれるかも」

 少し驚いた顔のアクアさんに、わたしはそっと微笑んだ。



「『アーンヴァル・クイーン』と戦ってみないか」

 それが今日の俺の本題だった。
 バトルロンドを捨てた海藤だが、バトルをしたくないわけではないはずだ。
 それに、クイーンならば、どんな条件を海藤がつけても、バトルしてくれるだろう。
 俺は海藤に、クイーンがなぜ俺たちを指名したのか、その理由を語った。

「クイーンは、特徴のある神姫と戦い、戦い方を吸収しようとしている。
 だから、バトルの場所も設定も、こちらの要求が通るはずだ」
「……」
「バトルのことを公にすることには、彼らはこだわっていないみたいだし……条件付きで、クイーンとバトルしてみてはどうだ?」

 俺は別に『アーンヴァル・クイーン』の肩を持っているわけではない。
 海藤自身、彼らに思うところがあるようだったし、機会があれば協力してもいい、みたいなことを言っていた。
 雪華のスタンスは、バトルを拒む海藤に、ぎりぎりの妥協点を見つけることができるかも知れない。
 それに、海藤だって、バトルロンドに未練があるはずだ。
 クイーンとバトルして、その思いが再燃すればいいと思う。
 それでアクアの心配の種も、一つなくなるはずだ。
 だから、思い切って切りだしてみたのだ。
 海藤は、一つ溜息をついた。

「まあ、確かに、クイーンに協力したいとは言ったけどさ……」

 俺は黙ってうなずいた。

「だけど、まともなバトルロンドじゃ勝負にならないだろうし……彼らが望んでいるのも、そこじゃないんだろうしね……」
「……海藤」
「なんだい?」
「そんなに、バトルロンドに戻るのが嫌か?」
「……僕は一度、裏切られたからね」

 苦笑いする海藤。
 だが俺は言葉を続けた。

「だけど、バトルロンドは素晴らしいと思ってるだろう?」
「……うん、そうだね」
「この間、お前の家に来たときに言われた言葉……今でも覚えてるよ。
 『バトルだけが神姫の活躍の場じゃない』ってな。
 その時は俺も、バトルロンドをあきらめようと思った。お前の言うことももっともだと思っていたさ。だけどな……」

 海藤は不思議そうな顔をして、俺を見つめている。
 俺は続ける。

「あるホビーショップで、武装神姫のバトルを観て……ああ、やっぱり、バトルロンドはいい、と思った。
 自分の神姫とともにバトルする時間は、何物にも代え難いと思う。
 俺はバトルを諦めたくなかった……だから、今こうして、ティアとバトルができる。
 お前も……そろそろ諦めるのをやめて、いいんじゃないのか」

 沈黙が流れた。
 長い間黙っていたような気がするが、大して時間は経っていないようにも思える。
 やがて、海藤はまた溜息をつく。

「まいるよね……そんなに熱く語るのは、君のキャラじゃないんじゃないの?」
「……最近宗旨替えしたのさ」
「まあ……あのゲーセンじゃなければ……ギャラリーがいなければ、やってもいいのかな……」
「海藤……」

 やった。
 海藤がとうとうバトルに戻ってくる。
 冷静を装いながらも、俺の心の中は沸き立っていた。

「それじゃあ、クイーンに伝えてよ。
 バトルは受ける。そのかわり、これから僕が言う条件を飲んで欲しい。それでいいならバトルを受ける……あ、その条件でも、雪華が望むものは観られる、と伝えておいて」
「わかった」

 そして、海藤から提示されたバトルの条件を聞くにつれ……その奇妙な内容に、俺の方が首を傾げた。



「……それで、クイーンとアクアのバトルはどうなったの?」

 隣を歩く久住さんは、興味津々といった様子だ。
 ホビーショップ・エルゴに向かう途中の商店街を、俺たちは歩いている。
 俺は少し渋い顔をしながら答えた。

「うーん……圧勝といえば圧勝だったんだけどさ……」
「へえ、さすがクイーン」
「いや、アクアが」
「え?」

 久住さんは、目をぱちくりとさせて、驚いている。
 それはそうだろうな。
 俺は胸ポケットのティアに尋ねる。

「なあ、あの時のアクアと雪華の対戦、三二対○でアクアが取ったんだったか?」
「あ、最後の一本は相打ちだったので、三二対一でアクアさんです」
「……なにそれ?」

 ミスティもきょとんとしている。
 まあ、それもそうだろう。
 普通のバトルロンドでなかったことは確かである。
 どんな対戦だったのかというと、それはそれは地味な戦いで、雪華は手も足も出ずにあしらわれたということなのだ。
 信じられないかもしれないが、本当なのだから仕方がない。
 この戦いについては、いずれ語ることがあるかも知れない。

 俺がエルゴに行くのは、店長に改めてお礼に行くのと、約束通り客として買い物に行くのが目的だった。
 日暮店長は相変わらず熱い人で、俺が改めて礼を言うと、照れながらも喜んでくれた。
 そして、先日の神姫風俗一斉取り締まりについて、少しだけ教えてくれた。
 店長が、俺の渡した証拠を持って、警察にあたりをつけたとき、すでに警察内部でも、神姫虐待の疑いで神姫風俗を取り締まろうという動きがあった。
 その発端となったのは、例のゴシップ誌に載ったティアの記事だったという。
 あの記事は予想外の反響があったらしい。
 そのため、警察も見過ごすことができなくなっていたのだ。
 ただ、神姫風俗の取り締まりを、どの規模で行うかは決まっていなかった。
 今回の一斉捜査にまで規模を広げるように尽力してくれたのは、かの地走刑事だったそうだ。
 なるほど、警察の動きが妙に早かったのは、下地があったからなのか。
 しかし、日暮店長が何をしてくれたのかは、何度訊いてもはぐらかされて、分からずじまいだった。

 もう一つの用事である買い物は、もちろんティアのレッグパーツの改良用部品である。
 エルゴには十分な部品が揃っているし、日暮店長も装備の改造や工作にやたら詳しい。
 俺は自分で書いた図面を持ち込み、日暮店長と相談しながら部品を揃えていく。
 在庫がないパーツは、カタログを見ながら店長のおすすめを聞き、それを注文した。
 届いたときには、またエルゴに足を運ばなくてはならない。
 時間もかかるし、電車賃もばかにならないが、店長へのせめてものお礼ではあるし、俺自身がこの店に来るのが楽しみで仕方がない。
 久住さんも一緒に来てくれるのだから、そのぐらいの負担は大目に見ようという気になろうというものだ。



 その久住さんには、彼女がホームグランドとしているゲームセンター『ポーラスター』に案内してもらった。
 あの事件以来、俺とティアはバトルができる状況じゃなかった。
 対戦のカンを取り戻すのと同時に、新しいレッグパーツ、新しい戦術も試さなくてはならない。
 そのためには、日々の対戦環境がどうしても必要だった。
 自宅でのシミュレーションでは、どうしても限界がある。

 『ポーラスター』は、俺たちのいきつけのゲーセンよりも大きく、バトルロンドのコーナーも倍くらいの広さがあった。
 それでもすべての対戦台が埋まっているほど盛り上がっているし、神姫プレイヤーも多い。
 久住さんがバトロンのコーナーに入って軽く挨拶しただけで、歓声に迎えられた。
 大人気だった。
 あとでこの店の常連さんに聞けば、彼女はずっとこの店の常連だという。
 『エトランゼ』として、他の店を飛び回っていることが多いので、この店に戻ってくると、常連プレイヤーたちの歓迎を受けるらしい。
 久住さんの紹介で、俺はこの店でバトルする機会を得た。
 ティアの新しいレッグパーツを試し、調整し、また戦う。
 新しい技や戦術も実戦の中で試すことができた。
 時にはミスティに協力してもらい、練習したりもした。
 ありがたい。
 おかげで、ティアは新しいレッグパーツをあっという間に使いこなせるようになり、新戦術を使いながら、バトルロンドを楽しむことができた。

 『ポーラスター』は、客の雰囲気がいい店だった。
 俺がティアのマスターだとばれたときには、ちょっとした騒ぎになったが、誰もが紳士的な態度でほっとした。
 神姫マスター同士も和気藹々としていて、まずバトルを楽しもうという気持ちが感じられる。
 初級者でも、上級者にバトルについていろいろ尋ねることをためらわないし、聞かれた方も丁寧に答えている。
 このゲーセンの実力者は、久住さんを含めて五人いるそうだが、五人ともこのようなスタンスを貫いているという。
 故に、中堅の神姫プレイヤーも初級者も、ついてくる。
 そんな環境だと、上級者のレベルが頭打ちになりがちだが、エトランゼに影響されて、他のゲーセンに遠征する常連さんも多いという。
 その結果、総じて対戦のレベルが高くなっている。
 理想的な環境だと思う。
 俺が通うゲーセンもこうだといいのだが。



 そんな風に過ごして、一ヶ月が経った頃。
 土曜日の夕方の『ポーラスター』。
 久住さんと一緒にバトルロンドのギャラリーをしていた俺に、電話がかかってきた。
 通話ボタンを押すと、

『わーーーーーっはっはっは!! みたか遠野、ざまあみろ!!』

 大声の主は、大城だった。
 隣の久住さんにも丸聞こえで、思わず吹き出している。

「……いったいなんなんだ、大城」
『ついにやったぞ! ランバトで、三強を倒して、ランキング一位だ!』
「おお……それはおめでとう」

 そうか。
 ついに大城と虎実は、あのゲーセンで一位になったのか。
 それは、俺が待っていた連絡だった。

『どうだっ! 俺たちだってやればできるんだぜ、わっはっは!』
『つか、話が進まねぇだろ! かわれ、バカアニキ!!』

 電話の向こうで、大城の神姫が叫んでいる。
 しばらくして、虎実の静かな声が聞こえてきた。

『……トオノか?』
「そうだ」
『アタシ、ランバトでトップになった』
「聞いたよ」
『……約束、覚えてんだろーな』
「忘れるはずがない。俺たちをバトルロンドに引き留めてくれたのは、お前との約束だよ、虎実」
『ばっ……んなの、どーでもっ……そ、それよりも、ティアと! ティアと戦わせてくれるんだろ!?』

 虎実の声がうわずっている。
 照れているのが手に取るように分かる。
 俺は思わず苦笑した。久住さんの肩で、ミスティが吹き出している。

「もちろん。お前がそう言ってくれるのを待っていた」
『なら……約束を守ってくれ』
「わかった」

 明日、いつものゲーセンで。
 ついにティアと虎実のバトルだ。
 俺は携帯電話の通話を切ると、いつものように胸元にいるティアに声をかける。

「ティア……約束を果たそう」
「はい、マスター」

 そう言うティアは嬉しそうに微笑んでいた。










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー