メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ショーケースの中の君



 「いらっしゃいませ~」
 とある場所に一軒、時代錯誤な建物があった。
 瓦張りの屋根に、どこか古きよく時代の香りを感じさせる、一風変わった店。ここの看板には『真神よろず本舗』と大きく書かれていた。
 「こんにちは真野さん、今日はどんなパーツが入ってるかな」
 この日の夕方、高校生くらいの少年が店内に入ってきた。
 「やあ翔くん、昨日こんなものが入ってきたんだけど、どうかな?」
 この店の店長である真野が翔に一押しの商品を見せる。それは大型のパワーアップパーツだった。
 「これ、けっこう高いんじゃないの?高校生の小遣いじゃ難しいよ」
 「変形するからね、それなりの値は張るけど、極上の技術を使用しているから、スムーズな変形をするよ」
 ごらんの通り、ここでは神姫をはじめ、様々なロボットキットを販売している。その中には比較的安いパーツやもちろん、普通のルートでは手に入りにくい高級モデル、オーダーメイドキットなども扱っているのだ。
 「ところで翔くん、リリィは元気でいるかい?起動してからもう半年以上経つんじゃない?」
 ここは翔がリリィのオーナーになるきっかけとなった場所でもある。ある日、この店のショーケースで飾られていたフェレットタイプを見たとき、彼は決心したのだ。
 「そうだね、あの時のこと、今でも忘れないよ。あの寂しそうな顔は…」



 翔は半年前のことを思い出していた。ショーケースで飾られていたフェレットタイプの寂しげな表情…。起動していない状態で飾られていたので、余計に寂しそうに見えたのだ。
 (何とかして買うことが出来ないものか…)
 そのときから翔はお金を貯める為に短期のバイトを始めた。ケースに飾ってあるあの子を迎え入れるために。
 それから一ヶ月が過ぎた。給料をもらった翔は、フェレットタイプを買うためによろず本舗にやってきた。しかし、ショーケースを見た翔は、愕然とした。
 ショーケースに飾ってあるはずのフェレットが消えているのだ。
 「…間に合わなかったか」
 翔は悔しい思いをかみ殺し、そのまま店を出ようとした。しかしそのとき、誰かが翔を引きとめた。
 「君、ちょっと待って」
 振り向いたその先には、この店の店長らしき人物がいた。
 「君はいつもショーケースを眺めている男の子だね。君が探している子は、ここにいるよ」
 店長=真野は戸棚にある箱を取り出し、過去のふたをゆっくりと開けた。
 「…これは…」
 「君がこの子を迎えにきてくれると信じていたから、大切に保管していたんだ。もちろん、メンテナンス済みだよ。あと、武装やオリジナルのクレイドル、予備の燃料電池も入ってるから、確認してみて」
 真野は翔にフェレットタイプが入った箱を渡した。
 「お金、そんなに持っていないのですが…」
 「それはおまけさ。展示品だし、少しはサービスしないと」
 翔は給料からお金を出すと、お礼を言った。
 「ありがとうございます、このご恩、絶対に忘れません」
 「おいおい、そんなにかしこまってどうしたんだよ。僕は当たり前のことをしただけだから。それに、ここでは敬語使うの禁止。堅苦しいのって、僕は好きじゃないんでね。だから、僕のことは友達と思っていいんだ。これも何かの縁だし」
 真野は翔に手を差し伸べる。翔もそれに答え、手を握り返した。
 こうして、翔はリリィのオーナーになり、真神よろず本舗の常連になったのだ。


 「そういえばそうだったね。あのときから君が積極的にここに来ることになったのは。店に来るといつもリリィのことを話てたね」
 「おかげでリリィもここまで育ったよ。これも真野さんのおかげだよ」
 昔話に二人の話が弾んでいく。そのうちに日は暮れ、時計も7時を過ぎた。
 「店長、そろそろ閉店の準備始めていいですか」
 店先から店員の声がこだまする。
 「お、もうこんな時間か。すまないね翔くん、遅くまでつき合わせてしまって」
 「真野さんこそ、いつもより楽しそうだったよ。じゃ、また今度」
 店の出口に出ようとする翔。しかし、真野は思い出したかのように引き止めた。
 「翔くん、頼みがあるんだけれど、今度の土曜日あいてるかな?」
 「リリィの練習に付き合うくらいかな」
 「そうか、だったらついでに頼まれてくれないかな」
 真野は翔にあるものを渡した。それは地図と手紙、それと電車代が入ったバインダーだった。
 「ここって…真野さんの知り合いの店?」
 「まあ、そんなところかな。ここは神姫ショップの中でも有名な場所でね、神姫のオーナーでも知る人がいないといわれている場所なんだ」
 翔はそれを聞いて、少し興味を持った。しかし、渡された手紙を見て、不思議そうな表情になった。
 「でも、どうして手紙を…。真野さんが直接持っていけばいいじゃないか」
 「いや、この日は用事があってね、行くことが出来ないんだ。それに、この店は君が行かないと意味がない。一度ここの店長に会ってみるといい。気さくな人だから、なんでも聞いてみるといいよ」
 真野は翔に言い聞かせると、そそくさと店の中に戻っていった。
 「この店の店長って…、どんな人なんだろう」
 翔はバインダーを覗き込んだが、すぐに閉じた。リリィが寂しそうな顔で帰りを待っているからだ。
 「おおっと、こうしちゃいられない」
 翔はリリィが待つ我が家へと足を急がせる。夜空は雲ひとつない星空が広がっていた。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー