メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芽衣のストーカー事件から2ヶ月程経った8月のある日の夜の神姫センター、応接室の一室で密談が行われていた。
「―――と言う訳でして、ぜひともお願いしたいのです」
 神姫センターの企画スタッフにお願いされる。クロエとエリアーデ
「お話は分かりました。でも私たちで良いのでしょうか?」
「是非に、と言うよりもエリアーデさん以外に適役がいないのです」
 そうまで言われてしまえば断る理由がない。と言うよりも元々断る理由がない。あとはエリアーデの返事だが、
「まぁそこまで言うのでしたら仕方がありませんわ、お受けいたします。ですわよね?クロエ」
「と言うことなのでそのお話受けさせていただきます」
「良かったです。それでは細かいところのお話をさせていただきます」
 密談は続き、夜は更けていく


 季節は移り変わり秋、四連休初日の神姫センター、中ではコウモリやガイコツなどのおどろおどろしい様々な飾りが雰囲気を醸し出す。全てはある神姫大型イベントを盛り上げるためである。
 イベントホールには百人を超える神姫とそのオーナーがひしめきあっていた。
 急に照明が落ち、盛大なドラムロールと共にステージ中央の一か所にスポットライトが当たる。そこには一人の魔女の恰好をした女性がマイクを握り立っていた。
「皆様!お待ちかねの大イベント、ハロウィンパーティーの開催です!」
 湧き上がる歓声、熱気の渦に会場が包まれる。
「さて、今回のイベント、ハロウィンパーティーでは休日三日間を使った大イベントです。皆様、準備はよろしいですか?」
 会場内のボルテージがぐんぐん上がっていく。
「それでは!初日である今日はバーチャルフィールドを使ってのダンジョンに挑んでいただきます!このダンジョンでは時間以内に最深部まで到達する事でクリアとし、到達者には明日の二日目に参加するチケットを進呈!!当然ダンジョン内にはトラップやモンスターがおりこれを倒しながら進んでいくわけです。更に中では参加者同士が会うこともあるでしょう、そこで協力して進むも良し、倒すも良し、クリア条件はただ一つ先に最深部までたどり着くこと、しかし!参加人数の半数に達した時点でたとえ時間内だとしても終了とさせていただきます」

 今回のイベント、ハロウィンパーティーはこの仙石神姫センターにしかない最大200名まで同時参加出来るバーチャルフィールドを利用した最大級のイベントだ。このシステムを利用したイベントでは今回のダンジョン意外に二手に分かれてのウォーゲームなどがあり他県からも人が来るほどの月に一度は行われる大人気イベントだ。

 3フロアに分かれ登録を済ませたオーナー達が携帯端末を手に開始を待っていた。
 オーナーはこの携帯端末を利用して神姫と視覚を共有し協力してダンジョンを進んでいく、というのが今日のイベントの趣向だ。
 携帯端末に進行役である魔女が映る。
「それでは皆様、迷宮への扉が今!開きます!それではグッドラック」
 制限時間は2時間、クリア条件は最深部への到達、ハロウィンパーティーの開催だ。
 複雑に入り組んだ迷宮、そこでは慎重に進んで行く者。トラップを気にせず大胆に進んで行く者。他神姫と出会い協力する者、戦う者。他神姫を減らす為に狩りに行く者。十人十色様々な神姫が戦いを繰り広げてゆく。
 ここからはダイジェストでお送りしよう。

その1、隆&リヒト
「マスター、僕このイベントが終わったらマスターに言いたい事があるんだ」
 ハウリン型のリヒトが恥ずかしそうに告げる。
「どうしたんだ急に?今言えば良いじゃないか」
 マスターの言葉にリヒトが決意を固めた。
「うん、じゃあ言うよ。僕、隆の事が・・・あぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁ!」
「どうした!リヒト!リヒトォォォォォォォォ!!」
 隆の悲しみの絶叫がフロアに響いた。

その2、ワンダーVSデッド
「ヒャッハァ、ここはとおさねぇぜ!」
 狭い通路を全身を使って通せんぼするストラーフ型のワンダー、それに冷笑を浮かべるフブキ型のデッド、ゆらりと陽炎のようにデッドが揺らめいた。
「ふっ」
「何!」
 いつの間にかワンダーを通り抜け、デッドがすぐ後ろに立っていた。驚き後ろを振り向こうとした瞬間。
「お前のライフはもうゼロだ」
 その言葉を聞くことなくワンダーは倒れた。

その他
「節子ぉぉぉぉぉ!」
「何よりもぉぉぉぉ速さが足りない!」
「狙い撃ちます!」
「ゴ○ディオ○ハンマー!」
「計画通り」
「少し頭冷やそうか」
「変態だー!」
「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ×10」
「ジャスト1分、悪夢は――」
「でっかい迷惑です」
「ギガスマッシャー!」
「因果!」
「私のは百八式ある」
「エクスカリバー!!」
「お前なんかピーで、ピーして、ピーピーピー」以降禁止言葉過多の為音声カット
「お前は今まで食べたパンの数を覚えているのか?」
「あんた嘘吐きだね」
「中に誰もいないじゃないですか」
「ゴッドハ○ドス○ッシュ!」
 ダンジョンで繰り広げられる壮絶な戦いを見ていた観客の一人が呟いた
「・・・カオス・・・だな」
 そんな中目覚ましい活躍をする神姫達がいた。いずれも県内の神姫オーナーには名の知れたトップランカーばかりだ。
 勢いは衰えることなく続々と最深部へと歩を進める中、開始1時間で最深部へと到達した神姫が一体
「おぉっと、これは、サイファ!ダンジョンクリア一番乗りは紫電のサイファだ!」
 紫電の二つ名を持つエウクランテ型のサイファが右手に握った剣を高らかに掲げた。
「この勝利を我が主に捧げる!」
 勝鬨を上げるサイファ、湧き上がる観客達、そして最深部に新たな神姫が
「二番手は風切りの千姫!それに続くのは――」
それに続くように続々と到達者が集い始める。

 続く




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー