メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「約束は守ってもらいますよ」
 試合終了後、サロンルームへと移動し話し合いが始まっていた。
 円形のテーブルをはさみストーカー男の対面にクロエ、その隣にうつむく芽衣そしてクロエの肩にエリアーデ、敗北したムルメルティアはメディカルルームで精密検査中だ
「あ、あんなのしし勝負じゃないんだな、それに良いとこ引き分けなんだな」
 そう告げそっぽを向くストーカー
「はぁ!?」
 クロエの耳をつんざく大きな声を上げるエリアーデ、肩から降りクロエがまだ口をつけていないコーヒーの入ったカップの取っ手を無言で掴みジャイアントスイングの要領でストーカー男に投げつけた。
「熱っ!」
 カップは綺麗に男のこめかみに当たり地面で砕けた。そして被害はクロエ達にも及んでいた。テーブル周囲にコーヒーがぶちまけられていた。
「熱い!エリアーデ・・・」
「クロエは黙ってて!」
 何だか理不尽な気もするがこの状態のエリアーデには何も言わずに黙っておいた方が得策だ。
「貴方ね!良いこと!このウシチチ女の事はもうどうでもいいわ!」
 事件の中心をどうでも良いと言いのける
「ひどい!」
 さすがに芽衣も突っ込まざるをえまい
「うるさいですわ!そもそも貴方がはっきりしないからいけないのですわ!はっきり言いなさい!この男をどう思っているのか!オブラートに包まずそのままですわよ!」
 芽衣がエリアーデに言われたようにはっきりと答える
「うぅ、ごめんなさい。貴方と付き合うのは今ここで芽衣がミジンコに変身するくらいあり得ません」
 はっきりとした拒絶の言葉に揉めるかと思われたが物事は意外な方向へと向かった。
「わ分かったんだな」
「「「「え?」」」」
 クロエとエリアーデ、そして芽衣とアムの頭上に?が浮かんだ。
「こういうのも何ですけど、簡単に諦めて良いんですか?」
 クロエは自分がおかしなことを口走っているのは分かっているが聞かずにはいられなかった。
「も、もういいんだな。諦めるんだな、そそそそそれにやっぱり生身の女は駄目なんだな」
「は?生身?はぁまぁそうですか」
 こんなに簡単に諦めてくれるのならこちらとしても楽だ。
「それでは芽衣さんの事は諦めてくれるんですね?もう付き纏ったりしないんですね?」
「ししつこいんだな、もう興味はないんだな」
 何だか腑に落ちない所も多々あるが、本人がこう言っている以上は信用するしかないだろう。それで何かをしてくるようなら警察の領分だ。
「芽衣さん、あちらもああ言っているので、今日の所はこれでよろしいですか?」
「え、えぇ諦めてくれるのでしたら私も満足ですから」
「そうですか、それでは行きましょうか」
 そうして椅子から立ち上がろうとした時、ストーカー、いや元ストーカーが呼びとめた。
「ま待つんだな!」
「まだ何か?」
「芽衣たんのことは諦めるんだな」
「えぇ、さっき聞きましたけど?」
「そのかわり」
「そのかわり?」
「エリアーデ様を譲ってほしいんだな!」
「「「はぁ!?」」」
「お金はいくらでも出すんだな!」
「いや、金額では」
「100万!」
「いやですから」
「じゃあ200万」
 鼻息荒くまくしたてる元ストーカー、それに激怒した神姫が一体、当然
「嫌だってぇぇぇぇぇ!言ってるんですわ!!」
 エリアーデだった。
「ぷぎゃ!」
エリアーデのライダーキックもとい飛び蹴りが元ストーカーの鼻の下に綺麗に入った。大の字に倒れる元ストーカー。
「ふん!行きますわよ!!」
「え、いやさすがにこのままはマズいでしょう」
「確かにこのままは・・・」
 悶絶しのたうちまわる元ストーカー、その状況に周りを囲むように人だかりが出来ていた。
「良いのですわ!こんな不躾な男」
 クロエの手の平で腕組みをするエリアーデの姿に人だかりから声が上がる。
「あ、拳様だ」
「え?あ本当だ」
 エリアーデを指し拳様の謎の声が上がり始める。
「クロエ、こぶしさまって何かしら?」
「さぁ?何だろうね」
「あの、たぶんエリアーデちゃんの事だと思います」
 芽衣の言葉に驚くエリアーデ
「なんですって!」
「ほら、バトルロンドで格闘戦しかしてないじゃないですか、それで今日のバトルロンドが決定的だったみたいで、拳系お嬢様神姫、略して拳様です!」
 芽衣の説明にエリアーデが絶叫する。
「こんなの不本意ですわ~~~!!」
 その後、エリアーデに拳様のあだ名は定着し、元ストーカーは飛び蹴りなどを受けたにもかかわらず何故かエリアーデのファンの一人になった。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー