メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「納得いきませんわ!」
 銀髪縦ロールが特徴的なイーダ型神姫がバトルロンドの敗北に納得が出来ずにバイザーを床に叩きつける。
「そうは言ってもあれも戦術の一つですから」
 そのオーナーが宥めるように言う。年の頃合いは20代半ばと言ったところだろうか、無駄に育った大きな身長は平均を頭一つ半は抜きんでている。
「卑怯ですわ!姿も見せずに遠くからなんて!」
「エリアーデとは相性が悪いからね」
 今回の相手は本当に相性が悪かった。近距離特化型のエリアーデの知覚外からの狙撃、それに文字通り手も足も出ずに一方的な試合になり姿すら見ることなく敗北、機嫌が悪くなるのもうなずける。
「もう!クロエ、貴方はいつもそうですわね。私にも銃器の一つでもつけたらどうですの!?」
 ビシッと指を指されるクロエ
「いや、そうはいっても銃器扱えないでしょ」
「扱えます!当たらないだけですわ!」
 薄い胸を張り自慢げに語るこのエリアーデには射撃のセンスは皆無だった。
「それを扱えないって言うんだよ。まぁとりあえずはお疲れ様、はいこれ」
 クロエからジェリ缶を渡され、それを渋々ながら受け取るエリアーデ、中身は大好物であるバナナチョコ味である。
「もう、いつもこれで機嫌が治ると思ってもらっては困りますわ。ですけれど今日の所は許して差し上げます」
 どうやら虫の居所は治ったようだ。いつもの定位置であるクロエの左肩に乗りジェリ缶を飲み始める。
 そんな気分を直し始めていたところに、エリアーデが一気に不機嫌になるモノがやってきた。
「クロエさ~ん」
 エリアーデいわく無駄に大きい脂肪の塊二つを付けた牛乳女、胸とは対照的に小さめの背に眼鏡をかけたまだ幼さが残る顔が特徴の今年高校生になったばかりの高月芽衣が大きく手を振りながら小走りにその揺れに連動して揺れる少々大きめの胸は周囲の男性オーナーの目を釘付けにしながら来た。
「芽衣さん、珍しいですね舞闘場に来るなんて」
 芽衣はクロエの経営する小さなパーツショップの常連の一人だ。
「どうせ冷やかしに決まってますわ」
「エリアーデ」
「ふんっ!」
 へそを曲げあさっての方向を向く
「助けてください!」
「え?」



 サロンルームに移動したクロエ達、二人用の小さなテーブルを挟み座る。
「で、助けてほしいというのは?」
「あの…ですね…その…」
 なかなか言い出しにくいのか芽衣が言い淀む。それを見かねたのは芽衣の神姫シュメッターリンク型のアムだった。
「芽衣の代わりに私が言います!」
「どっちでも構いませんから早くしてくれませんこと?私エステの予約が・・・」
「ひぅ」
 アムがエリアーデに怯え目に涙を浮かべ始めた。
「大丈夫ですよ。エステの予約なんてしてませんから、ゆっくり自分のペースで喋って」
 それにアムの顔が明るくなる。
「はい!あの…芽衣に最近、しつこく付きまとってくる人がいて」
「ふん!自慢話なら結構よ、帰りましょうクロエ」
「ひぅ!」
「エリアーデ、話の腰を折らないでくれ。アム続けて」
 促されなんとか喋り出すアム
「それで、ずっと断っていたんですけど、あんまりにもしつこいので芽衣が自分には彼氏がいるって言ってしまって」
 どうやら芽衣のSOSはクロエの予想のナナメ上を行ったようだ。
「それで?」
「あの…」
「待ってアム、それから先は自分で言うから」
 芽衣がアムを制止し、クロエを見据え言った。
「クロエさんの名前出しちゃったんです」
「はぁ!?なんですのそれ!勝手にクロエの名前を出したですって!」
 当の本人であるクロエではなくエリアーデが声をあげた。
「まぁまぁエリアーデ、それでその人が諦めたんならいいじゃないですか」
 しかし芽衣の表情は晴れない
「いえ、その、実はまだ続きがありまして…」
「はい?」
「その人に交際を賭けてバトルロンドを申し込まれてしまって」
 どうやらその相手は諦めが悪かったらしい
「受けたんですか?」
「まさか、受けれるわけありませんわよね、だってこの子一度もしたことないんですから」
 エリアーデの言葉通り、アムは一度もバトルロンドをしたことが無い、そもそもアムの性格的に向いていないのと、芽衣はバトルロンドをさせるためにアムをパートナーとして選んだわけではないのだからバトルロンドなどするわけがない。
「いえ…その…受けちゃたんですけど…」
 芽衣が申し訳なさげに告げる。
「あぁそれでアムの特訓に付き合ってほしいと?」
その程度なら快く引き受けるものを、とクロエは思ったが自体はそうもいかなかった。
「いえ、受けたのはクロエさんなんです」
「はい?」
「ですから、バトルロンドを申し込まれたのはクロエさんなんです」
「どうして?」
「クロエさんに勝ったら付き合ってもいいということになってしまって」
「「な!・・・」」
 驚きすぎてエリアーデはうまく言葉が出なかったらしい。
「ちょっと待ってください。話を整理しましょう。まず芽衣さんはある人に言い寄られていたと?」
「はい」
「それで困って彼氏がいると嘘をついて、僕の名前を出した」
「・・・はい」
 芽衣の返事が小さくなっていく。
「そしてその人が諦めきれないから僕にバトルロンドを叩きつけたと?」
「・・・・・・はい・・・ごめんなさい」
 うつむき元々小さい芽衣が更に小さくなる。
「ごめんで済めば警察はいらないのですわ!」
「エリアーデ少し静かに」
「むっ」
「芽衣さんはそれほど嫌だったんですか?」
「はい…だって好きでもないのに付き合いたくありませんから…ご迷惑ですよね」
 芽衣はもうこの場から消えるのではないかと思うほど小さくなってしまった。それは普段とても明るく笑顔の絶えない芽衣の姿からは想像できないその姿はクロエにとって見るに堪えないものだった。
「ふぅ、まぁ仕方ありませんよね。嫌なものは嫌ですからね。引き受けましょう。それでそのバトルロンドの日はいつですか?」
 芽衣の顔に少しではあるが光が戻ってきた。
「ありがとうございます!・・・それで、その今日なんです。そのあそこにいる人です」
 芽衣の視線の先にいる人をクロエとエリアーデが見つけた。その出で立ちはお世辞にもセンスが良いと言えるものではなかった。年の位は幼く見える芽衣を差し引きさらに贔屓目に見ても30代、いや20代後半と言ったところだろうか
「あー」
 本人の名誉のために身体的特徴を上げるのはやめておこう
「あれはお断りですわね。芽衣、貴方に初めて同情致しますわ」
「うぅ」
 もう芽衣は泣きそうどころか、涙が零れ落ちている。よほど怖い思いをしたのだろう。
「芽衣さん泣かないでください。大丈夫ですから。エリアーデ」
「分かっていますわ。いつもならわざと負けるところですけど、アレはあり得ませんわね」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー