メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウサギのナミダ

ACT 1-13



「って、菜々子ちゃん! 大丈夫なのかよぉ……」

 大型筐体に一人座り、黙々と準備をする菜々子に、大城はそわそわと話しかけた。
 大城の心配ももっともだ。
 このゲームセンターで最強と呼ばれる三人とスリー・オン・ワン……三対一の同時プレイで対戦するというのだから。
 いくら有名なエトランゼといえど、実力者三人を同時に敵にするのは圧倒的に不利だ。

「大丈夫。絶対に負けない」

 菜々子ははっきり言いきった。
 ミスティは菜々子を見上げた。

「……『本身を抜く』のね?」
「そうよ。わたし、キレたから。もう徹底的にやる」
「やっとキレたの? わたしはもう先週からキレっぱなしなんだけど」

 無表情に話す二人に、大城は空恐ろしいものを感じずにはいられない。

「なあ……ほんみをぬく、って、なんのことだ……?」
「見ていればわかるわ」

 菜々子は筐体の向こう側にいる、三強の男達を見た。
 三人とも、こちらを睨みつつ、バトルの準備をしている。

 スリー・オン・ワンで相手をする、と言ったら、男達は激怒した。

「なめやがって……!」

 捨て台詞を吐いて、バトルを承諾した。
 菜々子の思惑通りに事は進んでいる。
 頭に血が上っていては判断が鈍る。そして、三対一という圧倒的優位からの油断。
 もちろん、それらを生かすための実力があってこその策略だった。
 菜々子は、耳元のワイヤレスヘッドセットをオンにすると、マイクに囁きかけた。

「ミスティ、リアルモード起動。入力コード“icedoll”、タイプ・デビル」

 菜々子は三強の男達をもう一度見て、そして目を閉じた。
 意識を切り替える。
 あれは『対戦相手』じゃない……
 『敵』だ。

 再び菜々子が目を開いたとき、バトルの準備は整っていた。
 三強とエトランゼのスリー・オン・ワン対決と知り、ギャラリーが続々と集まってきた。
 都合がいい。
 バトルの見届け人として、そしてバトル後の相手として、ギャラリーは多いほどいい。  
 うるさい連中は、実力で黙らせる。それがエトランゼの流儀だ。

「ミスティ、調子はどう?」
「問題ないわ、ナナコ」

 勝つ。
 菜々子には確信がある。
 この程度のバトルに勝てなくちゃ、『ヤツ』を倒すなど夢のまた夢だ。
 菜々子は鋭い表情のままスタートボタンを押した。


 近代的なビルと、その間を縫うように走るハイウェイ。
 都市ステージは立体的なバトルフィールドが特徴だ。
 三強とエトランゼ、どちらも持ち味の生かせるフィールドとして、ここが選択された。

 『ヘルハウンド・ハウリング』は、そのハイウェイのど真ん中で、正面と背後に気を配っていた。
 『エトランゼ』が来るとすれば、やはりフィールドを横切って走る、このハイウェイだろう。
 エトランゼは、トライク形態からの反転奇襲が得意技だ。
 だから、防御力の高いハウリンのヘルハウンドが待ちかまえ、エトランゼを足止めする。
 そして、後から合流した二人と、三人がかりで仕止める。
 エトランゼは、ヘルハウンドもたびたび対戦したが、勝てない相手ではなかった。
 それが三強をいっぺんに相手にして、かなうはずがない。
 さあ、来い。
 ヘルハウンドはハイウェイの先を鋭く見据えた。

 ……まさか、待っている相手がビルの上から降ってくるとは、思いもしなかった。

「ぎゃっ!?」

 強い衝撃と共に、いきなりうつ伏せに押し倒された。
 振り向くよりも早く、背面に設置された二本の武装用アーム……ヘルハウンドの名の由来が、ばりばりと引き剥がされる。
 何が起こっているのか。
 そんなことさえ確認する余裕も与えられなかった。
 エトランゼは、手にしたマシンガンの引き金を引き絞り、ヘルハウンドのアーマーが隠していない後頭部と腰に、まるでリベットの打ち込み作業をするように撃ち込んだ。

 ヘルハウンドと合流すべく、『ブラッディ・ワイバーン』は滑空していた。
 ウェスペリオーの素体と羽、脚から先がイーアネイラの魚型パーツになっている。
 マスターが言うには、昔見た強い神姫の武装を参考にしているという。
 確かにこの武装は、空を自由に飛ぶのに適していた。
 空中から、足止めされているエトランゼを狙い撃ちにするのが、ワイバーンの役目だった。
 だが。
 下方から銃撃を受けた。
 ワイバーンは驚く。
 足止めどころか、エトランゼはハイウェイ上でワイバーンを待ちかまえていた。
 あわてて、こちらも銃撃を開始する。
 直後、エトランゼの緑色の副腕が何かを投擲した。
 大きな何かが、ワイバーンを直撃する。
 それは、ヘルハウンドの残骸だった。

「うわああぁ!」

 バランスを崩し、高度を下げる。
 そこに、間髪入れずにジャンプしてきたエトランゼが迫る。
 剛腕一閃。
 ワイバーンの右羽を根本からもぎ取った。
 そして、その勢いを借りて反転し、さらに剛腕が振るわれる。
 エアロ・チャクラムが、今度はワイバーンの素体を捕らえる。
 力任せに掴むと、ハイウェイ脇に立つビルの壁に叩きつけた。

「あああああっ!」

 ワイバーンはビルにめり込み、エアロ・チャクラムに押さえ込まれ、身動きがとれない。
 逃げようともがいても、抜け出す術はなかった。
 エトランゼが装備していた太刀を引き抜く。
 視線が合う。
 イーダ・タイプの赤い瞳は、まったく感情に揺れていなかった。
 ただ、殺意だけが、込められていた。
 ワイバーンが恐怖にすくみあがったのも一瞬だった。
 彼女の胸に太刀が突き立てられた。


 大城は息を詰めてバトルを見ていた。
 背中に冷たい汗が流れている。
 斜め前で筐体を前に座っている菜々子は、いつもと様子が違っていた。
 いつもはミスティと楽しげにやりとりをしながらバトルしているが、今日はやけに静かだ。
 指示用のワイヤレスヘッドセットに、小さな声で短くささやく。それだけだ。
 そしてミスティは返答さえしない。
 バトルは一方的な展開を見せている。
 ミスティはこんなに強かったのだろうか?
 今日の菜々子とミスティは何かが違う。
 疑問と不安を抱きながら、それでも大城はバトルから目が離せなかった。


 『玉虫色のエスパディア』は、もうバトルが終わっているかも知れないと思っていた。
 三強二人を相手に、いくらエトランゼが強者とは言え、何分も持つとは思えない。
 もう勝負の趨勢は決していることだろう。
 低空から、ハイウェイの先の様子を見定めようとする。
 確かに、勝負の趨勢は決していた。
 ハイウェイの先、仲間二体の残骸があるのを目視した。

「ば……ばかな!?」

 玉虫色は空中で急停止すると、逆向きに方向転換。
 元来た方向へ加速する。
 少なくとも、エトランゼはあの残骸のそばにいるはずだ。
 とりあえず距離を取る。
 それから対策を立てる。いままでも対戦して勝てない相手ではなかったはずだ。
 だが、玉虫色の脳裏に、すでに残骸と化した二人の姿が浮かんだ。
 ……まだ、バトル開始から、二分も経っていないじゃないか!
 本当にエトランゼなのか!?
 そう思った玉虫色の耳に、ホイールの回転音が聞こえてきた。
 まさか、と思って振り向いた瞬間、トライクが猛然とハイウェイを走って来るのが見えた。
 ハイウェイの下道から、合流ラインを抜けて、メインのハイウェイへ。
 トライク形態のエトランゼは、一気に加速すると、玉虫色を下から追い抜いた。
 視線を前に戻したときには、すでにエトランゼはストラーフ形態に変形し、反転を開始していた。
 リバーサル・スクラッチ。
 まぎれもなく、エトランゼのオリジナル技だった。
 エアロ・チャクラムが玉虫色に思い切り叩きつけられる。
 仰向けに押し倒されたエスパディアは、組み替えてあった背部アーム装備の機銃を狂ったように乱射する。
 それを意にも介さず、エトランゼは副腕を動かして、玉虫色の装備をむしりとりはじめた。
 前輪のタイヤがはじけ飛び、副腕の装甲に弾痕が走る。弾丸がバイザーに当たり、頬をかすめても、エトランゼはいっこうに気にした様子がない。
 まるで、意志がない機械のように。
 黙々とエスパディアの装備を引き剥がしていった。
 そして、素体だけの姿になったところで、胸のあたりを副腕の爪で掴みあげた。
 その姿をさらすように持ち上げる。

「ひいいいいいぃぃっ! や、やめ……やめてやめてぇっ!!」

 玉虫色は悲鳴を上げる。
 しかし、エトランゼは一切表情を変えない。
 菜々子が一言、囁いた。
 次の瞬間。

「いやぁああああああああっ!!……」

 断末魔の悲鳴が、無人の都市に響きわたった。
 玉虫色の身体には機械の爪が食い込み、つぶされていた。

 ハイウェイ上に無惨に転がるハウリンの残骸、ビルに磔になったウェスペリオーの残骸、そして、副腕の爪にいまだ引っかかったままのエスパディアだったモノ。
 それらを背景に、逆光の黒いシルエットが立ち上がる。
 ミスティが顔を上げた。
 表情はない。ただ、殺気に満ちた赤い瞳だけが爛々と光って見える。

「あ、悪魔……」

 誰かの呟き。
 それと同時に、ジャッジAIがエトランゼの勝利を告げた。
 試合時間は二分二十七秒だった。


 アクセスポッドが開く。
 ミスティは立ち上がると、筐体の回りのギャラリーを見渡し、そして正面の三強のマスターと神姫達を睥睨した。
 誰も一言も発しようとはしない。しんと静まっている。
 驚きと畏怖が、エトランゼの二人以外の意志を奪っていた。
 ミスティは、先ほどのバトルの時とはうってかわった怒りの表情で怒鳴った。

「よわっちい連中が……こそこそ陰口叩いてんじゃないわよ!」

 いまにも噛みつかんばかりに、周囲を威嚇している。
 逆に、菜々子は氷のように冷えきった表情だ。

「宣戦布告よ」

 薄く目を開け、三強に、そしてギャラリーに向けて宣言する。

「私たちは……エトランゼは、ハイスピードバニー・ティアにつくわ。
 文句があるなら、バトルロンドで私たちに勝ってから聞いてあげる。
 言いたいことがある人から……」

 ミスティと菜々子の声が重なった。

「かかってらっしゃい!!」

 ギャラリーがどよめいた。
 いま、ハイスピードバニー・ティアを擁護するということは、このゲーセンの神姫プレイヤーだけでなく、すべての武装神姫を敵に回すに等しい。
 菜々子はそれをはっきりと公言してのけたのだ。

「そ、そんなこと言ったら……誰も君の相手なんてしなくなるぞ!? それでもいいのかよっ!?」

 ワイバーンのマスターの言葉はほとんど悲鳴だった。
 菜々子はワイバーンのマスターを、氷の眼差しで睨みつける。

「上等よ……練習にもならないバトルなんて、こっちから願い下げだわ」

 吐き捨てるように言う。
 ワイバーンのマスターは、怒り心頭の様子だったが、ぐうの根も出ない。
 他の二人も同様だった。
 ギャラリーの目の前で、三対一で完膚無きまでに叩きのめされたのだ。三強としてのプライドも粉々に打ち砕かれた。
 今、彼らが何を言っても、負け犬の遠吠えにしかならない。
 三強のマスター達は、菜々子の激しい言葉にも、黙って耐えるしかなかった。


 いまだに皆が立ち尽くしている中で、菜々子は黙々と後片づけをはじめた。
 そこに大城が声をかけてくる。

「……ミスティってあんなに強かったのか……知らなかった」

 その言葉に菜々子は首を振る。

「違う……あれはバトルロンドと呼べないわ。だから、あなたの言う『強さ』じゃない」
「け、けどよ……圧勝だったじゃねぇか。三強と三対一で勝つなんて、信じられねぇよ」

 大城の声はうわずっている。
 彼も感じているだろう。いつもと違うわたしたち。
 いつもと違う、あまりに凄惨なバトルの内容に、引いているだろう。

「あれが、『本身を抜く』ってやつなのか? なんで……ミスティがあんな風に戦えるんだ?」

 虎実が尋ねた。
 菜々子は頷いた。

「『本身を抜く』っていうのは、真剣を抜いて戦うってこと。その心構えと戦い方で戦うってことよ」

 大城と虎実は、よくわからない、といった顔をしている。

「そうね……剣道に例えればわかりやすいかしら。
 防具着て竹刀でやる試合と、真剣での果たし合い。その違いってこと」

 近代剣道の試合は、防具をつけ、竹刀を持ち、有効部位への打突をもって、審判が判定を下す。いわば模擬戦闘だ。スポーツであり、ゲームである。
 対して、真剣での果たし合いは、防具はあるものの、持っている武器は真剣である以上、傷つくことは避けられない。攻撃がどこに当たろうとも、相手の戦闘力を奪い、相手を倒すことが優先される。つまりは命の奪い合いなのだ。

 これを武装神姫に例えてみればどうか。
 隆盛を極めるバーチャルバトルは剣道に当てはめられる。
 ファーストクラスのリアルバトルでさえ、審判がいてルールがあるから、剣道の方に入る、と菜々子は考えている。
 ルールの下で戦うが故に、バトルロンドにはそれに適したプレイスタイルが求められる。

「わたしだって、バトルロンドは楽しくプレイしたいわ。だから、バトルロンドに適した戦い方をするし、そういうつもりでプレイする。
 でもね、『実戦』は違うの……つまり、真剣での果たし合いと剣道の試合が違うように」

 菜々子の言う「実戦」は、ルール無用、審判なしのリアルバトルだ。バトルの結果が神姫の命に直結するような、紛れもない殺し合いである。
 それは剣道の試合とは心構えからしてまったく違う。

「そうか……本身を抜くってのは、殺し合いをする気ってことのたとえなのか」

 菜々子は頷いた。

「そう。
 三強は剣道の試合をしようとしてるのに、わたしは真剣で彼らを殺そうと思っていたのよ。
 そのためには自分のプレイスタイルにもこだわらないし、何より敵を早く確実にしとめることを優先する。
 彼らは、あくまで「エトランゼとバトルロンドで試合しよう」としていた。
 その心構えの差が、結果に現れたのね」
「なるほど……」

 たとえ三強が、今度はミスティを殺すつもりで戦うとしても、それは結果につながらない。
 なぜなら、彼らは「実戦」というものをまったく知らないからだ。
 とするならば、菜々子とミスティは、その実戦を経験したことも、その心構えも、実戦向けの戦い方もあるということなのだが……。

「なあ、菜々子ちゃん……」
「本当なら、『本身を抜く』なんてこと、ずっとするつもりなかった」

 大城の言いたいことを遮り、菜々子は早口でしゃべる。

「ここでは……遠野くん達がいるから、絶対にしないと思ってた。わたし自身の問題で身につけているものだし、バトルロンドでは使わないことにしてた。必要もなかった。
 もしかしたら、もう『本身を抜く』なんて、忘れてもいい気さえしていたの。
 ……でも、遠野くん達のために、自分にできることをすると、決めたから」

 装備を片づけたアタッシュケースを閉める。
 そして菜々子は大城に視線を移した。

「だから、わたしは全力を尽くす。本身だって抜くわ」

 大城は菜々子の大きな瞳をみつめた。
 真っ直ぐな視線。揺らがない。
 誰かに似ている。
 ああ、と大城は思い至る。
 遠野だ。あいつの視線にそっくりだぜ、菜々子ちゃん。
 大城は小さくため息をつきながら、頭を掻いた。

「まったく……惚れ直すぜ」
「それはダメ」

 菜々子はいたずらっぽく笑い、人差し指を立てた。

「わたし、好きな人がいるから」

 その笑顔を見て、大城はほっとする。
 ようやくいつもの『エトランゼ』が戻ってきた。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー