メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウサギのナミダ

ACT 0-1


 あいつと初めて会った日のことは、いまでも覚えている。
 あれは師走の寒い晩のこと。
 冷たい雨がしとしとと降り続ける夜だった。
 全く俺らしくない考えだが、信じている。
 あれは運命の出会いだった、と。

 大学の仲間と飲んだあと、アパートに戻る帰り道。
 俺は一人、雨の中を歩いていた。
 あまりたくさん飲んだわけでもないので、少しほろ酔いだった。
 気心知れた連中との飲み会だったので、無理な酒を飲まされないのはありがたい。
 いつもよりも遅い帰り、近道をすべく、繁華街の裏道を歩く。
 いかがわしい店もならぶところだが、そこはそれなりに田舎だから、それほど危険を感じない。
 まして冷たい雨が落ちている夜はなおさらである。
 冬の雨の冷たさに、酔いに火照った身体は徐々に冷え始めている。
 息が白い。
 寒さで頭が冴え始めているのを感じながら、俺は少し足を早めた。
 そのときだ。
 左奥の路地から、息を切らした太った男が飛び出してきた。
 この雨にも関わらず、傘をさしていない。
 男は、一度左右を見渡すと、

「ちぃっ!」

 舌打ちをして、手に持っていたモノを、電柱に叩きつけた。電柱に激突したそれは、下に置かれていたゴミの山に落ちた。

「お、おまえのせいで……何でボクがこんな目に……」

 とかなんとか呟いていたようだが、よく聞こえなかった。
 男は俺に注意を払うこともなく、俺が進む道の奥へと駈けだしていった。

 いつもの俺なら、そんなアブナイ行動をしている男など無視していたし、その男が捨てたモノに注意も払わなかったろう。
 だが、そのときは知らず酒が回っていたのだろうか。
 俺はそのゴミ置き場をながめつつ、通り過ぎようとした。
 パタパタと雨をはじくポリ袋の上から、小さなうめき声が聞こえてきた。
 女の声だ。
 俺の頭に、奇妙な確信が浮かぶ。
 さっきの、太った男が捨てたモノ。
 それはきっと……アレにちがいない。
 俺が今、一番興味を持っているもの。
 俺は見るともなしに、ゴミ置き場をのぞき込む。
 はたしてそこには、一人の少女が、目を閉じてうめいていた。
 少女と言っても、人間じゃない。
 神姫だ。15cmのフィギュアロボ。
 彼女は、力無く四肢を投げ出し、弱々しくうめいている。
 いったい何のタイプだろうか?
 裏道の街灯は薄暗くてよくわからない。
 ただ、少し苦しげな表情のその顔は、マスモデルにはないタイプで……可憐だった。
 俺はそっと彼女をすくい上げると、ポケットからハンカチを取り出してくるんだ。
 神姫はなんの反応もなく、ただ時々小さくうめくばかりだ。
 俺はそっとカバンに入れようと思ったが、先ほどの路地から激しい靴音が聞こえてきて、思わずハンカチにくるんだ神姫をジャンパーの内ポケットにつっこんだ。
 路地から飛び出してきたのは、数人の男だった。
 やっぱり傘はさしていない。
 男たちは派手なスーツを着ており、一目でそれっぽい職業だとわかる。
 彼らはきょろきょろと辺りを見回す。一人が俺に近づいてきた。

「なあ、ちょっと尋ねるが……」
「な、なんですか?」

 あえてうわずった口調で答える俺。

「ここに、太った黒縁メガネの男が走ってこなかったか?」
「……それならいまさっき、あっちに……」

 俺はさっきの男が走り去った方の道を指さした。

「そうか、ありがとよ。……おい!」

 俺に話しかけた男は、仲間たちに指示をとばす。
 俺が指さした方の道に複数のグループを行かせ、俺の来た方向と、右手の路地に一人ずつ行かせた。
 なかなかに組織だった動きだ。
 男たちはもう、俺には目もくれなかった。
 俺は念のため、太った男が走っていった道は使わず、右手の路地に入って、いったん大通りに出る。
 アパートまでは少し遠回りになるが、人混みに紛れ込める。連中と関わらなくてすむだろう。
 太った男とスーツ姿の男たちのもめ事の原因は、明らかに俺のジャンパーの内ポケットに入っている。
 何があったかは知らないが、余計な揉め事には巻き込まれたくない。
 たとえその原因を俺が持っているのだとしても。
 もう、先ほどの神姫を手放す気にはなれなかった。
 こういうのも、運命の出会いというのだろうか?
 いままで、たくさんの武装神姫の製品を見てきたけれど、いまほど胸が高鳴ることはなかった。
 ずっと探していた。そして今夜見つけたのだ。
 ただ一人、俺が夢中になれる神姫を。
 冬の雨の寒さを忘れてしまうほど、俺は胸を高鳴らせ、アパートへの帰り道を急いだ。


 俺の名前は遠野貴樹。
 理工系の大学に通う学生だ。
 武装神姫には前から興味があった。
 高校時代からの友人の一人が、神姫にどっぷりとハマっている。
 そいつと神姫の仲の良さを見るにつけ、他の仲間たちはからかいながらも少しうらやましく、興味深く見ていた。
 俺も例外ではなかった。
 仲間の数人は、もう武装神姫を始めている。
 俺も始めようと思い立ったのは仲間内でも早い方だったが、いまや神姫のマスターでない仲間の方が少なくなった。
 なぜ俺が武装神姫を始めなかったのか。
 いなかったのだ。気に入った神姫が。
 あちこちの神姫ショップも回ったし、新製品が発表になるショーにも足を運んだし、定期的にネットオークションもチェックしている。
 それでも、俺がパートナーにしたいと思う神姫はいなかったのだった。

 アパートに帰った俺は、カバンをおろすと、上着に付いた雨粒を落とすのももどかしく、ジャンパーの上着からハンカチに包まれた神姫を取り出した。
 テーブルの上にそっと横たえ、ハンカチを開いてみる。
 そこには、ほっそりとした少女の裸身があった。
 あわてて目をそらしたが、すぐに目は神姫に釘付けになった。
 俺がいままで見た神姫とは、明らかに違う。間接部が皮膚に覆われていて、やたらと人間らしく見える。
 顔はやはり既製品の物ではない。カスタムだろうか?
 少し幼い感じの顔立ちが、いまは疲れきったような表情で、静かに目を閉じている。
 頭にはウサギの耳らしき意匠……つまりこの神姫はバニーガールなのだろうか。
 そして、なにより俺の目を離さないのは、ねじくれたように折れている手足だった。
 まともなのは右腕だけで、左腕と両脚は間接ではないところで不自然に曲がっていた。

 いま、この神姫は死んだように動かない。
 本当に死んでしまったのではないだろうか?
 もう二度と動かないのではないだろうか?
 冗談じゃない。
 やっと自分がほしいと思った神姫に出会えたというのに!
 そのときのあわてふためきぶりは、他人に見られなくてよかったと思う。
 いつも冷静沈着でうっている俺のキャラとあきらかに違っていた。
 俺は乱暴に携帯電話を取り出すと、アドレス帳を呼び出すキー入力すらもどかしく、一人の友人の電話番号を呼び出した。
 電話をかける。えらく長く感じたコール三回で相手が出た。

『はい、海藤で』
「海藤か!? 聞きたいことがある!」

 海藤曰く、このときの電話は俺だとは一瞬信じられなかったそうだ。
 だが、人のいい海藤は、一方的に用件をまくし立てる俺に対して、丁寧に受け答えしてくれた。
 海藤仁は、仲間内で一番武装神姫に詳しい奴だ。
 さきほど神姫を拾った旨と現在の状況をかいつまんで説明し、どうすればいいのかと俺は聞いた。

『ああ、それは単なるバッテリー切れじゃないかな、たぶん』
「バッテリー? そうか、なら、充電するにはどうすればいい?」
『神姫用のクレイドルを使うんだ』

 こんな基本的な質問をしているあたり、俺がいかにあわてていたかの証明である。

「どこかで売ってるか? ……バラで」
『各社からいろんなのが出てるよ。神姫扱ってるところなら、たいがい売ってるね』

 時計を見る。午後8時半。
 自転車をとばせば、最寄りの家電量販店の閉店前に間に合うはずだ。

「わかった。これからクレイドル買ってくる。また連絡する」

 それだけ言い放って、俺は電話を切った。
 そのまま玄関へ向かう。
 まだ俺は帰ってきたときのまま、ジャンパーすら脱いでいなかった。
 外は雨。
 それでも俺は自転車の鍵を手にすると、アパートを出た。
 傘をさしながらの自転車の夜間運転。
 正直、自殺行為だ。
 だが、そのときの俺は何かすごい衝動につき動かされ、とにかく、あの神姫を動かすことが一番大事なことだと思っていた。
 俺は降りしきる雨の中、ペダルをこぎだした。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー