メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 


「‥‥‥ふぁ。」
 バッテリーフルチャージ完了。各部異常なし。
「あれ?マイスターは?」
 クレイドルから寝室を見渡してみる。寝巻きに着替えていたのは見ていたから、まだ寝ていると思いましたけど、居ないようですね。あら、書置きが、
「『買い物いってくるので、留守番よろしく。お祝いにケーキ買ってくるから楽しみに待っててくれ。追伸、間違っても料理して迎えようなんてしないこと』か」
 以前私が料理を作ろうとしてちょっと失敗したぐらいで、キッチン出入り禁止なんて、心配性なんですね。大人しく待つ事にしましょう。
「お祝いなんて、マイスターの命令どうりにしていただけじゃないですか。」
 そう、対戦相手を追い込んでいた砲撃もすべてマイスターの指示にあわせ撃っていただけ、相手の装備からマップにおける行動を予測、そこに最適な砲弾を撃ち込む。
 正確で的確な指示の元動いているから、バトルの後はうまくいっていたか不安になる。褒めてくれている間は大丈夫かな?
 初戦の相手は一直線に向かってきたからそのままヘッドコアを撃ち抜き一発退場。トラウマになっていなければ良いのですけど。
 マイスターに頼るしかない私は、まだまだ弱い。
 強く、マイスターと堂々と胸を張れるくらいに、
―――十分強いさ、後は使い方を――
 力の使い方を覚えなければなりませんね。
「神姫ネットで、過去の戦闘ログの公開をしてましたね。」 
 私の整備用パソコンの表示を切り替える。私と同じ大きさのマウスの操作には手間取りましたが神姫ネットに無事つながりました。
 さて、あれ?この写真の方はたしか。神姫GPですか。
「ただいまー。ってメルト何やってんの?」
 マイスターが帰ってきたようですね。
「お帰りなさい、マイスター。この写真の方、今日の対戦相手ですよね。」
「ああ、たしかノアロークだったかな?やっぱりレースメインの神姫だったか。」
 写真には表彰台で大きな優勝カップを掲げる姿が映っている。ペイントパターンもリボンをあしらった様なものだったので覚えていました。
「こういうの興味ある?」 
 マイスターはそのまま椅子に座りパソコンを操作し始める。
「はい!その、乗るのは無理ですけど、バトル以外の神姫の戦いを見てみたいんです。」
「開催場所は…一週間後の隣の市の神姫センターか、意外と近かったんだな。よし、バイトも休みだし遠征してみるか。」
 伸びをするマイスター。たのしそうな横顔は見ていてうれしいのですが。
「あの、マイスター。」
「どうしたメルト?」
「お祝いのケーキは?」
「あ、悪い。」
 机の隅に置いた袋から、いろいろ出すマイスター。
「ねこたたままんショコラ風味と、神姫用お祝いケーキワンホール。あとは、カフェオレヂェリーに、アッサムヂェリーあとは…。」
「買いすぎですマイスター。」
「俺用のチョコミルクレープワンホールっと。コーヒーはブラックのほうがよかったかな。どうしたメルト?」
「いえ、何でもありません。」
「ミルクレープはやらないからな!」
 まったく、いつもの冷静な指揮官のような態度とのギャップを見れるのは私の特権ですけど、マイスターの甘いもの好きには困ったものです。

 マイスター、私のケーキはあげませんから、こっちを見てくるのはやめてください!

  

SR-topへ





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー