メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 黒くて長い、綺麗な髪を風に遊ばせながら。
「じゃあねー」
 呆然としたままのボクの目の前、無邪気な言葉と共に、アルミサッシがぴしゃりと閉まる。
「…………」
 その姿を見送って、ボクはため息をひとつ。
 どっと疲れた体を引きずるように、下の階へ。
「父さんが帰ってくる前で良かったな……」
 階段に差し掛かったところで、踊り場の鏡にボクの姿が映り込んだ。
「…………」
 そこに映るのは一人の女の子だった。
 膝頭まで伸びた長い髪に、フリルのたっぷりと付いた甘いドレス。どこか幼さを残した顔は、物憂げに沈んでいる。
「…………はぁ」
 もう一度、ため息。
 沈んだ気持ちのまま、階段を下りる。
「喉……乾いたな」
 とりあえずジュースでも飲もう。確か、買い置きが冷蔵庫の中に残ってたはず……。
 玄関に面する階段を下りきったところで。
「ただいまー」
「……あ」
 ボクは、三度目のため息をつくハメになった。


魔女っ子神姫 マジカル☆アーンヴァル

~ドキドキハウリン外伝~

その1



 ボク……鋼月十貴は女装姿のまま、居間のソファーに腰を下ろしていた。
 荷物を片付ける事もなく。父さんはタバコをくわえ、僕の前に腰掛けて沈黙を守ったまま。
「……十貴」
 二本目を吸いきったところで、ようやくボクの名前を呼んだ。
「はい」
「父さん、お前の趣味をどうこう言うつもりはないが……」
 言いながら、三本目のタバコに火を点ける。
「い、いやだから誤解なんだって……」
 いきなり押しかけてきた静姉が無理矢理……。
「その似合いようは何というか、別の意味で犯罪なんじゃないか?」
 …………。
「その考え方が犯罪だよ……」
 ああ、うちの親ってそういう考えする人だったよなぁ。蛍光灯の光を弾くカップボードをぼんやりと眺めながら、ボクは……
「そうか……十貴にそんな趣味がなぁ……」
 ってちょっと。
「父さん、人の話を聞かないってよく言われるでしょ」
 しかも遠い目でそんな事言われても。
「まあ、丁度良かった」
「意味分かんないよ!」
 ボクの言うことを完璧に無視して、父さんは傍らに置いてあった荷物をガサガサと漁り始める。
「そんなに女の子っぽいことが好きなら、これを十貴に貸してやろう。しっかり遊びなさい」
 テーブルに置かれたのは、ちょっとした大きさの箱だった。秋葉原のオタク博物館で見た、黎明期のパソコンソフトのパッケージや、DVD-BOXくらいの大きさがある。
 パッケージは真っ白で、何の表記もない。『武装神姫ストラーフ(仮)』ってマジックで書き殴られてるから、これが正式なパッケージってワケじゃないみたい……まさか。
「これ、記事にするから借りてきたとかそういうオチじゃないの?」
「さすが我が息子。察しが早い」
 ボクの父さんは、玩具関連のライターをしている。発売前の評価記事を書くために、メーカーや出版社から発売前の商品を借りてくることも多い。
 問題なのは、その細かい評価を自分自身じゃなくてボクにさせることなわけで。
「まあいいから、開けてみろ」
 恐る恐るフタを開けてみれば……。
「ボク、さすがにこの歳で人形遊びする気はないよ?」
 中にあったのは、十五センチほどの人形だった。ボクが開けたフタは中身を確認するためのものらしく、ここを開けても人形本体を取り出すことは出来ないようになっている。
 随分と厳重な作りだな。
「うーん。その年で人形遊びする息子がいたら、いくらお父さんに理解があっても困っちゃう気がしないでもない」
 あんまり違わないでしょ、父さんも。
「というわけで、たっぷり遊んで、しっかり感想を聞かせてくれたまえ」
「いやだから感想というか、それをするのが父さんの役割じゃないの……?」
「俺、超合金モノ専門だもん。1/12自律駆動スコープドッグのレビューなら嬉々としてやってたよ」
 あー。
 そういえば、ボクのアドレスに予約受付のメールが来てたっけ……一人一個制限って書いてあったハズだけど、だったら一体何個買ったんだ? この親は……。
「ならこんな仕事取ってこないでよ……」
「お世話になってる編集さんの紹介だったんだから仕方ないだろ。ほら、楽しく遊ばないと来月の小遣いやらねえぞ」
「うわきたなっ!」
 遊ばないと小遣い抜きっていう親も日本でそう何人もいないと思うけど、この場合仕事が掛かってるからな。
「へへーん。汚くて上等だもんねー」
「……分かったよ、もぅ」
 まあ、家計のためだ。
 ボクが四度目のため息をついたのは、言うまでもない。


「武装神姫、ねぇ」
 部屋に戻って件の白い箱を開けると、中に入っていたのは随分と厳重な構造のプラスチックケースだった。
「……ブリスターじゃないのか」
 オープンスイッチらしいボタンを押すと自動でケースのふたが開く。
 中にあるのは、武装神姫とかいうフィギュアと、ちょっとした厚さのある取扱説明書。
 フィギュアを確かめるのは後にして、とりあえず取説を手にしてみる。
「へぇ。AIが載ってるんだ……」
 概要を斜め読みすると、どうやら武装神姫ってのは、AIで自律駆動する画期的なフィギュアらしい。
「……その辺のPCより良いプロセッサ使ってるんだ。それがこの値段……ねぇ」
 まあ、スペックだけで言えばゲーム機あたりも似たようなもんだしな。戦闘も出来るみたいだし、その辺りの付属品で利益を上げるシステムなんだろう。
「やっぱりカスタムありか……」
 くいくい。
 何となく袖が引っ張られた気がするけど、気のせいだよなって……。
「え?」
 くいくい。
 袖の方を見てみれば、ボクの袖を引っ張っているのはケースの中で横になっていたはずの神姫だった。
「あれ、起動してたんだ?」
 箱を開けると自動起動するようになってるのか……?
 取説をぱらぱらと繰っていくと、中頃に挟んであった紙にそれらしき事が書いてあった。
 商品版はいくつかの性格設定チップを組み込んで初めて起動する方式になっているけど、今回は評価版という事でそのチップも組み込み済みなんだそうだ。
「……あのさぁ」
 あ、喋った。
 結構流暢に喋るんだな。さすがいいAIを積んでるだけはある。
「何?」
「せっかくあたしが起動したってのに、いきなりスルーはないだろ普通」
「……そんなもんなの?」
「当たり前だろっ!」
 なんか怒られたよ?
「こう、なんていうかだね! 初めましてとか、うわぁすごい人形が動いたとか、もうちょっとドラマチックなイベントとかそれっぽいのがあるだろ普通っ!」
 十五センチの女の子は、両サイドのおさげを逆立てて力説する。
「ふーむ」
 まあ、取説読んでる途中だったしねぇ。
 というか父さん、自動起動って話、知っててボクに言わなかったんだな、きっと。
「……じゃあ、やり直す?」
「一度初期設定が終わったらやり直しは流石に無理だわ。メモリリセットしなくちゃなんねぇし」
「んー。そっかー」
 製品版だと、もうちょっとドラマチックな起動シーンになる……んだろうなぁ。彼女曰く。
「とりあえず、マスターがこんな可愛い女の子で良かったよ。ちったぁ、生まれてきた甲斐があったってもんだ」
「……ん?」
 神姫の言葉に、ボクは神姫の瞳をじっと覗き込んだ。
「どうかしたのか?」
 レンズの瞳に映るのは、長い髪を持つ女の子。
「ああ」
 そうか、着たままだったんだっけ。
 ようやくその事を思いだしたボクはウィッグを取り、黒い神姫に微笑みかけた。
「ボクは鋼月十貴。れっきとした、男の子だよ」
「なにぃぃっ!?」
 その瞬間、ボクの頭に衝撃が走った。
「ふえっ!?」
 神姫がテーブルを蹴り、こちらにパンチを叩き込んできたのが分かったのは、彼女がボクの髪の毛に掴まって態勢を整えようとしていたからだ。
「ちょ、ちょっと、ロボット三原則はっ!?」
「そんなの知るかっ! ガンダムファイト国際条約なら入ってるけど!」
 それなら、頭部攻撃は禁止なんじゃ……。
「そんなことよりテメェっ! 男なら、もうちょっと男らしい格好しろってんだっ!」
 ボクの胸元を器用に踏みしめ、胸ぐらを掴み上げて神姫は叫ぶ。
「い、いや、これには深いわけが……」
「問答無用っ! いいからそこに直れっ!」
「は、はひっ!」
 反射的に正座。
 し、神姫ってこういうモンなの……?


 一時間ほどの説教の後。
「……で、神姫ってそういうモノなんだ」
 男らしさから神姫が何たるモノかまでしっかり叩き込まれたボクは、本日何度目になるか分からないため息をついた。
 とりあえず、後で部屋に『中立地帯』って張り紙しとこう……その張り紙があれば戦闘禁止らしいし……。
「テメェ知らねえで買ってきたのか! っていうか、よく考えたらまだあたしの発売日前じゃねえか! かわいー顔してくるクセに裏ルートでフラゲヒャッホイかこら! 良い根性してるじゃねえか!」
 再び胸ぐらを掴み上げられる。
「ち、ちがっ!」
 十五センチのオモチャとは思えない力に、さすがのボクも悲鳴を上げてしまう。
 その時、ボクの部屋の扉がぎぃと開いた。
「ああ、早速起動したみたいだね」
 父さん……なんてものを押し付けてくれたんだよ。
「お。アンタがコイツの親父さんか?」
「そうだよ。発売前だけど、発売前のレビュー書くんでメーカーから貸してもらったんだ」
 父さんの言葉に、神姫の腕から力が緩む。
「…………あ、そうなんだ」
「だから言ってるじゃん……」
 けほけほと咳き込むボクの胸元からひょいと飛び降り、フローリングの床に音もなく着地。
「そうとは知らず、大変失礼いたしました」
 深々と、頭を下げる。
 父さんに向かって。
「今頃そんな事言っても遅いよ……」
 え? 謝るのはボクの方じゃないの……?


 居間のカップボードの上で、黒い神姫は思わず叫び声を上げていた。
「おおーっ! こいつぁすげえ!」
 ボードの上をとてとてと歩き、並べられているモノに一つ一つ大げさに反応していく。
「ほぅ。分かるかね」
 父さんもまんざらじゃ無さそうだ。
 そりゃそうだろう。
「あったり前じゃないですか! あたしのデータベースに、最初からプリセットされてますし!」
 居間のカップボードに並べられているのは、皿や賞状なんかじゃなくて、フィギュアやロボットの群れだった。
 父さんの玩具ライターは、趣味が昂じての仕事。趣味と実益を兼ねたコレクションが居間に並んでても、別段不思議じゃあないけれど……。
 知らずに来たお客さんや家庭訪問に来た先生が軒並みドン引きするのだけは、勘弁して欲しい。
「あたし達のコンセプトは、この大先輩がたから生まれたんですから!」
 モヒカン黒目の格闘家らしいフィギュア(ヒドラなんとかって台座に書いてあったけど、そのキャラをボクは知らない)から額宛てを引っぺがしながら、神姫は誇らしげに胸を張る。
 どうでもいいけど、その暴挙は先輩に対する態度じゃないような気がするよ。
「その辺りは残念ながら、再販分だけどね」
「それでも二十年以上前のレアものでしょ? それに、これは本放送時には発売されなかったような……」
「おおーっ、分かるかね!」
 父さんの影響でロボットやアニメは嫌いじゃないけど、この手の深い話にはついていけない。
「いいねぇ超合金。あたしもプラスチックの塊じゃなくて、どうせならこんなのに生まれたかったなぁ」
 今度はドリルとショベルが両手に付いたロボットを見上げながら、惚れ惚れと呟いている。
 傍らには専用武器らしい金ピカの剣が立て掛けてあるけど、両手がドリルとバケットでどう使うんだろう……。
「まあ、俺は仕事があるから、ゆっくり見ていって…………」
 父さんは機嫌良くそこまで言いかけて……
「どうしたんです?」
「そうだ十貴。この子の名前、何てぇの?」
「あ。忘れてた」
 そういえば初期設定で名前決めろってあったっけ。ネット登録が絡んでたから、すっかり忘れてた。
「そんな大事なこと忘れんなこの野郎っ!」
 ボクの頭に神姫の蹴りが飛んだのは、言うまでもなかった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー