メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三話


「バトルフィールドは雪原、ドローンのランクはシルバーに設定してみた。だからといってどんなヤツでもアカツキより強いから気を抜くなよ」
「わかりました、お願いします!」
今回、アカツキが選んだ装備は脚部にアーンヴァルタイプ専用のバーニアを装備し、背中にはいつものリアウィングAAU7。武装は右手にビームライフル、左手にはシールドを装備し、両腕のサブラッチにはスタントンファーを装着している。ライトセーバーはいつも通り両腰のホルスターに収められている。どんな相手が来るかわからない以上、汎用性富んだオーソドックスなものを選ばざるを得ない。
アカツキの目の前に一体の神姫が実体化を始める。
転送されてきたのはハウリンタイプだった。それもフリフリのレースがあしらわれた所謂「魔女ッ子」の衣装で。
「マスター、まさか・・・」
《アットランダムで選ばれたデータにちょっと改変を加えたヤツだ。オリジナルよりずっと攻撃的だぞ》
確かに可愛いのはフリルの付いたスカートぐらいで、上半身に纏った服は各所に装甲が施されており、手にしている武器もネット中継で見た杖に見立てた戦車砲ではなく、両端に刃の付いたハルバードだ。
《そーら来るぞ、正面から右方向より袈裟懸け、回避運動急げ!》
「わかってますよ!!」
ハルバードを掲げてハウリンが突進してくる。間髪入れずに仕掛けられた斬撃をアカツキは紙一重で回避し、シールド裏面のランチャーから散弾を撃って反撃する。神姫の手でつまめるほどの大きさしかないベアリング弾は一発あたりのダメージこそ小さいが至近距離から直撃させればかなりのダメージを与えることができる。
しかし、ハウリンは大して痛いとも思わずに左手のハンドガンを撃ってくる。まぁシュミレーションだから仕方がないか。
「くっ、ネタ要素を排除しただけでここまで強くなるなんて・・・。マスター、やりごたえの有りそうなトレーニングありがとうございます!」
《お褒めいただいてうれしいよ。ただ、ぼやぼやしてると押し込まれるぞ》
「言わずもがなですよ」
再び繰り出されるハウリンの斬撃をシールドで受け止めると、その勢いを利用して体勢を崩す。その一瞬の隙をついてアカツキはビームライフルを撃った。
これは効いたらしく、粒子ビームがハルバードごとハウリンの右前腕部を吹き飛ばす。さらに間髪を入れずにシールドをパージして左腕のスタントンファーで米神を殴りつける。そしてビームライフルを捨てるとトドメと言わんばかりにライトセーバーを抜刀して逆袈裟懸けに斬りつけた。
「もらったぁ!!」
脇腹から肩にかけて切断され、ハウリンはポリゴンの塊となって消滅した。
「お疲れさんアカツキ。よく頑張ったな」
「ふぃー、かなりキツイですね。これでオリジナルより弱いなんて全然信じられませんよ」
「まあ、有名どころの中には勝つより楽しむバトルをしているのも多いからな。とは言え、それで勝っている連中は「ネタを排除したらどうなるか」と言うコンセプトで作って見たんだが、これは予想外だな。今度拓真や由佳里にデータをコピーしてやろうかな」
「ひどいじゃないですかマスター、私をモルモットにするなんて」
「まあ気を悪くするなって。今度六十番の焼きそば買ってきてやるから」
「ホントですか!?」
「嘘と坊主の髪はゆったことは無いぞ」
「でもハッカーは嘘と欺瞞に満ちた世界だって・・・」
「さてと、そろそろ続きを始めるとするかな」
アカツキの一言がグサリと来たので依頼の続きをこなすべく優一はそそくさと部屋へ戻っていった。
「ふぅ気紛れなのは相変わらずだけど、私はそんなマスターのことが好きですよ」
「うん?なんか言ったか?」
「いえ、何でもありません。依頼の方、がんばってくださいね」
アカツキの片思いはいつになったら実ることか、先は長くなりそうだ。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー