メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 雲ひとつなく晴れ渡る青空。何処までも続く草原の中を、若草の香りを帯びた風が飄々と駆け抜ける。
 風に揺られる草木の揺らぎと、木の葉や草の靡く音だけが、本来は生き物のいないこの静寂の世界に動をもたらしている。
 そこは、絶対に人が手の触れることの出来ない、電子の中にのみ存在する世界。
だが、その架空の世界に降立ち、存在し、其処にこそ存在価値の一部、あるいは全てを見出す者たちがいる。
 深緑の緑が支配する世界の中、2つの影がその身を太陽の下に晒している。彼女たちは、華奢な身体にはキラかに不釣合いな、禍々しくも華麗な装備にその身を包み込み、その視線を熱く交差させている。
 彼女たちは待っている。始まりの時、戦いの鐘が鳴り響く刻を……

 主の為、己の為に武装し、戦う彼女たちを、人は『武装神姫』と呼ぶ。


ねここの飼い方・その絆 ~九章~



「フン、また同じトコかいな。代わり映えしないトコで退屈やわぁ」
 以前と戦った時と同じフィールドを見渡し、軽いボヤきを入れる疾風ちゃん。
彼女は今回、寅型の最大の特徴であるリアパーツを背負っておらず、代わりに朱天を担ぎ上げ、寅型と丑型の武装を組み合わせ完成する高速走行用モジュール・ファストオーガに搭乗している。ただ画面で見る限り色々とパーツが追加・変更されていて、かなり独自の改良を施した機体のようだ。
 それからやや離れたところに佇むねここ。
その背中には疾風ちゃんが戻ってくるまでに調整を行った新武装・レッドミラージュを背負っている。
本体である筈のねここ以上のインパクトとボリュームのあるユニットだけど、店長さんの軽量化改造とアイドリングモードのホバー機能のお陰で過重に感じてはいないようだ。ぱっとの見た目は、機体中央上面に装備していた2連装砲をツガルのHEML(ハイパー・エレクトロ・マグネティック・ランチャー)を後ろ向きに折り畳んだ物に換装した分、全体的にややスッキリとした印象になっている。
 先程のボヤキ対しては何も言わない。眼を閉じ呼吸を整え、集中しているようで。
今回は選択してこのフィールドを選んだ。わざわざ言う必要もないとは思うけれど、同じだからこその意味もあるし、ね。

『ねここ、準備はOK?』
 そして私は、何時ものようにねここに問いかける。
「うんっ☆」
 そのつぶらで愛らしい瞳を大きく輝かせ、向日葵のように明るく、それでいてキリリとした笑顔で応えるねここ。
同時にアイドリング状態だったレッドミラージュが本稼動状態に移行し、エンジンが猛獣の雄叫びのような唸りを上げる。
「その音……東杜田やな。うっしゃ、相手にとって不足は無い!」
 その音に呼応して、一気にファストオーガのエンジンを吹かす疾風ちゃん。
それまでは風が全ての音を支配していた空間。其処に突如響き渡る、お互いの戦意を示すような大音響。

『試合・開始』

 ジャッジAIの人工音声が、開始の合図を下す。
「ねここは……逃げないッ!」
「先ずは、仕掛けるッ!」
 スタート合図と全く同じタイミングで、短距離ランナーのような瞬発的ダッシュを掛ける2人。
お互い真っ直ぐに突っ込んだため、一呼吸で接敵。甲高い金属音を響かせながら、一瞬のうちに擦れ違う。
そのままスピードを緩めることなく突き進み、スピードを殺さないように大きな円運動を行いつつ旋回、再び激突する。
 更にスピードを上げ、何度も文字通り火花を散らしながらぶつかり合う、両雄。
丸い円に近かった走行軌道もどんどん楕円のような軌道、更に変則的な8の字軌道へと変化してゆく。擦れ違う瞬間、ねここの研爪と疾風の朱天……互いの必殺の牙が閃光をあげるものの、どちらも装甲に浅い引っかき傷を残す程度で、殆どダメージを与えられてはいない。
「フン、前よりはやるやないか。それでこそ叩き潰し甲斐があるってもんやで!」
「もう、最低なんて言わせないんだからッ」
 ねここは前回以上の猛スピードを出しながらも激突するが、揺らぐ様子は殆どない。
 これは2連装タンデム配置の計4基が装備された炎装殻が過剰なまでの出力と推力を生み出し、モーターユニット“バンチョーmk3”へとチャージングチューブを経由して、ダイレクトにエネルギーが注入される結果、推進ユニットの桁違いの推力に呼応可能な程のタイヤの回転数を維持・運用する事が可能になっているからと言える。
 下半身への爆弾を抱えているねここにとって、最低限の足捌きの動作だけで高速性を発揮できる、非常に有難いシステムとなっている。
『(それにしても……。店長が組み込んだ制御ウェア、ちょっと異常じゃない……?)』
 それはねここに負担を掛ける事のない滑らかな制御。疾風ちゃんが来るまでの間に、多少の磨り合わせをしただけなのにここまで馴染むなんて……ねここの特性と、高機動戦の最適解を知っているかのような動き。
 ほんの補助程度のつもりで組み込んだのに、今のねここの能力以上のモノを引き出しているような気さえするほど。
 その正体はRMの中央上部、HEMLの基部に取り付けられたシロにゃんがその制御ウェアのコアなのだけれど、彼は無言のまま黙々と演算処理を行っているだけで何も語らない……そんな暇もないからだろうけれど。
「…………今や!」
 そんな激しくも、鍔迫り合いが若干単調に近くなりかけた瞬間だった。
疾風は擦れ違った直後に、急激な空中ドリフトを一発で決め、無防備なねここの後姿へと特攻を掛ける。
 気づいたねここもターンを行おうとしたが、振り向きかけた時には既に遅く、朱天を斜め様に構え、今正にねここを一刀両断せんと唸る疾風の姿が目前に迫っていた。
「死ねやぁぁぁぁぁ!!!」
 そして、激突。
金属の塊が真正面からぶつかり合ったような、重く響く衝撃のような音が響く。
「……セーフ、なのッ」
「なっ!?」
 疾風の一撃を受け止めたのは、ねここの鎧ではなく、疾風と同じ、漆黒の重剣。
レッドミラージュの左右に吹流しのように装備されていた筈の朱天が、疾風の朱天を挟み込むようにして、その穂先を広げ受け止め、強烈な必殺の一撃を受け流していた。
「チ、この手にもひっかからんとはなぁ。ホンマに……」
「今度は、ねここの番なのっ!」
 何処か嬉しそうな声と共に、朱天を引き抜いて一旦下がろうとした疾風だったが、今度はねここの方が早かった。
疾風が朱天を引き抜く前に、タイヤとスラスターをフルに使ったターンを行い正対するのみならず、そのスピードとパワーのまま研爪を疾風の朱天に叩きつける!
 メキョリと鈍い音がした瞬間、分厚く重金属で作られた筈の朱天は飴細工の如く捻じ曲がり、次の瞬間、鈍い破砕音と共に真っ二つに折れ砕ける。
 だけど朱天が犠牲になったお陰で、疾風本人はファストオーガをダッシュさせ、零距離状態からの離脱に成功する。
「フ……ふふふ。よくもウチの愛刀を圧し折ってくれはったなぁ。本気、みせたるわ……!」
 リハビリ戦も兼ねていると言う事を完全に忘れ去ってるようで、完全に目の攣りあがった鬼の形相でねここを睨みあげる疾風。

「チェーンジ・カイザー……クロォースッ!」

 疾風のかなり古臭い叫びと同時に、ファストオーガがブロック状にバラバラになっていったかと思うと、今度は疾風の周囲に集い始め、歪なヒトガタを構成し始める。
 やがてそれらが再構成を終え再び合体した時、疾風の姿は異形のメカニックへと変貌を遂げていた。
真鬼王をベースとしながらも、肩に炎装殻を追加搭載し、更に背中から雄々しく突き出す2門のインフェルノキャノンを中核として全身に重火器を搭載したその姿は要塞……いや、一昔前の特機……所謂スーパーロボットを連想させる。
「どうやぁ。これがウチの本気、シンキカイザーやで!!!」
 まるで王者の様に、堂々と仁王立ちで名乗りを上げる疾風。
『ダサ……』
『ダサいですね』
「ダサいの」
 三者の声がピッタリとハモる。
しかも、対戦相手にだけならともかく、自分のマスターにまで……
「ううう……みんなして勝手な事言いくさってぇ。ウチがカッコいいと思うたら正義なんやぁー!」
 最早涙目になりつつ、主砲のインフェルノキャノンを発射する疾風。
「そんな攻撃、当たらないのっ」
 ねここが居た地点を正確に射抜く、荷電粒子の束。
 直撃すれば一撃必殺の威力だが、愚直に狙っただけでは命中する訳もなく、ねここにいとも簡単に回避される。
「まだまだいくでぇッ」
 尚もインフェルノキャノンを連射する疾風。
 ねここはそれをローラーダッシュの回転数とスラスターの変則噴射によって、まるで演舞のように回避してゆく。
『(そんな甘い攻撃をするものなのかしら……でも)』
 疑問と不安を持ちつつも、飛び込んでみなければ解らない事もある。
『ねここ、ブレード展開ッ』
「りょーかいなのー☆」
 先程疾風の朱天を受け止めた後、再び吹流し状に戻っていた自らの朱天が、漆黒の翼のように左右に羽ばたく。
「ブースト展開っ!」
 そのまま最大ブーストで一気に肉薄を掛けるねここ。
「掛かった!!!」
 カウンターとばかりに、インフェルノキャノンを最大出力で発射する疾風。ただし、迫り来るねここに対してではなく、その左右の空間に向かって。ねここは、自身に直接向けられた攻撃でなかった事が災いし、一瞬判断が遅れる。
「カイザァーバァースト!」
 次の瞬間、疾風は全身に装備された火器を一斉に、しかも真正面にのみ向かって乱射!
両サイドを荷電粒子の破壊の壁に挟まれ、逃げ場のないねここに向かい、砲撃が吸い込まれるように集約してゆく。
「くっ!? ・・・とぅうにゃあぁぁぁァァァァァァァァ!?!?!?!」
 命中の瞬間、突然高速スピンを始めるねここ。しかもご丁寧に搭載火砲の全てが乱射を始める。
命中しようとした弾は高速回転する朱天に切り刻まれ、ねここのノーコンな弾に撃ち落され、またスラスターの高熱と推力に耐え切れず本体に到達することなく爆発してゆく。
 無理矢理に回避運動を行おうとした瞬間、焦りが伝達ミスを生んだのか、何故かスラスターとローラーダッシュが共に制御不能状態に陥り、結果的にバレリーナ以上の高速スピン運動を生み出した。しかも最高速で突進していたため、慣性と惰性のまま疾風へ向かって突進していく形となった。
「チョッ!?」
 そのまま見事に大激突。
破砕音と共に右のインフェルノキャノンの砲身がバッサリと切断され、小火器の幾つかも削り取られてしまう。
『相変わらずご都合主義な動きするわね。笑っちゃうわよ』
 ちょっと既に声が笑ってるかもしれないけれど、気にしない。
「うにぁ~……勝手になっちゃっただけなのぉ」
 まだ眼を回してフラフラしているねここ。
 それにしても、絶体絶命の状況であんな無茶な技を繰り出す強運さは、素直に凄いと思う。
『まぁ、運も実力のうちってね。さぁいくよっ』
「はぅぅ、おっけ~……なのっ!」
 素早く体勢を整え、追撃に入るねここ。脚の不調はレッドミラージュの働きで十二分に補えているようだ。
 両腕の研爪の斬撃に加え、レッドミラージュ本体に装備された朱天を器用に制御し、阿修羅観音の如く華麗な4刀流の連続攻撃を繰り出す。4対2では分が流石に悪く、打ち合いから徐々に防戦一方に追い込まれてゆく疾風。
「コイツ、脚動かへん癖に、なんて動きしはるんやっ。だがっ!」
 両腕をクロスさせ、バリア・フィールドを前面に最大出力で展開する。ねここの鋭い一撃も、圧倒的な出力に支えられたバリアの前ではその障壁を突破できず、その爪を跳ね返されてしまう。
「(冷静になるんや疾風……。
 そう、装備さえなけりゃ今のコイツは只の雑魚や。
 それに……あんな動き、短期間で完全に制御可能になるわけあらへん。なら絶対……)」
 防御を固めつつ、ねここの動きを見極めんと、その視線と各種センサーをねここに集中する疾風。
「……制御コアは……。みっけぇ!!!」
 ニヤリと禍々しい笑みを浮かべると同時に、背中に装着されたロケットランチャーを上空へ向け全弾発射する。
「緊急回避なのぉ!……えっ!?」
 回避の為に一瞬攻撃の手を緩めたねここ。左右から繰り出していた朱天を引っ込めようとした瞬間、それを逆にガッチリと掴む疾風。
「残念やったなぁ。此処でウチと一緒にシャワーを浴びて貰うでぇ!」
 疾風が言うが早いか、上空に打ち上げられたロケット弾はそこで炸裂し、それこそ豪雨のように無数の弾頭を地上へと降り注がせる。
「……尤も、この程度の攻撃ウチ自慢のバリアの前にゃ、蚊に刺されたほども痛くもないけどなッ」
 疾風の高笑いが響く中、地獄の豪雨の中へ巻き込まれる2人。周囲の草木も全て尽く強烈な爆炎と爆風によって蹂躙されてゆく。


「ケホっ。な、なんとか……なの」
 濛々と立ち込める煙から、スラスターを吹かしたねここが飛び出してくる。
全体的にダメージを負ってはいるが、重装甲のお陰で致命傷は受けていないようだ。
 ……そのはず、だった。
「へぶっ!?」
跳躍の後、ゆるやかに着地しようとしたねここはそのまま脚から崩れ落ちるように無残な着地をしてしまう。
「……どや、やっぱそこに間抜けに乗っかっとったドマンジュウがビンゴやろ」
 そして煙の中、勝利を確信したかのような疾風の声が響く。
「……え。あっ!」
 その言葉と、今の不自然な着地でねここが何か違和感に気づいたのか、頭だけで後ろを振り向く。
 そこには、榴弾の直撃を食らったらしい、白いボディに痛々しい傷が刻まれた、シロにゃんの姿が……
「夢の時間は終わりのようやな。次はずっとウチのターン!もぅ逃がさしまへんでッ」
 砲を失っても尚、強大な戦闘力を残した疾風ちゃんが、ゆっくりとした歩みでねここに迫る。

「ねここは……もぅ……」

 ぐっと疾風を見つめ、ねここは……





Web拍手!






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー