メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

相も変わらず無機質なバトルステージ。
その中央にて対峙するスィーマァとゲイト。

「苦手な機械腕での戦闘を捨てる…。さすがスィーマァ、単純だけどいいとこに気づいたね」
「全てある人から教えてもらったんですけどね…」
向こうはリボルバー・グレネードランチャーを主兵装とし、後は見た目に変化はない。
「でもハンドガン一丁はちと極端だと思うよ? ボクは」
「…まあ、見ててくださいな」

相手より早く床を蹴りあげる。
左の機械腕がこちらを見据える。

閃光。
スィーマァが飛びあがった直後、細々とした三つの光線がフィールドを焼く。
構造物を蹴り、さらに高みへと飛ぶ。
機械腕が振り回されると光線も共に剣として振るわれる。

「っと、やっぱりレーザーを仕込んでたのね…ってわわっ!?」
左を止め今度は右。
止むことのないレーザー光線をひらりくらりと避けつつ、防護壁から飛び降りる。
『ゲイト、防護壁ごと吹っ飛ばせ。相手は遠距離からの攻撃手段を持たない』
「はいはい、…真剣勝負なんだからちょっと黙っててよ」

グレネードの制圧能力は高い。
防護壁が一度にまとめて四つは吹き飛ぶ。
スィーマァは爆撃の間を縫い、ステージの端から端へと走ってゆく。
「どういうつもりかな? グレネードを切らしたってレーザーがあるのに、…何を考えているのかなぁ?」

考えつつも攻撃の手を緩めない。
聞くのは後でも構わない。


……


数分後。
防護壁はすでに瓦礫の山と化し床を覆っている。
ゲイトの傍らには撃ち尽くしたグレネードランチャーが転がっている。
「何でずっと逃げ回ってたのさ?」
スィーマァを前にして聞く。
「もちろん無計画な訳ないですよ? …ではいきましょうか」

左手に持った筒の先端―スイッチ―を押す。
「一瞬で決める自信がありますよ?」

ガスが漏れる音と共に、濃い霧が立ち込めてきた。
「水蒸気!? …という事は…」
呟いた時、すでに視界はなくなっていた。冗談抜きで何も見えない。
「レーザーを封じる為か」
スィーマァが走り回った理由、それはこの舞台を作るための準備のため。

一つ、二つと固いものが床に転がる音が響く。
『直感を信じろ、どれかが実際の足音だ』
三つ…四つ。

むしろ直観で判断し、間違えたのは吹雪の方だった。


ボァン!!



音が聞こえた方向四か所が爆発した。
手榴弾でも使ったのだろうか。
「マスターのドジ!! 何判断ミスしてんの!!」
『それより前か後ろだ!! 警戒しろ!!』
言われて後ろを振り返る。


スッと、銃口がゲイトのあごを押さえた。
「そこで前を見ないで後ろを向くあたり、やっぱりゲイトですね」
指は引金に掛っている。
「サバーカは身長を高め索敵範囲広める反面、懐に飛び込まれると対処がしづらいという欠点があります。…勿論、動かないでくださいよ?」
チーグルだろうが自らの腕であろうが、動かしたら確実に撃たれる。
機械腕は独特の駆動音がする故、それをよく聞く者には一発で分かる。
「降伏、してくれますね?」

「……ふう、ちょっと調子に乗りすぎたかなぁ?」
どちらの手にも持ったブレードを落とし、両手を挙げる。


[降伏の意思確認、勝者 スィーマァ]






「…ふぅ、やられた」
若干呆れた表情で言いだした。
淡白な反応が吹雪らしい。
「…くぅ、へし折るのに失敗した…」

「ますたー…」
リフトで上がって来たスィーマァ、目を輝かせている。
「…うん、おめでとう」

頭を指でなでなで。
目を細めて嬉しがる様子は、さながらHMX-12のようなの。
ああ、この小動物的かわいさがスィーマァの魅力なの……。

「…ふん、よくやったな」
ムッツリした表情で言われても嬉しくない、…でもこれが吹雪だから許す事にしよう。

さて、どうするかなぁ?
「スィーマァ、今後もバトルする?」
「勿論、これからも続けたいと思います」
即答しちゃったよ。
どうやら自信がついたみたいね。

「それじゃ、この次もがんばろーっ!!」
「おーっ!!」


そんなこんなの、一月末だった。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー