メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『セルノとぼくの初対面』



「…あいからず重い」
四階建て団地の階段をのぼりつつ、ぼくは呟いた。
2036年にもなって未だに階段しかない設計はどうかしていると思う。
それに、今背負ってるデイバックに入ってるものが重すぎるのだ。

武装神姫を買ったのは初めてではない。
現に今、家の中で猫がグースカ寝ていることだろう。
今回は二人目、新発売の子をお迎えしたわけだ。
しかし本体+クレイドルは非常に重い、こんなに重いものなのか?
「重心が後ろに偏ってるんだから、転んでもおかしくないよなぁ」

つるっ


「あ」
きのう降った雨のせいで階段が滑りやすくなっていた。
で、足を滑らしたわけだ。
いくらなんでも、話題をだした途端に起こらなくても…
とか考えてたら、床に叩きつけられた。

だけど、パンパンになっていたデイバックのおかげで頭をぶつけずに済んだ。
すごく鈍い音がしたけど大丈夫かなぁ…。
「ぅぎゃう~ぅっ」
なんかうめき声が聞こえるので、その場でバッグを開けた。
クレイドルは無事だが、本体の箱がつぶれている。
中身を取り出すと小さな手がビクビクふるえながら伸びてきた。
「大丈夫かい?」
這い出てきた小さな少女は青い目でぼくを見据える、目に涙をうかべながら。
「い、痛かったです…」
彼女は"ゼルノグラード"、Arms in Pocket社の新商品だ。
「ごめんごめん。でも助かったよ、きみの箱のおかげで頭を打たなくてすんだからね」
「自分より箱ですか…orz」「そういうわけじゃないって!」
その後彼女をなだめるのに、ぼくは数時間を費やしてしまうのだった。

こうして、ぼくとゼルノは出会った。


著者:第七スレの6





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー