メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

華やかなクリスマスパーティの日から降り始めた雪は、見事な雪景色を作り上げた。
前に雪が積もったのはおととしだったからなぁ…
「いつ見ても雪の風景はきれいだね」
ヒカル、この路面状況では自転車に乗れない事にいい加減気付いてくれ。
だから今僕は歩いている、右ポケットにはヒカルが入っている。
余談ながら、ジーナスは留守番だ。バイクに乗れないとだめらしい。


~・~・~・~・~・~・~


「形人、遅いぞ」
夏場じゃいつも遅刻するお前に言われたくない。
すました顔で良く言うよこいつは
「んー…、人がすごいなぁ」
MMS関連店は賑わいをみせている。
大みそか一斉処分だそうだ。
…ふと、財布の中を見る。僕はあまり使わないからな。
「よし」
「ん? 新しい子買うのか?」
「いや、結構前に約束したものを買えたら買っとく」
いつもより安くなっているのなら、この際買ってしまうのもいいだろう。


……


「とは言ったものの…」
「ほとんど残ってないね…」
年末大バーゲンの力はすごいな、赤い壁(紅緒の事だ)すら跡形もない。
「俺先行ってるぞ」
風間はさっさと行ってしまった。


「"翼"…欲しかったのになぁ」
「しゃーないだろ、人気商品なんだから。ていうかお前飛べるだろ」
ヒカルが欲しがってるのは"白銀の翼"と言うリアパーツ。
機動性が高いが速度もそれりに出るし、従来の翼にはないハードポイントも備えてるすぐれものだ。


「…あ、形人」
「どうした?」
指差したショーウインドウには回転式拳銃、しかもごついの。
シルバーストライプの装飾がなされており、どことなく某Rロボ一号が使いそうなデザインだ。
「あれが欲しい」
「ふぅん、あれでいいのか? ジーナスに盗られてもしらんぞ?」
「大丈夫だって、ジーナスは犯罪なんかしないから」


商品棚には置いてなかったが、そのあと長瀬さんが通りかかった事であっさり手に入れることができた。
これでいいんだな?、ヒカル。


……リアル用弾薬とか含めてかなり高かったけどな、すげぇなアレ。



~・~・~・~・~・~・~



さて皆さんお待ちかね、ヒカルの数少ない対戦風景と初のグレースの見せ場と行こうか。


徹甲焼夷弾を装填したミニガンを二秒・二秒(二秒発射して二秒間をおく、銃身冷却の意図だ)で発射するグレース。
対するヒカルはいつもの服にさっき買った銃をぶら下げている。
ちなみにフィリア・リスティックは今回抜きだ。

「それっ!!」
一旦壁に隠れ撃ち返すと、グレースは迷わずミニガンを放棄しハグダント・アーミーブレード二刀持ちで弾丸を打ち落とす。
すぐさまジャンプしたのに対し、ヒカルはすかさず


「オンミョウダンをくらえ~っ!!」


ああ……、それは色々と違うぞヒカル。

「うおっまぶしっ!」


ていうか光一よ何故お前が居る?
「条件反射だよ」

「「あ」」
気づいたら火達磨になってるグレースの姿がモニターに映っていた。どうやらドラム缶に突っ込んだらしい。


[Win 輝]



「おい形人、俺はセリフすらねぇのか?」
「気にしたら負けだっつの」



~・~・~・~・~・~・~



んで、いつものごとくメンテナンスショップに来たのだが…。

「ん、その子って長瀬さんの?」
カウンターにちょこんと立っている見たことのない神姫、というかMMS?
「……グラーチュだ、よろしく」
これまた不思議な雰囲気を持っている、なんで長瀬さんの神姫はいつもこんなのだろうか?


「それよりヒカル、フィリア・リスティックの調子はどうだい?」
無視してヒカルに聞き始めた、主人公をないがしろにするなこの国崎め、ラーメンセットでも食ってろ。


「絶好調! …でも夢と違ってそんなに威力がないかな…?」
「まあそこは妥協すべきところだな。……しかしそれを格安で入手できたのは正に奇跡と言うべきだな」
そんなに高いのか、これって。

「主素材の形状記憶超合金は形態が多ければ多いほどコストがかかるからなぁ……」
あ、この先は聞きたくないです。壊れた時が怖いから。







『今年も残すところ5分を切りました』
適当にチャンネルを変え、そんな言葉を聞く。
お母さんは久しぶりに帰って来たお父さんと秘め事の真っ最中(ジーナス曰く、年越しS○Xかよ)なので、年越しそばは自分で作っている。

できたぞ、二人とも」
自分用のどんぶりと、二人用の小どんぶりを置く。
「年越しそばって…普通のかけそばと変わらないね」
「そんなもんさ、家によって違うだろうけどね」


……思えば、ヒカルと出会ったのは半年前になるのか。
あれから知り合った人達―氷男先輩や光一など―はいろいろ変わった事があったらしいが、僕たちは変わらない。
勝ちもすれば大敗することだってある、まれに喧嘩する事すらある。本当にまれであるが。


でも、それは日常。
僕とヒカルは変わらない日常を過ごしていた。
「隊長、ボクは?」
「お前は別。いろいろきな臭いハナシに首を突っ込んでるみたいだからな」


ここでひとつ二人に聞いてみた。
「お前らはバトル少な目な今が楽しいか?」

だって仮にも"武装"神姫な訳だし、個体差によっては闘争本能は人間に比べて非常に高い者もいる。
バトル派ユーザーが全体的には半数近くを占めているのも知っている。


「わたしは今のままでいい。だってネボスケだもん」
それは理由になってない。
それに最近のお前は目覚ましいほどじゃないか色々と。

「ボクもツーリングしてる方が楽しいし、日々の鍛練は欠かしませんが極力力は振るいません」
嘘つけ、『瞬時の判断が生死を分ける』とか言ってすぐ銃を抜く癖に。
まあこれがコイツラの個性でもある訳だけどな。



『……年! 明けましておめでとうございます!!』


とか話してたら年を超してしまった。
年越しそばが年初めそばになっちまったぜ。
「おめでとう! 形人!」
麺を銜えながら新年の挨拶をするヒカル、行儀が悪いぞ。


さて…まずは正月の定番(?)、ゴジラ映画でも見るか。
チョイスは記念すべき一作目、やっぱいいよな一作目。



ぴんぽーん


チャイムが鳴った。
このタイミングでやってくる奴はただ一人。

ガチャ
「形人! あけおめ~」「お姉さま~、今年もよろしく」
やっぱり一深か。
「さっ! 初詣にいこう!」
「待て待て、着替えるのを待て」



……



ふーむ…星がきれいだな。
「冬より夏の方が見えやすいんだっけ?」
「ああ、温度差による屈折がないからな」

ふと、一深が腕に抱きついてくる。
ホントにお前は羞恥心のないやつだな。
「いいじゃないの、年初めくらいは…」
「……まぁいいさ、僕が恥ずかしいが我慢する」

「熱いねぇ、バカップル」
「うるせぇよ」


…平穏な時間は、同じく平穏な時間によって塗り替えられた。
それは僕が思う日常、大事もない平和な生活。


さあヒカル、どっかの神様に何を願おうか?
僕はもう決まったぞ。










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー