メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「露草流音」


 あの日夢絃や刹奈と偶然再会したから、アタシ達は特に約束したわけでもないのにあの公園で会うようになった。
 ちなみにあの不思議な体験は、あの時だけのものだったらしい。あの後いくら試しても、同じことは二度と起こらなかった。
 アタシは当然毎日公園に顔を出しているワケではないし、夢絃たちも毎日公園にやって来るワケでもない。
 それでも特に理由も無くアタシは公園に来ていたし、そしてそんなアタシは彼等とよく遭遇した。
 ……特に理由も無く、というのは嘘だけど。
 そう。少なくともこの街に来た本来の理由を忘れるくらいには、彼等が来るのを持ち望んでいた。
 正直に、はっきり言ってしまえば、彼等に会えなかった日は自分でも驚くくらいに落ち込むほどだった。
 つまりどう言う事かといえば、それ位には、夢絃に惹かれ始めていた。
 ……だからあんなにショックだったんだろう。彼女を見た、その時は。



「いよぉーう」
 今日はアタシの方が先に公園に来ていて、もしかしたら今日も彼等に会えないかなぁ? と考えていた矢先だったから、すでに聞きなれた感のあるその可憐な声を聴いた瞬間にアタシのテンションは跳ね上がった。
「お、居たか」
 相変わらず素っ気無いその口調も、待ちわびていたモノだった。
 だから、その声の主の隣にアタシと同じくらいの年の女の人の姿を確認したその瞬間の、感情の落差って言ったら、それはもう酷いものだったと思う。
「あ……れぇ? もしかしてアタシ……おっ邪魔かなあ?」
 それでもおどけた調子を保てたアタシは偉いと思う。
「へ? なんで?」
「あぁ? なに言ってんだよ?」
 ほぼ同じに発せられた、口調と声がお互い逆なんじゃないかと思うようなその言葉。
 ……つまり先が夢絃で後が刹奈の言葉なんだけど。
「えぇー? だって、彼女さんでしょ? 夢絃も隅に置けないねー?」
 テンション最悪のまま、それでも明るい調子で、からかうように。
 でも、そんなアタシの心の内に全く気付いた様子も無いまま、三人――正確には二人と一体――は、顔を見合わせる。
 そして次の瞬間、三者三様に吹き出した。
「くはははは! 俺がコイツと……ぷぷっ」
「危ない……それじゃアブナイってば! あっはっはっはっ!」
「くくく」
 ……あのー、話が見えないんだけどー。
 呆然としているアタシを置いてけぼりにしたまま、三人は笑い続ける。
「朔良、おまえ、この二人よく見てみろよー くっくっく」
 刹奈に言われて、未だ笑い続ける失礼な男と、遠慮がちにそれでも笑いをこらえ切れていない女の子を見比べてみる。
 夢絃の二重の瞼。彼女の同じく二重の瞼。笑う事で同じように細められた目。厚ぼったくなく、かといって薄くも無い唇。
 ……あれ? なんとなくだけど、似てる?
 さすがに男と女でまるっきりそっくりとは思わないけど、なんて言うか顔の造詣というかパーツというか、他人というにはあまりにも似すぎていた。
「あのー……もしかして……?」
「兄妹。どう見ても、血のつながりを感じる顔だろー?」
 刹奈のその言葉にアタシは力が抜けてしまい、恥ずかしさで顔を真っ赤に染めたまま地面に座り込んでしまった。



「あーもうっ。ホント、恥ずかしい」
 未だ頬を羞恥心で赤く染めているまま、アタシは妹さんに頭を下げて謝る。
「いいよいいよ。でも、いつも兄とそっくりだって言われてたから、そういう風に間違われた事なくて。……いきなり笑ったりして、こっちこそごめんなさい」
 あー、なんか妹さん、いい娘さんだよー。
「今日はたまたま、妹に会えたから。なんとなくここに来てみた」
 ようやく笑い終えた夢絃は、少し平坦な口調で言う。
「……カッコつけてるなー」
 小さく、アタシだけに聞こえるように刹奈が言う。
 なるほど。確かにそんな感じ。
「一応紹介しとくな。こいつは流音。苗字は俺と違って露草っていうんだけど、れっきとした俺の妹」
 とそこまで言うと、思い出したようにまた笑い出す。
 そんな夢絃を軽く睨むアタシに、彼女は少し気取った風な仕草で。
「ご紹介に預かりました露草流音(つゆくさ・るね)です。お見知りおきを……なんてね」
 そう言った流音の瞳には悪戯めいた光が見え隠れする。
 あー…… なんだか色々バレたようなそうでもないような……
「――よ――がって――――り――てさ」
「え?」
 なんだかすぐ側で刹奈がなんか言ったんだけど、聞き取れなかった。
 アタシが刹奈に気を取られて、ぼーっとしているのを見計らってか、夢絃は流音にアタシの事を紹介した。
「あ、えっと、朔良・イゴールっていいます。こちらこそよろしく」
 なんかすごく緊張してるよ。アタシ。
「そんなに頻繁に会う機会も無いんだろうけど、よろしくね」
 そう言って流音はにっこりと上品な笑みを浮かべた。
 だけどその目には何か暗い、寂しいような揺らめきが感じられ、て? なんだか違和感を感じた。
 しかしその違和感も気のせいだったかと思えるくらいにふっと彼女の瞳から消えてしまって。
 そしてそんな引っ掛かりを感じたアタシに気が付かないまま、流音は夢絃に向きなおす。
 軽く首を傾げてしまったアタシの視界に、面白くなさそうな表情の刹奈が入った……気がした。



 結局その日は四人で他愛も無いおしゃべりばかりして解散となったんだけど、刹奈の態度はいつもと変わらないようだった。
 だからという訳でもないんだろうけど、結局アタシはあの日まで、流音に向けていた刹奈の表情が意味していたものに気が付く事は無かったのだった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー