メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この話には、神姫破壊描写があります。
そのような描写が苦手な方は、読まないことをお薦めします。

「落ち着け…落ち着くんだ。
相手はストラーフだぞ…落ち着けば、私の剣の錆にするくらい…」
廃墟と化した都市の中、荒い息を吐きながらそう言うのは騎士型MMSサイフォスである。
相手は、悪魔型MMSストラーフ。
純正装備のただのストラーフ…というわけではなかった。
GA4チーグルアームパーツには、グレネードライフル…
リアユニットには高性能ブースターとリニアカノン。
見るからに普通ではない…ふと彼女の脳裏に“あること”が浮かぶ。
『レイヴン』
ジャーナルから警告されている要注意神姫の内の1体。
イリーガルとは違う民間の神姫である。
「どうして…逃げるの?苦しいだけなのに…楽になればいいのに」
そのレイヴンが口を開く。
「黙れ!私は、お前のようなバケモノに倒されるほど愚かではない!」
怒鳴るサイフォス。
「バケモノ…あなたもそう呼ぶんだね、私のことを」
「黙れと…言っている!!」
サイフォスは長剣コルヌを両手で持つと、叫びながらレイヴンに向かって振り下ろす。
が、そこにレイヴンは居なかった。
「…ッ!避けられた!?」
「私だって、好きでこんなことをしているんじゃないのに。それなのに…!」
と、背後に気配。
(いつの間に!?)
気付いたときにはもう遅く、GA4チーグルアームパーツで頭を鷲掴みにされてしまう。
「貴女はどうして戦うの?」
「貴様こそ何故戦う!?何故、こんな残酷な真似を…!」
寂しげに語るレイヴンと苦しげだが怒鳴るサイフォス。
「…マスターの命令だから」
「いくら主人の命令とて…貴様には良心がないのか?意思というものがないのか!?」
「良心?意思なんてものは私の中にはない」
「なん、だと?では、貴様の言っていることは何なんだ!?」
「作り物。紛い物」
「……」
淡々と答えるレイヴンに対し、サイフォス自身何も言えなくなってしまった。
彼女の心には絶望感と悲壮感が同時に襲っていた。
「それが貴女の答えなら…もういい」
カチャ…
腕部に取り付けられたグレネードライフルが、サイフォスへと向けられる。
サイフォスを見るレイヴンの目は…悲しみと憎しみが混在していた。
そして、「さようなら」という言葉と共に、キャヴァリエアルミュールが爆音と共に砕かれていく。
ドゴッ!…ドゴッ!…ドゴッ!
脚部、腕部、と次々に破壊されていく。
神姫の命ともいえる、CSCにもヒビが入る。
薄れゆく視界、意識の中でサイフォスは最後の力を振り絞り、
「血に…飢えた…カラ…ス…め…」
と言うと、ピクリとも動かなくなった。
「褒め言葉として受け取っておくわ」
レイヴンは薄く笑うと、フィールドを後にした。


一方その頃、そんなことが起こっていたことも知らない私は始業式に出ていた。
「ふわぁ…しかし、凄いわね。24時間、あの子を見ていたなんて」
あくびをしながら、私はそんなことを呟いていた。
「そんなことを自画自賛するものでもないだろうが」
横からそう声を掛けてきたのは、私の親友兼クラスメイトの姫宮若菜。
傍から見るとすっごく美人で容姿も抜群なんだけど、それとは裏腹に男っぽい。
故に、近付き難い印象が出ていて、女子は私以外ほとんど寄り付かない。
「で。その香鈴…だったか。そんなに見とれるほど可愛いものなのか?」
「ん~、そりゃあ超が付くほどに♪」
「…そ、そうか(汗」
若菜は私の惚けた顔に引きつつ、適当にあしらう。
そんな他愛もない会話をしている内に、始業式が終了した。


終わった瞬間、携帯に電話が入った。
ん…誰からだろ?
液晶画面に表示されていたのは、春姫の名前。
私は非常用などに自分の神姫たちに対して、連絡できるように自作の神姫用通信端末を渡している。
何度かどうでもいいことで掛かってくることがあった。
だけど、今回はどうも違うらしい。
「はい、もしもし。どったの、春姫」
『マスター!早く帰ってきてくださいよぉ!香鈴と彩里が…喧嘩して困ってるんですぅ!』
あー…何が原因か、何となーく分かる様な気がするけど…
「念のために聞いとくけど、何が原因?」
『彩里が香鈴にちょっかいを出して…!
香鈴シャンや何て出しちゃ駄目!彩里も久し振りだからって月光は駄目~!』
想像してたのと…逆だったか。
それは思いつかなかったよ、うん。
ってか、私の部屋を破壊する気か!?
「春姫、緊急事態だから“アレ”の使用を許可。何が何でも止めなさい。私も今すぐ帰るから」
『レーザーライフルの使用ですね!了解です!お気をつけて帰ってきて下さいね』
プツ…ツー…ツー…ツー…ピッ。
私は携帯の電源を切ると、ふぅ…と溜め息をついた。
マジ?




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー