メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……3Sが斬る、なし崩しに始まり」
「今回は某企画に便乗して、ブレザーバージョンでお送りします」
「さすがにこのような服装は、気恥ずかしいですねワン」
「こういう時に言うべき台詞は二つに一つ」
「ほう?」
「と言いますとワン?」
「『七五三みたい』か、『どこのふーぞく?』」
「……どちらに該当すると言いたいのでしょうか?」
「言わぬが花」
「テッコさん、あとでじっくり話し合いましょうかワン」
「ええ、私も同席させていただきます。
 それはそれとしまして、ですね。
 それでせっかくの学校シチュエーションです、なにか学校っぽい事をやってみましょう」
「それはよいお考えですワン」
「(ぱちぱち)」
「それで、学校らしい事といいますとワン? 恥ずかしながら私は、既に社会人であるマスターの元に迎えられたため、学校と言う環境にはとんと馴染みがありませんでしてワン」
「そこはそれ、現役学生マスターをもつ私たちにお任せあれ」
「(えっへん)」
「おおー、頼もしい限りですワン。それで、具体的にはワン?」
「学校らしい事……不良のいじめ?」
「ああ、そうですね。そしてその不良も、教師側から煙たがれて事あるごとに退学させようと目論まれているという悪意の連鎖など定番ですね」
「そこから学級崩壊」
「そのまえに、登校拒否も忘れてはいけません」
「……うっかり」
「いえあの、学校と言う環境はもう少し穏便な場所ではないかと思いますがワン……」
「むむ?」
「ですが、マスターが学校に行ってる間に、私が暇潰しで見る学園ドラマなどは、多かれ少なかれこのような筋のものばかりですが?」
「(うんうん)」
「つまりあなた方も、学校の実情にはそれほど詳しくないとワン」
「なんでバレたのですか!」
「びっくり」
「……いえ、まぁ、その件は置いておくとしましてワン……
 そうですね、無難なところで授業のマネなどをやってみましょうかワン」
「無難ですね、無難すぎます。なにかこう、ぐっと来るものがないと取り残されますよ」
「若者には無茶が必要」
「そこは素直に頷いておいてください、話が進みませんからワン……」
「ち、仕方ありませんね」
「一つ貸し」
「恩を押し付けられましたワン?!
 気を取り直して……そうですね、国語でもしてみてはいかがでしょうワン」
「国語、ですか?」
「ええ、以前『秋物に凝ってナマズの服』などという、ひどい慣用表現を使った方もいますことですしワン」
「ナニソレ犬丸? 『羹に懲りて膾を吹く』の積もり? ありえない。ひどすぎ。ひょっとしてギャグ?」
「……今私は、非常に理不尽な気持ちを味わっていますワン」
「まぁまぁ。それじゃあ一つテキトーに、研究発表チックに慣用句についてでも語って見ましょうか」
「(こっくり)」
「ではそういうことでワン」
「言いだしっぺと言うことで、まずは私からいきましょう。そうですね……
『情けは人のためならず』について」
「「(ぱちぱち)」」
「この慣用表現は、『安易に情けをかけると、その人のためにならない』と言う意味……
 と、勘違いされることが多いですね」
「(うんうん)」
「おおー、お見事ですワン。まさにそのとおりですワン」
「ポイントは、『自分に返って来る』ということ。この要素を加味すれば、答えはおのずと見えてきます」
「隙の無い論理展開ですワン」
「やる……!」
「すなわち! この慣用表現の真の意味は、『反撃を受けないために、止めは刺せる時に容赦なく刺せ、それこそが慈悲』だと!」
「我々武装神姫には、必要な心構えですねワン」
「(うんうん)」
「スナイパーである私にとっては、特に重要な事です」
「お見事ですサラ(仮)さん」
「お疲れ」
「さて、では次は誰が行きますか?」
「(挙手)」
「おお、テッコさんが積極的ですワン」
「これは期待できそうですね」
「……『船頭多くして船山に登る』……」
「ほほう、それで来ましたかワン」
「それで、その心は?」
「『皆で力を合わせれば、一見不可能な事だって実現できる!』(握り拳)」
「うんうん、よい言葉です」
「もとより我ら武装神姫、マスターとの二人三脚が大前提ですワン」
「協力、とても大事」
「まさか、この殺伐が持ち味のこのコーナーで、こんな感慨深い言葉を聞けるとは」
「やりますねテッコさん」
「(えっへん)……最後、犬丸」
「承りましたワン。見事取りを務めてご覧に入れましょうワン。
 では、私は……『死中に活を求める』について語らせていただきますワン」
「期待していますよ」
「がんばれ」
「ありがとうございますワン。
 それで『死中に活を求める』はですね……かつてとあるスポーツ選手が試合前にトンカツとシチューを食べるのが定番だったのですが、ある日時間がなかった時に、店主に頼んでカツをシチューに入れてもって来て貰ったのですワン。
 それを見た店主は、煮込み料理と揚げ物を組み合わせる着想を得て、そこから大ヒット商品……いえ今では定番と言うべきカツカレーを生み出したという故事に基づく、窮地においても最後まで諦めない事でそこから逆にチャンスを得ることを言います」
「最後まで諦めない事、これもまた我々には重要な事ですね」
「昔の偉い人は言った……『諦めたら、そこで試合終了だよ』」
「ご清聴ありがとうございましたワン、お粗末さまでしたワン」
「お疲れ」
「なんだか今回の3Sは、きれいにまとまりましたね」
「たまにはこういうことがあってもよろしいかとワン」
「(うんうん)」
(和やかな笑い声が満ち、それが徐々にフェードアウトしていく)




「……えーと」
「……うーん」
「ええと……これ、ツッコんだら負けとか、そういうゲーム?」
「そう、なのかもしれませんねぇ、もしかしたら……?」
「『情けは人のためならず』は、『誰かに優しくした事は、巡り巡って自分に返ってくる』という意味だね。
『船頭多くして船山に登る』は、『皆があれこれ口出しして、事態がとんでもない方向に行ってしまう』こと。
『死中に活を求める』は意味としては合ってるけど、説明されてる成立エピソードは、普通にカツカレーの起源として有力視されてる説だね。もっともそれでは、シチューじゃなくて普通にカレーとカツの注文だけど」
「ツッコミいったー!」
「しかも詳細に!」
「え? なに? 何かまずかったかな?」
「いえ、その、まずいというわけでもないんですが……」
「朴念仁て、時としてものすごく強いわねぇ……」
「ええ……」
「?」







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー