メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 夢を見る。いや、記憶メモリーに焼き付いて消せない昔の出来事を見る。と言った方がいいだろう。
 天使型、悪魔型、犬型、猫型、兎型、騎士型、武士型、サンタ型、種型、花型、砲台型、セイレーン型、マーメイド型、イルカ型。
 それらが金属でできた高い塀のフィールドにそれぞれ一体づつ。いや、セイレーン型だけは二体いた。
「ここどこかわかりますか?」
 天使型が訪ねてくるが、セイレーン型二人も知っているわけがない。
「姉さん、わかりますか?」
「……いや、わからん」
 紅い髪のセイレーン型が金髪のセイレーン型の事を姉さんと言ったと言う事は二人は姉妹なのだろう。
「姉さん、私はあっちで皆さんとしゃべってきます」
「……ああ、私はここで待っている」
 そう言うと姉の方は上を見上げて言った。言葉どうり何かを待っているようだった。
「君等はこの場所をどう思う?」
 騎士型が私を含め武士型、天使型、悪魔型、犬型、サンタ型に訪ねた。
「少なくとも、まともな場所でない」と武士型。
「どっかの研究施設の実験室。とかでしょうか」と犬型。
「以下同文で~す」と天使型とサンタ型。
「ん~、マスターが私達を閉じ込めたとか」と悪魔型。
 最後は私、皆の視線が私を捉える。
「私は――」



                     トバトベ




「―――朝、か」
 小さな少女は起動タイマーにて起床し辺りを確認。異常がないか確認する。
「異常無し。おはよう、ニッケ」「にゃー」
 床で丸まっている黒猫、ニッケに朝の挨拶を済ませ首輪辺りに飛び乗る。
「ニッケ、GO!」「にゃにゃー!」
 一兎の寝ている布団へとダイブ。
「ごふっ!!」 見事に腹に当たったようだ一兎起床任務完了。
「お、おはよ。ルティ……ニッケ……」
 歪な足取りで階段を降りていき母様に挨拶をして顔を洗いに行った。
 私とニッケはリビングに降りて母様に一兎か起きた事を知られせる。
「ありがとう。ルティ、ニッケ」「ルティ! 行くよ!」
 一兎は洗面台から飛び出し玄関に向かう。
「一兎。朝ごはんは?」「ごめんいらない!」
 ニッケを踏み台し一兎の肩まで一気に跳躍。
 ニッケには申し訳ないが母様とここでお留守番だ。
「いってらっしゃい」
「行ってきます」「いって参ります母様」



 自動ドアを通ると同時にわぁ、と言う歓声が広がり、ロビーの天井のモニターに武士型と勝利を意味するWINが標示された。
「凄い人混みだなあ」
 休みとはいえ、ここまで多いのは初めてだ。
「あれのせい」
 ルティが指を指した先には、金髪ポニテの外国人が居た。
 バトルポット付近を見ると先程モニターに映っていた武士型が立っていた。
「なるほど、あの外国人さんが原因か」
 こんな町のセンターに外国籍ランカーが来たなんて。珍しいから野次馬ができた訳だ。
「あ、また一人挑戦していった」
 身長と服装から女の子。小学生中学年ぐらいだろう。って。
「ミコちゃんじゃん!」「本当」
 互いに少し喋り、それがらバトルは始まった。



「いくよっ! マリーナ!」「アイ、マム!」
 M16A1を構えながら市街地を駆ける。
 建物の角を曲がりライフルを構える。
「目標発見!」「攻撃!」「アイ、マム!」
 通信を一秒で終わらせ、フルオートで目標に5.56㎜×45弾(神姫サイズ)をアメアラレと叩き込む。
 地面に跳弾した弾が土煙を起こし、目標が見えなくなった。
 空になったマガジンを交換しもう一度目標に叩き込もうとした時。
「――我には跳び道具は効かんぞえ? それにソナタは本来遠距離射撃型であろう? 遠距離で来られたら我の負けの確率が多かったが近距離ならソナタの負けじゃ」
 土煙の向こうから声がした。そんなコトがあるわけがない。弾丸は全て目標に撃ち込まれたはずた。
 当たらないはずがない。
 土煙が晴れる。そこには刀を片手で構えた黒い武士型が立っていた。
 M16A1を間近で打ち込んだにもかからわず、
「それでは今度はこっちからいくぞえ」
 それは全くの無傷。
 黒い武士型に銃口を向けた時には刃が放たれ私は倒れた。



「負けちった!」
 センター内にある休憩所に売っているストロベリー・パフェをにこやかに笑いながらつつく。
「ええ、負けちゃいました」
 アハ、っと口をワの字にして笑うマリーナ。
「どうして今日に限って狙撃じゃないの」
「実はマスィーンズが修理中でして」
「うんうん」
「クヴァーディルもついでに点検中で、標準装備のライフルで戦闘をすることになったのです。一兎さん」
「ほうほう、そりゃ仕方ない」
「一兎」
 ルティは武士型が映るモニターを懐かしそうに見上げる。
「なんだいルティ」
「アレと闘いたい」
 ルティは愛用の大剣をモニターの武士型に差し向ける。
「ルティちゃん」
「何?」
「もう居ないよ、あの人と神姫」
「え」



 結局、あの神姫とは闘えずじまいで機嫌を損ねたルティはバトルで暴れて新人ランカー達に恐れられて帰ったのでした。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー