メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁー……どうよ?ここまでくれば、連中も追ってこまい、けっけっけ」
「人を、はぁ、引っ張ったまま、ぜぇ、全力、はぁ、疾走するな、はぁ、はぁ、クソ、バカが、ぜぇ、はぁ」

走ること10分弱ほど、センターのある大きな通りを抜けて、商店と民家の並ぶ小さな通りへ。
そこにあるこじんまりとした喫茶店に二人は駆け込んだ。
―――いや、少年が少女を引っ張り込んだというほうが正しいのかもしれないが。

「いーだろここ。馴染みの店なんだぜー」
「そんな、ぜぇ、ことは、はぁ、どうでも、いい……」
少女は未だ息を切らして、テーヴルの上に突っ伏していた。
「なんだい、オレより若いのにー。ダメだぜ?体力つけなきゃ」
「だま、れ……」
「全く、小学生がそんなんじゃイカンよー?サッカーとかもっとやらんとー」
少女がピクリ、と動いた。そしてゆらりと、起き上がり、男に視線を向ける。
「……こんなシュミの小学生が、どこにいるんだよ、クソバカ」
毒気づいたニュアンス混ざりで、少女は言う。
「いやほら、割りと見るときゃ見るぜ?そーいうカッコの小さい子とか」
「見た目だけで判断するなバカ、これでも私は15なんだ。身長だけで判断してんな」
にらみつけるような、鋭い視線を投げつける、15歳だと言い張る少女と、その視線を受ける男。
「なんなら学生証でも見せようか?別に困るもんじゃなし」
懐から手帳を出してヒラヒラとさせている。
「あー、うん、わかった、信じる。すまんかった」
両手と頭をテーブルにつき、平謝りする男。
「……わかりゃいいんだよ」

「ていうか、アンタたち、青春してないで何か頼みなさい。格安にしてあげるから」

カウンターにて、憮然とした顔をしていた金髪の美女が―――女性にしてはやたら野太い声で二人に語りかける。
「特に晃、アンタ男の子なんだから女の子にもうちょっと優しくしなさい。というわけでお前オゴレ、この子に」
「ちょ、マリコさんそりゃないよ!?最近ホーミングレーザーユニット買ってお金あんまないんだよ!?」
「うるさい、神姫対戦してるくらいなんだから、そのくらいはあるでしょ」
「ていうかマリコさんアンタから買ったんだって!?アンタが売りつけたんだって!?」
「勝手になんか見繕うわよー、ちょっと高めのヤツ」
「ひ、平に!平にご容赦をぉおおおお!」
マリコさんといわれた女性(?)にぺっこんぺっこん頭を下げる、はたまた晃と言われた男。その姿はかなり情けない。

「……ヒカル?」
女性(?)の言ったヒカル、という名に、少女は首を傾げていた。
何かを思い出そうとするような、そんな仕草。
「そういや自己紹介もしてなかったっけか、悪ィ悪ィ」
間違った土下座フォームから、スバッと再びテーブルのほうへ。
「オレ、相沢 晃ってーの、んでこいつがマイパートナーの……ぉぃ、なにふてくされてんの?」
「あいざわ……ひかる……どっかで……昔?」
少年―――相沢 晃の自己紹介から、余計に考え込む少女。
一方、胸ポケットでうずくまってる神姫を引っ張り出すのに苦労している晃。
「こら、ムラクモさんも自己紹介しなきゃダメでしょ?なに怒ってるのさ」
「……だって、あの人マイマスターのことバカにしたもん……」
ぷいっ、と紅い神姫―――ムラクモは頬を膨らませていた。
「その仇はお前がちゃんと取ってくれただろ?さっきのことは流して、とりあえず、な?」
「……マイマスターがそこまで言うなら、いいけどさ……」
「まま、そう言うなって、とりあえずでいいからさ」
胸ポケットからぴょこん、と飛び降り、テーブルの上に着地、ぶすっとしながらも、ムラクモは少女のほうに顔を向ける。
「どうも、私この人のパートナーで、ムラクモと申します。あんまり宜しくしたくないけどどうぞ……聞いてる?」
考え込んでいた少女はハッ、となり、ムラクモのほうに向き直った。
「ああ、ごめん……大丈夫、聞いてるから」
「ホントかなぁ……」
「紹介されたからには、私の神姫も自己紹介しないとダメだね―――フラン?」
「ん、マスターがご所望なら……」
黒い革と、ドクロのモチーフが入ったポシェットから、黒い神姫が飛び出した。
少女の手をステップ台代わりにして、テーブルの上に降り立つ。
「ぼくはフランドール。マスター、西園寺 咲耶のパートナー」
大袈裟なお辞儀をしながら自己紹介、再び顔を上げ、ムラクモに対し口を開く。
「ムラクモっていったよね、次は絶対、斬ってやるからね」
「なんだと!次だって負けない、マイマスターと一緒に返り討ちにしてやるさ!」
テーブルの上で威嚇しあう、黒と紅。そんな二人を眺める少女、西園寺 咲耶。
そして、今度は晃のほうが考え込んでいた。
「サクヤ……?さく、咲耶……さいおんじ……」
考え込む晃とは対照的に、神姫二人はさらにヒートアップ。
「あんな僅差のまぐれ勝ちで威張らないでよ、本当ならキミなんか、ものの数秒でバラバラだったんだからさ」
「できなかったくせに偉そうに言うな!来たってガンポッドで蜂の巣にしてやる」
「なにを三輪車ごときが!お前の銃なんか、ぼくの刀の前にはただの豆鉄砲じゃないかっ!」
「うるさい!いくら銃弾が切れたって光学兵器はムリだろっ!なら私がまた勝つ!」
「なんだよ!」
「そっちこそ!」
マンガならば、視線の間に火花が散るであろう激しい言い合い。言ってることは実際かなり子どもっぽいのだが。
この間、未だ相沢 晃は唸っていた。

「さくやさくや―――そうだッ!さっちゃんだ!」
テーブルに派手な音が立つほど、激しく両手を付く。
その衝撃で、紅と黒がふらふらりと揺れた。
「な、なにマイマスター!?」
「ちょっと!急に揺らすな!」
「……なに?」
紅と黒の抗議の向こう側、咲耶が喧しそうに晃を見た。


「さっちゃんだろ!?幼稚園から小学校まで同じでさ、近所に住んでた!」
「……は?」
晃の興奮した物言いに、少女は明らかな疑問符を頭に。
「ほら、オレいたろ!?お前ひーくんって言ってたじゃないか!その晃だよ、オレ!」
「え……あ」
咲耶もまた、やっと気がついた、そんな表情を顔に出して。
「ひーくんって、まさか、アンタが……」
「そうそう!オレオレ!詐欺じゃないけどオレだって!」


二人の邂逅。
運命の小さな歯車は、カチカチと回り始めた。





トップへ      ねくすと




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー