メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『キメろフラン!両断しろ!』
『いけぇムラクモ!お前の一撃叩き込んでやれ!』

「マスターの求めるものは、全て!」
「マイマスターの為にッ!」

オーナーの叫びが交差すると同時に、神姫たちが駆け出し、また、お互いの言葉が交差する。
紅い神姫は、手にしたリボルバーから大粒の弾を吐き出しながら、ホイールのうなりと共に。
黒い神姫は、左手でハンドガンを取り出しつつ、迫りくる銃弾を右手の大太刀で切り払いながら。
「なっ、あんな大きな刀を片手でッ!?」
『信じられねぇ、どういう間接してやがる!?オマケにスラッグを切り払うなんざ、どんなスキルだ!』
3発の銃声の後、専用ローダーで素早く弾を交換、青いショットシェルを詰め込む。
「鍛え方と、勝利への貪欲さが違うからさ!」
『勝つために培ってきた技と強化駆動系、ナメてもらっちゃ困るんだよ、三輪車が』
なおも飛来し続ける弾を切り払い、黒い神姫は走り続ける。
『スラッグじゃだめだ!バックショット、赤いヤツ!』
「い、イエスッ」
今度は赤いショットシェルを詰め込む。九つの顆粒弾が詰まったバックショット。
まもなくインファイトレンジ、銃よりも刀が勝る距離。
『ムラクモ!ナイフ!』
「オーライっ!」
左腿のスペーサーに装着されていたナイフを取りはずし、装填の終わったローダーを捨て、空いている左手に握る。
「近接戦闘でぼくと殺ろうっての?覚悟は良いけど……」
その間、既にインファイトの距離に入った黒い神姫、フランドール。
「そんなオモチャで、勝てると思うなよぉッ!」
右手の大太刀、斬破刀を上段に振りかぶり、垂直に下へと振り下ろす。
金属同士がぶつかり合う高い音が辺りに響き渡る。
「う、くぅ……ッ!」
先ほど抜いたナイフで、振り下ろされた斬破刀を受ける紅い神姫、ムラクモ。
「ふふっ、だぁからいっただろ?勝てると思うなって」
ギリギリと嫌な音を立てるお互いの刃物。
しかし、フランドールのパワーを抑えきれないのか、じわりじわりとムラクモの頭上へ迫る。
「フルパワーで振り下ろしたらすぐ終わっちゃうしね、このまま……ゆっくりと斬らせてもらうよ?」
「さ、せ……るか……っ」
2mm、3mmと少しずつ近づく凶刃、そして、刃を進めるフランドールの顔は、楽しげに嗤っていた。
「あと何秒かな?あとどれくらいで、キミのその、メットの下の柔らかーいお肌に食い込むのかなぁ……?」
ソレに対し、必死に抗うムラクモ、しかし、迫る刃を抑えているナイフはカタカタと震えている。
「(だめ、なのか……ッ)」
ムラクモがそう思ったとき、不意を付くようにマスター側からの叫び。
『今だ!バックショットならその距離でいける!』
ハッ、としたように、ムラクモはリボルバーをフランドールの腹部に向ける。
『フラン撃たせるな!ストライクで先にブチぬけ!』
舌打ちをしつつ、左手のハンドガンをムラクモの頭に向ける。
直後、トリガーを絞った二人。
2種の銃声が、ほぼ同時に轟いた。



銃声の後。
弾をもらって、お互いに倒れこむ。
辺りに立ち込める硝煙と、カツン、と1個だけ空薬莢が落ちる。



―――ドローゲームか!?ギャラリー、オーナーともどもそう思ったそのとき。

<Win ムラクモ>

合成音声からジャッジ判定が述べられた。
それからほんの1秒程度、ゆっくりと、赤い腕が真上に上がり、親指をぐっと立てる。
「……勝っ……たよ」

そんな間抜けな勝ち台詞の後、VRスペースから排出され、筐体から現実へ。





「うぉおおおおおおすげぇえええええ」
「このヌルいセンターでこんなアツいバトル観るとはおもわなんだ!」
「ふぉぉおおおおおムラクモたんふぉぉおおおおおおッ!」
「ムラクモたん愛してるぅううううううう!」
「ムラクモー!ム、ムラー!ムーッ!」
「さすがここ期待のルーキーだ、いいガッツだぜぇ」
「(゚∀゚)むーらっくも!むーらっくも!」
「(゚∀゚)むーらっくもッ!むーらっくもッ!」

「いやぁ、あのムラクモたんでここまで苦戦する相手が現れるとはなぁ」
「うむー、あのストラーフちゃんもいいガッツだったぜぇ」
「鍔迫り合いんときのあの凶悪な笑みがたまらないわぁ」
「まったくだ、あの顔で斬られてみてェ」
「うむ、オレ超胸キュン。様付けで呼びてェ」
「ストラーフ様カッコよかったなうふふ」
「凶悪そうな感じがなんともだなうふふ」
「ムラクモたんに新たなライバル出現だな、いろんな意味でうふふ」
「いやだからそのうふふってやめろよ!?キモいって!?」


「ふぃー……おつかれ、ムラクモ」
「ん……マイマスターこそ、おつかれさま」
溜息を長く吐きながら、筐体から這い出るように出てくる神姫とオーナー。
「おつかれムラクモたーん、あと晃」
「いいバトルだったぜー、熱かったぜムラクモたーん、あと晃」

「なんでオレの名前が後なのよお前らは」
口を尖らせる、ヒカルと言われた高校生くらいの少年。

「そらおめー、男よりかわいー女の子に言うほうがいいべ?」
「ムサい男にいってもなー、なんかなー」
「だよなー、ムラクモちゃんのがかわいーもんなー」
言いたい放題のギャラリーたち。
「ちぇー、まいいけどさ。あとムラクモちゃんはかなりお疲れみたいよ、いつものツッコミ返ってこないもん」
胸ポケットの中で、ぐったりとした紅い神姫。表情からも疲労感が伺えるほど。
「あんだけ派手にやりあえば疲れもするか……オレのために、本当におつかれさん」
桃色の髪を撫でながら、オーナーが今日の勝者へ賛辞を送る。
一方勝者は、疲れた顔から少し気持ちよさそうに賛辞とオーナーの指を享受している。
「そんじゃ行きますか」
「……行くって?」
「対戦相手ンとこ。あの子といろいろと話、してみたいぜ」




「まさか……あんな僅差で負けるなんてね」
一方、未だ筐体の中で、中のシートに寄りかかるゴシックパンク調の少女。
小さめのその身体から、溜息と共に自嘲気味に言葉が吐かれた。
「マスター……その……ぼく……」
少女は、その視線を消え入りそうな声の主に向けた。
「……ごめん、なさい……」
試合前の覇気はすっかり無くなり、黒い神姫はただうなだれるだけ。
そんな神姫に対し、少女は柔らかく微笑んだ。
「怒ったりしないから大丈夫」
「で、でも、また……壊されたら……ぼくは」
その言葉を指で制し、もう一度溜息。その後寄りかかった身体を起こしつつ、少女は語る。
「……そのときは私が守る……体差し出してでもね」
筐体から排出されるオーナーズカードを取る。
「でも、こういうのはある意味望んでたことだろ?こっちが負けるような強敵に出会えたんだ」
手を、黒い神姫の方へ。
「おいでフラン、アイツの名前、聞いとこう」




「ども、おつかれさーん」
少年は軽い口調で、対戦の相手の少女に声を掛ける。
「おつかれ、今日の勝者」
対する少女は、棘を含ませるような言い方で返す。
「アイヤー、強いねキミ、勝てる気がちょっちしなかったわーHAHAHAHAHA」
「イヤミ?勝ったくせに」
エセっぽい外人笑いとまたも棘を返す少年と少女。
「あーいや、勝てる気がしなかったのは割りとマジ。自分でもこの結果にはびっくりさ」
「結果が全てじゃないか、負けたやつが悪いのさ」
「そーいう言い方は少し関心できないぞお兄ちゃん、そんな歳からそういう考え方は良くない」
「でもそういうセカイだろ?ここは。どっちが強くてどっちが弱い。それで勝った負けたじゃないか」
少女の物言いに、少年は少し困った顔をした。
「でも、負けたほうが得られるものが大きかったりするんだぜ?どこが悪かった、とか、いろいろ考えることもできるし」
「生憎と、負けて次があったことがないんだ……失ったことしかない」
少女と、黒い神姫の表情が少し曇った。
「なんだそれ……とりあえず、なんだ、場所変えよう」
急に小声になって、少年は少女に提案を申し付ける。
「ここじゃギャラリーが多すぎる。ゆっくり話できないだろ?」
少女がふと、周りを見渡すと、先ほどまで観戦モニターに釘付けだったギャラリー連中が集まっていた。
―――視線は主に少女と神姫二人に集中してるようだが。
「な、ここはヘンタイという名の紳士が多いから」
「……どこまでヌルいんだここのバカどもは」

「い、いま罵った!バカどもって罵った!」
「オレだ!オレに言ったに違いない!」
「いやオレだ!というかバカどもだからここのみんなに違いない!」
「うぉおおおおン!もはや説明不要!」
「その目イイヨイイヨー」

「そらいくぞ!いつまでもこんな紳士どもの視線にこの子晒せるか!」
「ちょ、ちょっ、引っ張るな!聞いてんのかコラ!?おい!?」

少年と少女は駆け出した






「逃がすな!追え!地球の裏まで追うんだ!」
「おのれさせるか、オレがいくんだ!」
「てめぇ抜け駆けすんじゃねェこのくそはなせぇ!」
「ひかるぅー!次会ったらブチ殺してくれるぅぅうう!」
「うぉおおおおおン!」






トップへ      ねくすと




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー