メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

眼前にそびえるのはそこそこの大きさを持つビルディング。
神姫センターめぐりに、わざわざ電車を利用して遠出するあたり、私は大概バトルジャンキーなんだろう。
「ここなら満足できそうな相手、いそうだね」
フランドールが微笑みかける、うずうずしてたまらない意味での笑み。
「少しは、期待できるといいけどね」
ふん、と鼻を鳴らして、センターの中へ。






「うぃー、今日もやるぞぉー」
「マイマスターはその元気を少しは勉強に使ったらいいと思うんだ」
土曜日の午後、出入りのセンターにてドンパチはじめることにしました。
「なんだよー、勉強に精出したらムラクモちゃんとは遊べなくなるんだぞー、それでもいいのかー?」
「学生としてちゃんと生きようよっ!遊んでばっかじゃまた赤点ギリギリだよ!?」
「赤点じゃなきゃオッケー」
「オッケー、じゃないでしょぉおお!?」
食い下がるムラクモちゃんに、オレはステキスマイル(¥0)をむけた。
「オレは、ムラクモちゃんのこと好きだからさ」
「すっ、す……っ、あ、ぅ、ぁ……」
彼女はカーッとのぼせた様に。おーおー赤くなっちゃって、かーいーなー。
「だから、ずっと、こんな風に一緒にキャッキャウフフしてたいわけよ」
「きゃっ、キャッキャウフフとかいうなぁぁあッ!」

「昼間からまたやってるよ相沢クン」
「好きだなアイツらも」
「いぢられムラクモたんかわいいなぁうふふ」
「全くだなぁうふふ」
「あんなことしてるクセにやたら強いっていうギャップがいいよなぁうふふ」
「……おまえら語尾にうふふつけるのやめれ、果てしなくキモいぞ」

いつものいぢり漫才とギャラリーの怪しい会話、今日もこれで終わるはずだと、オレは思ってた。
けど、今日は違った、トンでもないサプライズがあったのだ。

「おい!?なんかやたら強ェ奴がセンター中の連中食い荒らしてるぞ!」






「なんだよ、コイツもこの程度か……つまんないな」
一体何回目のWINコールか、聞き飽きたアナウンスに私はウンザリしていた。
「ここもダメかな、マスター?」
戻ってきたフランが、少し心配げに私に問いかけた。
「さぁて、そうかもしれないね……ヌルいよ」
ポッドの外じゃまたあーだこーだと喚いてる連中ばかり。
見慣れた光景だ、あくびが出るくらい―――

「あのストラーフやべぇって、勝てる気がしねぇ」
「すげー、バラバラにしたべや。こりゃそういう趣味か属性か?」
「なんだよ、属性って」
「ぼ、ぼすー!私の体大丈夫だよね!?ちゃんとくっついてるよねっ!?脚とかあるよねっ!?」
「だ、大丈夫だから、だから落ち着いて、落ち着けー!?」
「うーむ、いい感じにダークだなぁ、オレハァハァしてきた」
「オレもだ、なんかこう、斬られたり踏まれたりされたい」
「いや待てよこのドMども」
「オレ、ちょっとダメかも……やべ、なんか喉までキタ」
「……えっぐ、ご主人さまぁ……あんなのと戦うの、こわぁい……」
「いいんだ、お前は行かなくていい、だから泣かなくていいんだよ……」
「……ご主人さまぁ」
「うぉおおおネルたん!ネルたぁぁんっ!」


「……なんかここ、ヘンなのが混ざってるな」
「……そ、そうだね、マスター」
なんだか、今までのセンターとは少し空気が違う。
おちゃらけているような連中ばかり、気が抜けるような、異様な空気だ。
「で、もうちょっと強いのっていないの?ここ、そこそこデカイ店だから少しは期待してたんだけど」
「全くだよ、ぼくがホンキだせるようなすごいヤツとか、いないの?」
ポッドから出て場に一言。こうでも言わなきゃいつまでも雑魚とばかり、ああもう。
この際ということで、少しキツめの言葉を吐くことにした。
「あの試合見て、我こそはってヤツはいないのか、この○○○野郎ども、え?」
これで怖気づくようなら早々に退散する―――

「おおお!ツンツンだ!すげーツンツンだ!」
「ゴスパンスタイルでツンツンだなんて、なんてディ・モールド・ベネ(とてもよい)なんだ!」
「いや、オレはニガテだけどなぁ……ああいうのは」
「ダマレ!貴様などどうでもよい!オレはあーいうのが好みなんだッ!」
「罵って!もっとオレたちを罵ってェ!!」
「ついでに肩のストラーフちゃんも一緒に罵ってぇ!!」

―――なんだ、こいつら。
おかしい、なんかおかしいぞこいつらは。
普通はキレるなりなんなり、そういう反応が返ってくるもんなんだけど……
「ま、マスター……なんかヘンだよ、この人たち……明らかにアタマおかしいよ」
フランが引いてる、というかビビってる。そりゃそうか、私だって引いてるんだ。
どうしようかと頭の中が混乱してるときに、横からの一声。その声に振り向くので精一杯だった。

「なんだなんだ?やたら強いのってのはキミか?」






強いヤツが荒らしてると聞いて来て見れば、そこにいるのは随分と背のちっちゃい女の子だった。小学生くらいかな?

―――あれ、なんだ、オレこの子知ってる?いや、気のせいだよなー?
こんな趣味の子の知り合い、しかも小学生くらいのなんかいないもんな。

とりあえず声を掛けちゃみたけど、こっち向いたときの顔が?マーク満載状態だった。
ここの連中のハイテンションに当てられたカナ?こりは
「とりあえず、キミでいいんだよね?ココの人たちにやたら勝ってるってのは」
少女の顔がはっ、となる。再起動完了したかな?
「あ……ああ、そうだよ、私」
完了したみたい。
「なんなんだよ、ここの連中。明らかにテンションとか、色々おかしいだろ」
「あー……それは分かる。オレも時たまそー思うから」
ギャラリーの野次とかよくわかんない冗談交じりの罵声とか、そういうのを浴びながらオレは話を進めることにした。
「とりあえずなんだ、強いヤツと戦いたいんだって?」
オレの一声に、自信たっぷりの表情をとって少女が一言。
「そうだよ、私は強いヤツを探してこんなとこまで来たんだ。なのに、どいつもこいつもたいしたことないヤツらばかりでさ」
不敵にに言い放つ。すげー自信だなぁ、この子。
「そーかー、でもココだとセカンドの連中は平日昼間とかしかこないらしいからなぁ」
何故かそういう時間帯しか来ないんだそうだ。おかげで、オレもまだセカンドクラスの人たちとはやったことはない。
「ところで、自分から声かけてきたってことはアンタ、自信あるんだよね?神姫の実力に」
自信と不敵に満ちた表情に笑みが加わった。うわー、なかなか凶悪な笑い方だわ。
「おうよ、自慢だが、ウチのムラクモたんはもうすぐセカンド上がれるくらいのスゴイ子だぜ?」
「た、たんっていうなぁぁあああっ!」




……コイツも結局そういうタイプの人間か?周りと同じバカとかアホか?
いきなり自分の神姫となんか始めたぞ。
「なんだよぅ、いいじゃないかムラクモたん、ほらカワイイ」
「か、カワイイとかそういうことじゃない!というかなんか響きがヘンタイちっくだっ!」
「えーいいじゃーん、今時ヘンタイじゃないと世の中やってけないぜー?カタいとだめなんだぜー?むしろカタいのは男のアレで十分だぜー?」
「よくないよ!?これっぽっちもよくないよ!?ヘンタイにいい意味なんかないからっ!あと私は別に硬くもないしというか男のアレとかセクハラぁぁああ!?」

「……お前らも結局バカの同類か」
「これはダメかもだね、マスター……」
どうもコイツらも大したことなさそうだ。期待損で終わりそう。
失望という気持ちしか、今の私にはなかった。
「死ぬまで漫才してりゃいいさ、そういうバカで弱いやつは救い難いしね」

「……マイマスターをバカにするなっ!」
「は?」
私の言葉に帰ってきた、相手のバカの神姫のセリフ。
「たしかにマイマスターはおバカでどうしようもないかもしれないけど、少なくともバトルじゃ負けない!」
びっ、と私に指を向けて。
「お前みたいな、初対面の他人にひどい事いうようなヤツなんかには、マイマスターは絶対負けないッ!!」
―――バカマスターの神姫の割には、言いたい放題いってくれるじゃないか。
「はっ、言ってくれたな?なら証明してみろよ、お前と、お前のマスターが本当に私に負けないのか」
「証明してみせるよ、お前なんかに負けないって!」
ようやく戦えそうだ、その自信をへし折ってやる。
「お、おいムラクモたん、流石にオレも絶対なんて保障できねーぞ?」
「勝つんだよ!マイマスターをバカにしたヤツになんか負けられない!」
「……今日はいやに熱血だなぁ、ムラクモちゃんは」
お互いにポッドに入り込み、戦闘準備。私のフランドールだって、あんなバカどもには負けはしない。
「あの熱血バカを荒い鼻息ごと切り刻んでやれ、フラン」
「うん、今日も勝つ……あんなヤツなんかに、ぼくは負けないよ」
笑顔を浮かべて、私の言葉に応えてくれるフラン。そして、戦闘前の、いつもの合言葉。

「マスターの求めるものは……全て!」






トップへ      ねくすと




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー