メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「このままガンポッドとミサイルで削りきりゃこっちの勝ちだ、がんばれマイシスター!」
『エールは嬉しいけどそのマイシスターってのは違うとおもうよマイマスター!?』
「HAHAHAHAなんだい恥ずかしいのかいマイシスター、じゃあココは妹からランクアップしてマイワイフでどうだ」
『してない!ランクアップしてないから!?むしろそれはダメだよいろんな意味でっ!?』

『お、お前ら戦うか漫才するかどっちかにしろぉおお!』

相手さんのヴァッフェバニーが焦っている、こちらの弾幕をギリギリで凌ぎながら。
そりゃぁそうだろう、シリアスな戦闘中にこんなやりとり、真面目なウサギさん型にはキツイだろうさ。
「ふふふ、かかったなウサ子ちゃんよ、コレが我が戦術『コントDEポン』だ。もはやオマエは逃げられないッ」
『違うでしょ!?戦術でも作戦でもなくてただノリと勢いでほざいてるだけでしょぉ!?』
「こらーバラすなよー、これで負けたらお前のせいだぞマイワイフぅ~」
『私のせいにしないでよ!?ていうかまだワイフ呼ばわり引き摺るのっ!?』
ぎゃーぎゃー喚きつつも、オレの神姫の攻撃の手は緩まず、極小ミサイルとガンポッドで攻めまくる。
『くッ……口先はふざけているが、弾幕がさっきより激しく……ッ』
ウサ子ちゃんもミニガンで応戦してるようだが、あいにくとスピードと機動性が違う。
アーク型の地上走行スピードはダテじゃないんだぜ。
『このっ、ちょこまかとぉぉおっ!』
じわじわと削られてることでイライラゲージも溜まったのか、ウサ子ちゃんもヒートアップしてるようで。
「……よしゃ、アレでいこう、多分それでフィニッシュだ」
『む……オーライ!』
いきなりシリアスヴォイスなオレに、マイ神姫はちょっと驚いたみたいだけど、意図を察したのか親指を上に立ててアピール。
さっすが、なんだかんだ言ってても、オレのことはちゃんとわかってくれてるみたいだ。
ダッシュローラー部のジョイントに取り付けられた大型ユニットがパカリと開く。
ビビんなよぉ~、『コレ』はすごいぜ?
『くっ、今度はなんだ……ッ!?』
開いたユニットからパァッと幾重もの光線が舞った。
『いっけぇえええッ!』
光線――レーザーは直進ではなく、曲がりくねりながらウサ子ちゃんの方へ。
『な、な、レーザーが、曲が、るぅ!?』
完全にパニくっちゃったなーあれは。回避機動もとれないみたいだ。
『ッ、しまった、避け―――』



「よっしゃー!勝った!やったぜマイむすめっ!」
「娘っていうなあぁぁぁ!」
筐体から出て、勝利の喜びを分かち合おうとしたところでもツッコミかましてくれた。
「なんだよ、娘でもダメかー?カタい奴だなぁ」
「うるさいヘンタイ!そのおちゃらけた性格が私をこうしたんだ!」
「そんなっ、ワタシはあなたをそんな子に育てた覚えはないわよっ、おにいちゃん悲しいわっ」
「悔しいけどこんな子に育ったんだよっ!、ていうかそのしゃべり方はやめてぇええええ!」

「私は、こんなヤツらに……負けたのか……」
「……気にするなエリィ、ぼくらが未熟だったんだ……多分」
「そうか……まだ、訓練が足りなかったのですね……サー」
マイかわいこちゃんとのコミュニケーション途中でふと見れば、対戦相手だったウサ子ちゃんとそのマスターらしき男が見える。
通夜のような神妙な表情で、お互いを慰めあってるようだが。
―――なんか、悪いことしちゃった気分だなぁ……
「―――ちょっと、私のハナシ聞いてむぐふゅっ」
肩の上で未だツッコみというか説教している彼女の口に人差し指。
どんよりとした空気を背負ってるウサ子ちゃんズに、オレはつかつかと歩み寄る。
「あのー、その、なんつーか……ふざけてる様に見えたかもしれないけど、実際はマジm―――」
そこでいきなり、相手の男はビッ、とオレを静止した。なんだなんだ?
「言ってくれるな!そんな慰めの言葉なんかいらないッ!」
「そう、私たちが未熟だっただけなのだ!今回の敗北は我々の教訓として胸に刻んでおくまでッ!」
「へっ?あ、え?」
な、なんか急に態度というか空気というか色々変わったぞ?
「ゆくぞエリィ!また訓練のし直しだッ!」
「イエスっ、サーッ!」
ザッザッザッと、軍靴の音でも聞こえてきそうな勢いで、彼らは去っていった。
「……今度の相手は軍隊風味なのか?アイツら」
「……また濃い人たちだったね、なんか」


「しかしさすがマイラブリーガール、オレの期待通りだぜ」
「う、嬉しいけどそのマイなんたらってのはまだやるの?」
嬉しがりながらもツッコむラブリーガール。ぉぉぅ、かわいいんだぜ?
「ま、セカンドまでもう少し―――これからも頼むぜ、ムラクモ」
我が愛しのアーク型、ムラクモの桃色の髪をなでてやる。
「あ……イエス、マイマスター!」





「ところで、今の顔、カワイかったぜ?」
「ちゃ、ちゃかすなぁぁああああっ!」





トップへ      ねくすと




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー