メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……良かった」
 何だか、急に気が抜けた。再会できた慎一君とネロを見ていたら、そんな気がした。
「良かったな」
「……うん」
 今回ばかりは、修也君の言葉にも素直に応じられる。
 けど、
「でも……、やっぱりわからないな」
「ん?」
 素直には、喜べない所もある。
「結局、どうしてネロが再起動できたのか、根本的な原因はわからないままだから」
「……人間だって、自分達の心の中がちゃんとわかってるわけじゃないんだ。神姫の心だって、本当はわからないんじゃないか?」
 無責任な言葉だけど、何となく、同意できた。
「……そう、かもね」



「……マスター、本当によろしかったのですか?」
 いつしか起動していたらしいミナツキの言葉に、私は振り向いた。
「慎一君を行かせちゃった事? それとも、昨夜の事の方?」
「両方です」
 両方か……。前者はいいとして、後者は正直、私にとっても慎一君にとっても、良かったのかどうか判断に困る。
 勢いで告白して、その上……、初めてまで、慎一君にあげちゃったわけだし。一応、合意のもとで、だけど。
 しかも、果たして慰めにすらなっていたのかどうか、わからない。傷の舐め合い……、そんな形容が一番ぴったりくるような気がする。
「……どうだろ。わかんないや」
「……まったく」
 ミナツキが大仰にため息をつく、ふりをする。
「でも、踏ん切りはついた、かな」
「というと?」
「もう、ネロに嫉妬したりはしない」



「あの、高明……、さん」
 言わなきゃいけないことがある。私はその人を呼んでもらって、伝えた。
「……信じてもらえないかもしれませんが、私は、イヴと……、会いました」
 表情が少し、強張る。
「伝えてほしいって、言われました。イヴは、幸せだったと」
 高明さんの目が、見開かれた。
「あなたの気持ちをたくさんもらえて、とてもとても幸せだった……、と」
「……そう、か」
 ぽつりと、そう呟いた。
 それっきり、黙り込む。
「……」
 目を逸らしちゃいけない。私は、この人の感情を全部、受け入れなきゃいけない。たとえ慟哭であっても、罵倒であっても。
 でも、どうしてだろうか。
 私は、彼の表情から、安堵を感じた。



「……まあ、とりあえず良かったな」
 研究所のレストスペースで、僕ははやてに言われた。
「うん」
 ネロは、何か伝えることがあるとかで、研究室に残っている。
「……この際だから、色々言っちまおうと思ってな。あたしは……、神姫だ。それも、ネロと同じ、正規のオーナー登録をされずに起動してる神姫」
「……え?」
 思わず、呆けた声を出してしまった。
「……こういうこったよ」
 そう言うと、はやては服をアンダーごと、大きく捲り上げた。
「あ……」
 そこにあったのは、本来人間にはない、あるはずのない、機械部品が露出した下腹部。そしてそこに収まった、ネロと同じ、悪魔型神姫の素体。
「もともと、あたしは犯罪組織で使われてた神姫だった。で、摘発されて、本当なら処分されるはずだったんだけど、かすみが引き取ってくれたんだ」
「……」
「この身体は、組織の始末屋と、ついでに警察をごまかすために、かすみが用意してくれた。こいつ自体、違法なんだけどな。……で、何が言いたいかっつーとだ」
 どうやら脱線していたらしい。
「ここに来たばかりの頃、あたしはすべてが不安だった。けど、かすみに何度も何度も名前を呼ばれて、いつの間にか、ここで安心して過ごせるようになった」
 遠くを見て、はやてが言う。
「ネロも多分、同じだと思う。あいつも、やっぱりどっか不安なんだよ。だから、おまえがちゃんと名前を呼んでやれ。いつまでも」
 その言葉には、初めてはやてに会った時と同じ、強い確信があった。
「……と、名前だけどな」
「え?」
「神姫の身体ん時は、あたしはアリスって名前だからな。間違えんなよ」

 その少し後。
「……はじめまして、というのも何か変だけど」
 ネロといっしょに、彼女の主人格のオーナー――小林さんというらしい――が、レストスペースに来た。
「ネロの事とは別に、謝りたいことと、伝えたいことがあってね……」



 8月の半ば、世間的には、お盆と呼ばれる時期。
 僕はネロとともに、忌まわしくも懐かしい、故郷に向かった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー