メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 以前見た場所とは違い、そこは何も無かった。
 痛みも無ければ感覚も無い。時間の感覚も無ければ今自分がどこにいるのかすら判らない。
唯一判るのがここが一つの“境界線”であることのみ。
 ここに来る前の記憶を手繰ろうとしても、それはまるで霞のように霧散して思い出すことが出来ない。

 ――――何故、自分はここにいるのだろう

 判らない。そもそも自分が誰かすらも判らない。
 ここは何処で、自分は誰だ。

 ――――いや、そもそも自分とはなんだったか

 考えがそこに至り、彼はもう考えることを放棄した。
 いくら問おうとも答えなんてあるはずも無い。だってここはそういう場所だから。
 と、音すらも存在しないはずのこの場所で、かすかな物音がした。
 振り向くとそこには・・・一匹の白い狼がいた。

 ――――何故、ここにいるのだろう

 彼はそう思いながらも手を差し出す。
 すると狼は自ら彼の手に擦り寄ってきた。
 遠くでは白く見えた毛皮だが、近くで見ると見事な白銀に染まっていた。
 彼はその狼に妙な既視感を感じる。

 ――――自分は、何処かでこの狼とあったことが無かったか

 そう思い記憶を手繰るも、やはり思い出すことが出来ない。
 何処であったのだろう。
 と、気がつくと狼が自分を見つめていた。
 その琥珀の瞳は、何かを訴えていたが彼にはそれがなんなのかわからない。

 ――――嗚呼、そうか

 彼は狼の視線に漸く得心が行ったという風に肯く。

 ――――俺を、迎えに来てくれたのか

 彼がそういうと、狼は軽く尻尾を振り立ち上がる。
 そのまま彼に背を向け数歩歩くと、こちらを振り返り彼を待っていた。

 ――――いいぜ、お前となら何があっても怖くねぇ。行こうじゃねぇか。彩女

 彼 ―――記四季はそういうと、ゆっくりと狼の後をついていった。











ホワイトファング・ハウリングソウル

第三十八話

『白狼語リ』
















「・・・手術は終了しました」
 深夜の二時、手術室から出てきた医師は疲れた顔をしながらそこにいた都にいった。
「そうですか。・・・容態の方は?」
「今は安定しています。しかしとても八十を過ぎているとは思えませんね」
「・・・というと?」
「この手術に耐えられたこともそうですが、麻酔をかけた後もうわ言の様に女性の名前を言ってましたよ。奥様でしょうかね」
 医師はそういうとそのまま廊下を歩いていく。
 角を曲がり見えなくなったところで都は呟いた。
「・・・だ、そうだよ」
 その言葉に、左の胸ポケットに入っていた彩女が顔を出す。
「・・・有難う御座います。手術室のそばは機械持ち込み禁止なのに」
「ふん、神姫程度の電磁波で壊れる機械なんて存在しないよ。あれは単に気にしすぎなのさ」
 都はそういって煙草を取り出そうとして・・・ここが病院であることに気づく。
 探る手を止め、眠そうな目で白い壁を見つめる。
 都の両親・・・記四季の子供は少し前に帰っていった。
 二人には明日も仕事があるし、春奈には学校がある。故に都はそれに関してはどうも思わない。単に彼女がここにいるのは自営業で暇が取れるというのもあるが・・・意地だからだ。
「・・・多分」
「ん?」
「多分、いえ絶対に大丈夫だと思います」
「・・・どうしてそう思う? アメティスタがそういったのか?」
「さっき、主の声が聞こえました。まだ主は諦めてません」
 何を、とは聞かなかった。
 今一番記四季の事をわかっているのは両親でも孫でもなく、この小さな少女なのだろう。
 そんな彼女が言うからにはきっとそうなのだ。
 ・・・彼はまだ、諦めていない。
「・・・不思議なものだ」
「?」
「私は神姫を買った当初、神姫に心があるなんて信じていなかった。でも今は信じることが出来るよ」
 見ると彩女が不思議そうな顔をして見上げていた。
 話としては脈絡が無さ過ぎただろうか。
「・・・セルロイドの人形に、魂が宿ることだってあるんですよ」
「攻核機動隊。バトーだな」
「イエス」
「それはアオイだ」
「流石は主のお孫さん。趣味が同じですね」
「こんな時代だからさ。実際神姫が発売されてからイノセンスのDVDは再販されたし、無機物に魂は宿るのかって言うのは昔から人類の命題の一つだ」
 都はそういいながら彩女を胸ポケットから取り出し、膝の上においてやる。
 彩女はゆっくりと、都の膝の上に座った。
「人形に声があったなら、人間になりたくないと叫んだでしょう」
「草薙素子」
「はい。イノセンスのラスト付近の台詞ですね」
「・・・その言葉を踏まえたうえで聞こう。お前は人間になりたいか?」
「・・・思いません。神姫として生まれてきたから今の私が在るのです。もし私が人間として生まれてきたのなら、主と会うことも無く凡庸な生を生きたでしょう。それが悪いとは言いませんが・・・私は主と会えたことを神に感謝したい気持ちです」
 一瞬迷いながらも、彩女はそう断言した。
 人に近い心を持ちながら、自分は人形でいたいと彼女は言った。
「・・・・・・そうか。それは考えさせられる答えだな」
 都はそういうと彩女に手を差し出す。
 彩女はすぐに手のひらに乗り、都は立ち上がった。
「それじゃ、病室で待とうか」
「はい」
 二人はそのまま白い廊下を歩き、角を曲がって見えなくなった。























・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー