メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浮かぶ満月、舞い散る花びら、夜だというのに、そこは異様なまでに明るかった。
辺りには無数の桜の木が花を咲かせ、限りなく淡い薄紅のかけらを振りまいている。

その白薄紅の中で、たたずむ人影一つ。

黒の、燕尾のような衣装を身に纏い、黒の布を首元に巻き、白縹(しろきはなだ)の、二本の尾をゆらゆらと。
足元は金で彩られた西洋式、群青の板金。
左の手に、己の身長ほどもある長大な刀が、鞘に収められたまま握られている。
下緒と飾り帯が巻かれ、白い線を交差させたような紋様が彫られている、それ以外は黒色の大鞘。

その人影は少女だった。
舞う花よりも少し濃い肌の色を持ち、薄青の髪を揺らす少女だった。


目を閉じ、刀を納め、立ち尽くすように佇むだけだった少女が、微動する。
桜の吹雪に呼ばれるように、複数の、ざっざっ、という足音が鳴る。
それは、体つきこそ女のものだったが、その顔は輪郭だけ。月光に反射して、つるりと輝くだけ。
目許はあれど眼はなく、鼻頭はあれど鼻ではなく、口には何もなかった。頭髪すらなかった。
まるで影を人の形に削ったような、異様なものども。

それらは、各々武器を手にしていた。
剣をはじめとした武器から、拳銃を持ったものまで。
黒いものどもは切っ先を少女に向け、銃口を少女に向ける。
少女は未だ目を閉じたまま、そこに在るだけ。

まず、剣をもったヤツらが動いた。駆け寄り、勢いのまま少女を切り捨てようと、各々の刃を振り下ろす。
その数5体。気合の一声も唸りも挙げず、無言のまま切りかかる。

「...It's begining(はじめようか)」

頭上から迫る刃に対し、左手の大刀を、鞘から抜かずに、そのまま受け、横に振り、払う。
剣を弾かれ、よろめく黒。体制を立て直すよりも速く、振り払った勢いのまま少女は姿勢を低くし、鞘で脚をなぎ払っていく。
脚を取られ、後ろ倒し、横倒しになりつつある黒。少女は柄に手をかけ、左の手で鞘を引く。

リィン、音が響く。そのほんの1秒ほどあとに、黒いものどもは地面に倒れこむ。
その直後、黒いものどもの上半身と下半身が、別々に蠢き、止まった。
少女の右の手には、月の光が映りこみ、蒼く光る刃。


後から吹き出る、真っ赤な液体。それらは天に向かって、花を咲かせるが如く吹き上がる。
舞い散る桜がしぶきを浴び、薄紅が深い紅に染まった。
少女はその大きな剣を片手で振り、刃に付く紅い飛沫を払う。

直後に火薬が爆発する大きな音。少女の頬のすぐ横を、何かが掠める。
駆け出さず、銃口を向けていた黒いものどもが、引き金を引き絞ったのだ。
立て続けに、拳銃からくつもの火が放たれる。
黄金色をした金属の粒が、目で捉えることが不可能な速さで、次々と少女に向かい、その身を穿とうとする。

が、それは手にする白刃の前にさえぎられた。
金属同士がぶつかり合うような、小気味良い音と共に、命中するはずだった弾丸が二つになって、横に逸れていく。
少女がを大きな刃を振るうたび、別たれた弾丸が、桜と共に宙へ舞う。

「―――Rapid Slash(疾走斬り)」

動くのが速いか、切り裂かれた弾が落ちるのが速いか、少女は、黒いものどもに向かって駆け出した。
彼女、弾丸のような、はたまた黒い風のような速さでヤツらの元へ。
無論、ヤツらもその間発砲するが、駆け抜ける最中ですら、その刃を振るい続け、切り払っていく。
駆ける間、止まることなく、白い線のような煌きが少女を包み続ける。
線に触れた弾丸は二つに割れ、線に触れたヤツらの腕も二つに別れ、線に触れたヤツらの身体は無数に別たれる。


弾丸も、黒きものどもも、空気ですらも、なにもかも両断していく。


「Too easy(チョロイね)」

長大な刀をくるりと回し、鞘に納める。
その広報では引きあがる飛沫。紅い滴が雨のように降り注ぐ。

「なんてね、ぼくのキャラじゃないか」


深紅の花びらを背に、少女は踵を返す。



―――なんだこれ。

「どーよ!こんなかんじでトレーニングにエフェクトやら背景やら重ねてみました!」
いや、どーよって、これおもいっきり私の神姫じゃないか。よく見りゃいつぞやのVRトレーニングだよ。
しかもなんだよこのタイトル。「桜舞」って、ベタすぎじゃないか。
「いやぁ、身近にこういう素材があるっていいよねー、ステキなムービー作り放題だぜ」
……どこまでバカなんだこいつは。
「あとはBGMもつけたいね!和風なロックがいいかなー、いっそヘヴィとかスラッシュとかもいいかなぁ」
いいのか、オマエをネタにヘンなもの作り始めてるぞ、このバカ。
「いいんじゃない、ぼくはこういうのスキだよ?」
あ、そ……。
「マスターも案外、キライじゃないんじゃない?」
なんでそう思う?
「なんか、機嫌良さそうだもん」

……ま、否定はしないけど。


おしまい












「マイマスター、私の出番も欲しい。ていうか私がマイマスターの神姫なんだけど!?」
紅いボディと桃色の髪の彼女が、私の横から抗議の声。
「おおぅっ、折角のアーク型だし、今度はレース風味のヤツでもつくってみようか!BGMはもちろんアレだ」
「あれって?」

「TRUTHさ」

F1かよ。


今度こそおしまい




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー