メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・元々、白狼型は火器制御を諦める代わりに“近接格闘や原始的な武器”に関する適応力を、他の神姫よりも底上げされているんです」
 俯きながら彩女はいう。
「他の神姫は程度の差こそあれ、初期状態ですと大抵万能にセッティングされます。しかし私は違う。銃なんて使えない代わりに、格闘に関しては最高の能力を誇る。・・・そういうわけで邪魔しないでください。私はアメティスタに話があります」















ホワイトファング・ハウリングソウル

第三十七話

『そしてすべては雨の日に』














 彩女は無言でアメティスタへと歩き出す。
 それを防ごうとサラとハウが再び飛び掛るが、彩女は受け流し或いは軽く身をそらし全ての攻撃をいなしていた。
「彩女!」
 受け流されたハウが再び彩女へと走る。
 今度は彩女は・・・受け流さなかった。
「―――――ッ!?」
 一瞬で腰から取り外した刀の石突でハウの腹を強く突く。
 彼女は苦悶の表情と共にその場に崩れ落ちた。
「・・・邪魔、しないで下さい」
 彩女はそういうとゆっくりと歩き出す。
 フェンリルのそばで立ち尽くすアメティスタに向かって。
「―――――ぁぁあああああ!!」
 さっきまで転がっていたサラが、クラブハンドを構え飛び掛る。
 それは誰も予測していなかった奇襲。しかし
「―――――」
 彩女は振り返らずに身をかがめサラの攻撃をやり過ごす。
 そのまま着地したサラに向かって回し蹴りを食らわせ昏倒させた。
「・・・御免なさい」
 雨の中、彼女は呟いた。
「・・・あや、め」
 アメティスタは動けない。
 彩女の目があまりにも、悲しそうに揺れているから。
 ・・・彩女をそうしてしまったのが、自分だから。
「アメティスタ・・・」
 気がつくと目の前に彩女がいた。
 左手に鞘を持ち、白銀の刃は既に抜かれている。
「・・・なぜ、主の事を黙っていたのですか?」
 悲しみに彩られた琥珀の瞳が、アメティスタを見つめる。
「・・・・・・・・・・・それ、は」
 言うべきか? 記四季が何をしようとしていたのかを。
 しかしそれは・・・アメティスタにとって彼の命以上の価値は無くとも、記四季にとっては命を賭けるに足るものだった。
 そして今も、記四季は戦っている。自分の命を賭けて。
「・・・言えない。約束も何もして無いけれど、ボクの全てに賭けて言えないよ」
 震える体を抱え、アメティスタはそういった。
 その言葉に彩女は銀の耳を少し動かす。
「・・・どうして」
「記四季さんはやりたいことがあった。だから・・・自分が倒れるまで頑張ったんだ。それが何なのかは言えないけれど・・・彩女、記四季さんはキミの事を大切に思ってる」
 抜き身の刀を手にし佇む彩女の頬を、雫が濡らす。
 それは雨なのか涙なのか。アメティスタには判らない。
「・・・主は・・・主は、無事なのですか」
「危険な状態だよ。・・・だからボク達がここに来た。彩女、キミを迎えに来た」
 アメティスタがそういうと、彩女は雨が降り注ぐ空を仰ぎ見る。
「・・・・・・・・・・よかった・・・本当に・・・」
 今ならはっきりとわかる。
 曇天の空を仰ぎ、彩女は泣いていた。
「・・・・・・・・ですが」
 と、右手に持ったままだった刀を、彩女は自らの首に押し当てる。
「彩女!?」
「・・・主の真意を汲み取れず。あまつさえ助けに来てくれた友に刃を向けた・・・・・・私は、主のそばにいる資格がない・・・」
 顔を逸らし、白い首に刃を突き立てる。
 アメティスタは止めようと手を伸ばすが、伸ばせば伸ばした分だけ彩女は遠ざかる。
「駄目だ・・・駄目だ彩女!」
「・・・御免なさい。アメティスタ」
 彩女はそう呟くと、刀を引こうとし








その瞬間、銃声が響いた。


















 根元から折れた刃は明後日の方向へと飛んでいく。
 衝撃で彩女は倒れかけ ―――すんでの所でアメティスタに抱きとめられる。
「・・・・・・・アメ・・・ティスタ。・・・私は・・・・・・」
「・・・・・馬鹿!」
 アメティスタはそう叫び、彩女の小さな身体を抱きしめる。
「ボクは・・・ボクはこんな未来が欲しかったんじゃない! 皆がいて・・・皆で笑っていたいだけなんだ・・・記四季さんも、彩女もそこにいる。サラもハウも春奈も都も! だから・・・そんなことしないでよ・・・お願いだから・・・」
 アメティスタは・・・泣いていた。
 あの雨の日全てを失い、雨の日にその罪を許された彼女。
 その彼女が、彩女を抱きしめ泣いていた。
「・・・・・・・・御免なさい。アメティスタ・・・御免なさい・・・」
 アメティスタを抱きしめ、彩女も泣く。
 雨が止むまで・・・二人はそうやって泣き続けた。






























































「・・・・・・・・・・間に合った・・・」
 彩女とアメティスタ、二人が雨に打たれながら泣いている様子を眺めながら、ハウは地面に大の字に転がっていた。
 右手に持った銃からは、雨にかき消されながらも硝煙が上っていた。
「・・・流石です。片手で刀の根元を狙うとは」
 と、さっきまで昏倒していたサラが這ってきた。
 どうもまだうまく体が動かないらしい。
もっともそれはハウも同じことだが。
「それほどでも。・・・二人が泣き止むまで、しばらく寝てようか」
「・・・そうですね。どちらにしろ動けませんが」
 二人はそういうと、お互いの顔を見て笑った。


























・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー