メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞台は2036年、世界が平和なまま迎えた約30年後の未来。
ただ一つ変わったことは、『神姫』と呼ばれるフィギュアロボが人気を集めていること。
全国の主要都市には神姫を購入できる「神姫センター」なる施設が建ち、
その中ではその神姫達を戦わせる「武装神姫バトル」が行われ、絶大な人気を得ている。
これは、一人の少女と一体の神姫の果て無き挑戦である……


朝…それは果てしなく、清々しいもの。
少なくとも私…長月スバルは、そう感じている。
そんな爽やかな朝に、最高の瞬間が訪れた。
「遂に手に入れた…私のマオチャオ~ッ!」
ついつい、お気に入りの神姫を見ると叫んでしまうのは私の悪い癖だ。
「…うぅ…何事ですか。マスター」
「ふわぁ…眩しいです」
「…またですか」
そのせいで、私の神姫たちが起きてきてしまう。
上から、天使型アーンヴァル「春姫」、犬型ハウリン「彩里」、忍者型フブキ「神無月」。
おかげで、フブキの神無月には、毎度のことながら呆れられている。
「起こしちゃってごめんね」
「いいえ、別に構いません。もしかして…この子の起動ですか?」
さっすが、私の神姫!察しが良いな。
「そ。あとは、CSCを入れるだけかな」
「手伝った方が良いですか?」
春姫が上目遣いで私を見る。
あぁ…ダメ!そんな目で私を…私を…
「姫、そろそろ起動を…」
神無月の言葉で、遠い世界に行きかけた私の意識が戻る。
「やばいやばい、また行きかけてしまった。じゃあ、そろそろ起動(お)きよっか?」
しばらくすると…CSCを装着し終えたマオチャオがゆっくりと目を開く。
「Kemotech製、Automaton神姫…猫型マオチャオ、KT36C1…セットアップ完了、起動します」
そう言い終えると、マオチャオは私の前にちょこんと可愛らしく立った。
「無事起動(お)きたましたね、マスター」
「ですが、お時間の方はよろしいのですか?」
春姫の安堵の声に対し、神無月の厳しい声が飛んだ。
「時間?今日は日曜日だし、学校も無いから大丈…」
ふと見た携帯の液晶画面に表示された時間と日付を見て、私は絶句した。
AM7:55 9月1日 月曜日…
「…あれぇ?壊れたかな、この携帯。まだ変えたばっかりなのにぃ…」
「壊れてもいませんし、日付も9月1日で間違いありません。
そもそも、姫は昨日からその子を見つめっぱなしでした。
気付いてなかったと?」
私のボケもスルーして、神無月は滅多に見せない怪訝な顔をしてそう言った。
もしかして、若干キレてる…?
「…つーことは、私、24時間くらい起きてたってこと?」
恐るべし!長期休暇。
長い休みのあまり、曜日感覚がずれて今に至る…と。
「姫!ですから時間が…」
「うわーん。せかっく起動(お)きたのに、話す暇も無いなんてぇ~」
「自業自得です」
「そうそう、マスターが悪い」
「少しは自覚をしましょうよ…」
「?」
訳の分かっていないマオチャオをよそに、神無月と彩里、
それに春姫と三体の神姫たちにキツイ言葉を浴びせられながら、私は渋々学校に行く準備をする。
そんな時、マオチャオが私の袖を引っ張った。
「ん?どうしたの?」
「私の名前…」
おぉう!学校に間に合う、間に合わないの問題じゃない!
起動(お)きたばかりの神姫に、名を付けずして何が神姫オーナーか!
「ごめん、ごめん。すっかり忘れてた。
ちょっと待ってね。えっと…確かここに…」
ゴソゴソと机の中を漁ると、あった…紐付きの小さな鈴。
「これを首に掛けて…と。
貴女は、香鈴。香るに鈴で香鈴っていうの。どうかな?」
私はニッコリと笑って、マオチャオ改め『香鈴』を見つめながらそう言った。
「うん!気に入ったよ!それで貴女のことは何て「スバルお姉ちゃんで!!」」
香鈴の喜ぶ声を聞きながら、私は真っ先に呼び方を叫んだ。
「無駄に早いですね。マスター」
春姫が呆れた声でそう言った。
「だってだってぇ、こういう子にお姉ちゃんって呼ばせるの夢だったんだもん。
…って、うわっ!?時間が!
ゴメン春姫、あとのことは最年長者である君に任せた!
う~!あ~!遅刻ぅ、遅刻ぅ~っ!」
バン!と扉を開けて、叫びながら私は家を出て行った。


オーナーであるスバルが居なくなった部屋は、騒がしさが消え静寂が辺りを支配する。
「まさに嵐ですね…姫は」
「まぁ、いつにも増して賑やかだったことは確かだね…」
「気にしたら負け…マスターはいつもそう」
神無月と彩里、春姫の三体は「「「はぁ~…」」」と、ため息を吐いた。
「?」
最後の最後まで、訳の分からない香鈴だった…。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー