メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そのろく「類は共を呼び友になるのか?」



 きりきりきりきり

 ひゅっ

 ずとん

「的中」

 現在部活動の真っ最中。
 人間何事も平常心が大切だよね、って取って付けた事を言うつもりも無いけど、雑念邪念を振り払いたい僕にとって、この部活を選んで良かったと言わざるを得ない。
 昨晩のアレは、なんて言うかダメすぎる。
 おかげで今朝は、なんとなくティキを正視出来なかった。
 そういう意味でも弓道っていいよね。精神修行だし、集中しないと動作に現れる。
 つまりへまをやらかしたくなければ余計な事は考えないようにしないといけない。
 ひとしきり矢を番えた僕は、更に精神を落ち着かせる為道場の隅で正座し、反目閉じる。
 ウチの学校の弓道部は大会等で好成績を残す事を目的としていない。なら何が目的なのかと言えば、「修練」なのだそうだ。
 だから勝つ為の技法より、心構えや求道性を求められる。そんな指導で強い選手など早々育ちはしない。
 つまり、そんな空気感のある部活と言う事。
 だから僕が隅で心を落ち着かせる為に正座をしようが、誰にもとがめられる事は無い。
 顧問に言わせればむしろ奨励。
 実際にどんな邪念妄想を打ち消そうとしているかなんて、誰にもわかるはず無いのだから、僕はこの時間を有効活用し、必死に平常心を取り戻そうとしていた。
 すうっ、と僕の隣に誰かが座る気配を感じる。
 一人が座して、他の部員がそれに倣う事も多々あることなので、僕は気にしないで雑念と闘っていた。
 の だ が、
「武装神姫」
 耳元ではっきりとそう聞こえた。
 雑念を読み取られるわけ無いんだけど、僕はそれでもギョッとして今となりに座した人を確認する。
 同じ一年の式部敦詞(しきぶ・あつし)がそこにいた。
 式部は目を閉じたまま、小声で続けた。
「明日の放課後、神姫を連れて三丁目の公園に来い」
「……わかった」
 僕は、やはり小声で答えるしかない。僕は学校ではそういう興味がまったく無い人間として過ごしているので、事を大きく出来ない。たとえそれが脅迫だとしても、だ。
 結局僕は、新たな雑念を抱えて家路に就くことになった。



 次の日
 部活が無い日をわざわざ選ぶのは、やはり同じ部に所属するからで、部活がある日だと時間的に都合が悪い。そういう意味じゃ常識的な相手。
 つまり、あまりにも非常識な要求はしてこないだろう、と僕は予測する。
 正確に時間を決めていたわけじゃないので特に急ぐ事も無く、僕は公園に到着した。
「遅い!」
 来るなりヤツはそう言う。
「別に時間決めてたワケじゃないだろう?」
 僕は答える。チョット言葉が強張るのは緊張してるから。
「それがお前の神姫か?」
「そ……そうだ」
 式部は僕の頭の上にいるティキを見る。今日のティキは母さんが作った服を着ていた。
 そんなティキを確認し、式部はチョットだけ目付きをきつくした。
 頭の上でティキがビクッと震えるのを感じる。
「なんで武装して無いんだよ」
「……はぁ?」
「それじゃあバトル出来ねーじゃんかー!」
 式部はそう言うと、大げさに天を仰ぐ。
「……話が読めないんだけど?」
 そう言った後で、僕は式部のすぐ近くで宙に浮いている、小さな人影を確認した。
 白い素体に真っ赤なアーマー。
「おい、それって……」
 僕は思わず指差す。
 果たしてそこにいたのはMMS TYPE SANTA CLAUS ツガル。
 その姿に頭上のティキも気付いたんだろう。僕の頭の上でジタバタと暴れだす。
「マスタ! マスタ! 見た事無い娘がいるですよぉ☆ すごいですよぉ♪」
「まだ発売して無いウエポンセットの!!」
「はい。はじめまして。きらりです。よろしくお願いします」
 未だ天を仰いで悶絶している自らのオーナーを尻目に、きらりと名乗った神姫が丁寧にお辞儀した。



 公園にいたままじゃ埒が明かないという結論に至って、僕らは連れ立って近所のアミューズメント・センターに場所を移した。
 ここは所謂昔で言うところのゲーセン。それにファーストフード店とそして武装神姫のアクセスセンターとを兼ね備えている施設だ。
「つまりBAのコニ○・パレスみたいなところなのですよぉ♪」
「……誰に対して言ってるかわからない上に、僕には言ってる意味もわからん」
 遠慮がちにティキにつっこむ。
 場所柄だろうか、周りには神姫を連れた人たちで賑わっている。ここではセカンドリーグまで扱っているらしいので、そういう意味じゃリーグ参加者が多いのも当然か。
 僕らの様な地方(と言っても首都圏)に住んでいる人間にとって、こういう施設は需要が高い。
 僕らは適当に空いている席を陣取ると、軽食を取りながら改めて話を始めた。
 あー……でも、たいした話でも無いので内容だけ。
 要するに、式部は僕とティキが初めてバトルしたあの試合を偶然にも目撃していたらしい。それでオーナーの顔を覗いて見たら、何と見知った顔じゃないか。神姫ユーザーである事を(僕とほぼ同じ理由で)隠していた式部は、何としても発見した同士を逃がすわけには行かない。
「と思って、つい声をかけちまったんだよ」
 式部はそう言ってジュースのストローに口をつける。
「それにしたって、もっとやり方ってあるだろう? っと、ティキ、ウロチョロしない」
 答えながらもティキをあやす。ティキとしては珍しいんだろうな。もっと色々と外に連れ出さないと。反省。
 そういう意味じゃ、きらりは落ち着いたもので、大人しく座って式部と一緒にポテトをかじっている。
「あんな言い方じゃ、どう好意的にとっても友好的には受け取れないよ」
 僕は大好きなマウ○テン・デューに手をつける。
「あー…… それについては反省してる。よっぽど切羽詰ってたんだな、俺」
「一人で納得するなよ」
「ははは。まぁ良いだろ? で、それじゃ、改めて。今度部活が無い日に、俺のきらりとお前のティキでバトルしようぜ」
 そう言って右手を僕に差し出す。これは握手しようってことかな?
「わかった。明々後日だね。……最初からそう言ってくれれば良かったんだよ」
 僕は式部と握手を交わす。こういうのって慣れて無いからチョット照れる。
「へへへ、こういうの、チョット照れるな」
 まるで僕の心の中に浮かんだ言葉をそのまま言った様な、そんな事を口にした式部に驚く。
 だけど、僕が驚いた事には気付かなかった様で、式部はごく普通に話を続けた。
 その後、僕と式部は今まで誰にも言えなかった神姫の話を十分に語り合い、ティキときらりはお互い知らない事を情報交換し、親睦を深めていった。



「それじゃぁ、またな」
「うん、また明日」
「今度はバトルフィールドで会おうね」
「ハイですぅ♪ 楽しみなのですよぉ♪」
 僕らが別れの挨拶を交わす頃にはもう時間は十分に遅くなっていて、とても高校生が遊んでいる時間とは言えない。
 空には満天の星が輝いていた。

「明日も晴れそうだね」
「ハイですぅ♪」
 足取りも軽く、僕は家路についた。
 ……母さんに怒られる事は必至なんだけど、ね。

終える / もどる / つづく!




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー