メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 「くそ…一体どうなってるんだ…」
 暗く混沌とした意識の中、ヤクトはよろよろとからだをおこした。
 「たしかあの時、あの黒い奴が現れて、そんで…どうなったんだったかな」
 ヤクトは周りを見回したが、誰もいなかった。
 「カウベル…、不動、どこに行った…!」
 しかし、いくら叫んでもそこにいるはずの相棒達は返事をしてくれない。まるで消えてしまったかのように。
 「どういうことだ、みんないなくなるなんて…」
 ヤクトは立ち上がり、相棒達を探した。幸い、敵の姿は見えなかったが、この状態では探すのもままならなかった。
 「ここも派手にぶっ壊されたからな…。早いとこ探さないと」
 廃墟と化した戦場の中を、ヤクトは歩き始めた。


ネット界の侵略者 出撃、特殊部隊 その1



 話は数時間前にさかのぼる。
 「どうやら集ったようですね」
 会議室に集った参加者たちに説明を始める担当者・鈴原は、今まで起きた事件の数々を説明し始めた。
 「今まで起きた事件の事はご存知だと思います。あなた達を呼んだのも、この事件を解決していたただくためです」
 鈴原は近くにあるパソコンで、プロジェクターを使いデータを映し出した。
 「まず、これをご覧ください。これは今まで被害にあわれた営業所や施設などのデータです。R・B・M(ロボットバトルシステム)があるところや、データバンクがある場所などを集中して襲われています」
 そこには、様々な施設が混乱に落ちいている場面が映し出されている。その中には、近日オープンする場所もあった。
 「そこって、今度オープンする…」
 「そうです。先日、そこの施設もホストに大ダメージを被りました。現在のところ、復旧の見込みが立っていない状態です」
 そのことを聞いた一同の話し声がぴたりとやんだ。
 「…作戦は一刻を争います。今、敵がどのような手を使って他の施設を襲うのか、わからない状態です。ですから、あなた達には早期殲滅をお願いしたいのです」
 「ですが、どうやって敵を見つけるのです?今の状態では相手の居所すら見つけられない」
 鈴原はその問いに静かに答えた。
 「まず始めに先発隊を派遣します。そのあと相手に動きがありましたら、後発隊が行動を開始します」
 「ちょっと待った、先発隊ってのはすなわち囮、という意味じゃないのか?そうだとしたら、誰がその役を担うんだ?」
 参加者の一人の質問に、再び周りが騒ぎ始めた。
 「そんなこと、誰がやるんだろう」 
 「そんなのやるのは命知らずしかやらねえよ」
 殆どの参加者は、その作戦に否定的のようだった。無理もない、囮になるということは、パートナー神姫を危険な目にあわせるということになるのだ。
 「皆さん、作戦内容には否定的のようですね。では、別の作戦に…」
 鈴原が言いかけたそのとき、一人のオーナーが手を上げた。
 「その役目、私たちにやらせていただけませんか?」
 手を上げたのは和多だった。
 「今後被害が広がるのは必至です。これから次の作戦を考えるのにも時間がかかりますし、今行動に移さないとこの地域だけではなく、他の地域にも飛び火してしまいます。ですから、私たちがやります」
 和多が立候補した事によって、周りはますますどよめいた。
 「和多さん一人ではなんですから、自分も行きましょう」
 後ろの方から誰かの声が聞こえた。
 「好村さん」
 好村という男はすっと立ち上がり、続けて話した。
 「もしもの事があってはいけませんから、和多さんの神姫のサポートを私のアスティとリオーネでやります。宜しいでしょうか?」
 「いいでしょう」
 先発を希望する好村と和多の行動に、他のオーナーたちの表情が変わった。そしてその後、オーナー達が次々と参加すると言い始めた。
 「俺、やります」
 「和多さんたちがやるなら、私も」
 意外な反応を見せるオーナー達の顔色を見つつも、鈴原は落ち着いた声で答えた。
 「先発隊はあくまでも相手をひきつける役目を担っていますから、少数で行動することが好まれます。よって、先発隊には和多さんの神姫、ヤクトとカウベル、好村さんの神姫、アスティとレオーネで行います。ほかのオーナーと神姫は、私の指示があるまで待機してください」
 話が終わると、和多と好村以外のオーナー達は会議室から去って行った。
 「さて、お二人にはネットルームに移動していただき、出動の準備をしていただきます。セッティングはルームの中で済ませてもかまいません」
 鈴原の指示通り、和多たちはネットルームへ移動した。

  「それでは、自分の神姫をカプセルの中に入れてスタンバイしてください」
 マシンナリースタッフが用意してくれたカプセルに、二人はそれぞれの神姫を中に入れた。
 「ヤクト、カウベル、そして不動、気をつけていくんだぞ」
 カプセルに入ったヤクト達を、和多は念を押した。
 「分かってるよ、用はあいつ等をおびき寄せたらさっさと戻ればいいんだろ」
 「さくっと言うんですね~、私はちょっと心配です」
 トライクモードに換装された不動にまたがったカウベルは、少し不安そうな顔つきになった。
 「ダイジョウブデス、ワタシガフタリノサポートヲシマスカラ」
 珍しく不動が元気付けるように話した。
 「お前、いつの間にしゃべれるようになったんだ?」
 「ムカシカラデスヨ」
 ヤクトの突込みにも冷静に返す不動。
 「おしゃべりはそれくらいにして、発進の準備をするんだ」
 「はいはい、それじゃ、行きますか」
 ヤクトは不動の後部に設置されたパッセンジャーシートにまたがった。
 「準備OK」
 「いつでもどうぞ」
 ヤクトとカウベルは発進に備えて姿勢を低くした。
 「好村さんのほうも準備終わりましたか?」
 「OKです。それじゃ、アスティ、リオーネ、準備はいいか?」
 好村は相棒であるアスティとリオーネに声をかけた。アスティはイーダタイプの神姫、リオーネはムルメルティアタイプの神姫で、それぞれ性格も基本装備も正反対の神姫である。
 「ああ、いつでも発進OKだ」
 「リオーネさん、そんなに硬くならないの」
 緊張で硬くなっているのか、リオーネの話し方はギクシャクしていた。
 「そ、そうか、すまない」
 アスティはトライクのシートに、リオーネはスナイパーライフルとガトリングを背負ってパッセンジャーシートに座っている。このポジションは、ヤクトとカウベルに似ていた。
 「あれ、あっちも同じポジションになってるな」
 カプセル越しであちら側の様子を見ていたヤクトが物珍しそうにしていた。
 「あっちもトライクだからな、高速戦闘になるから、このタイプを選んだんだろう」
 「そうだな、そんな理由なら仕方ねえな」
 和多の答えに、ヤクトは少し納得したような顔つきになった。
 「それでは、目的地まで転送しますので、発進の準備をしてください」
 「「「「了解」」」」
 四人の神姫は鈴原の指示に従い、発進の姿勢に入った。
 「それでは、システムを起動してください」
 鈴原は近くのスタッフにシステム起動の指示をした。
 「よし」
 「いきます…」
 覚悟を決めた四人の神姫は、発進までの時間を静かに待った。
 「では、先発部隊、出動!!」
 鈴原が叫んだその瞬間、ヤクトたちはネット空間へと飛び込んで行った。










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー