メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 プログラムの間隙を突け

 ルールの穴をかいくぐれ

 敵はシステムなり


CROSS LO[A=R]D


第一話「修正」


  背後に相手が出現するのを、そのマオチャオはまったく気付かなかった。
  いや、センサーの反応が追いつかなかったのだ。
  真っ赤に赤熱するサイズ・オブ・ザ・グリムリーパーが、猫型MMSのそっ首を一振りのもとに掻き切った。
  泣き別れになったマオチャオの首と体は、ポリゴンの塊と化して消滅した。

『試合終了。Winner、クエンティン』

  トレードマークの眼鏡を中指でくい、と戻し、ストラーフ「クエンティン」は観客へウィンク。
  アクセス解除。



「ねねねね、あと三戦もすればファースト入りよ、お姉さま! どーよアタシの実力!

  帰り支度をしながら、クエンティンはへへん、と胸を張った。

「ファースト入りはそんなに甘くないわよ」

  クエンティンのオーナー、夢卯理音はパーツを片付けつつ、諭すように言う。

「こうしている間にも他の神姫のポイントは変動して、ランクは変わるのよ。単純に三戦勝てばいいってわけじゃないわ」
「じゃあもう一戦しましょうよ!」
「今日はもうここにあなたよりランクの高い神姫はいないわ。帰りましょ」
「ぷー」

  ふくれているクエンティンを肩に乗せ、理音は立ち上がった。

「それに……」

  対戦ブースを振り返り、観戦用大型立体モニターを見上げる。
  そこにはお互いに瞬間移動しながら戦うアーンヴァルとヴァッフェバニーが映し出されている。

「流行りすぎてる。もうあれは使えないわね」

  トランクを持って、理音はセカンドリーグ・センターを後にする。

◆      ◆      ◆

  数日後。
  パソコンの画面にはフォトショップのウインドウが開かれており、そこにはゲーム画面らしき作りかけのイラストが映っていた。
  理音はグラデーション作業を途中で止め、メガネをずらして眉間を押さえる。

「もう二徹よー。そろそろ休んだら?」

  後ろのベッドの上で寝転びながら、クエンティンが背伸びをした。また昔のアルミニウム粉末で受けた攻撃の記憶がボディをちりちりさせる。実際にリアルのボディで受けたわけではないダメージ。
  これも一種のスティグマータなのではないかと、クエンティンは本で読んだことを思い出した。

「まだ締め切りまでかなり時間あるんでしょ? いまからそんな修羅場モードなやり方だと、死んじゃうわよ」
「ふぅ……そうね」

  理音は保存してフォトショップを終了。

「死んじゃったらクエンティンを可愛がることができないものね」
「もう、お姉さまったら」

  照れくさそうに手を振るクエンティン。
  理音はふと気がついて、ネットブラウザを開き武装神姫の公式ページを開く。
  ホットニュースの欄に、バーチャルバトルシステムメンテナンスのお知らせがあった。
  内容はこう書かれていた。

明日朝六時より八時の間、プログラム修正のためメンテナンスが行われます。
改正内容は次のとおりです。
・アクセスポッド内にコアとMMS素体の両方が揃っていないと本体認識
されないようになります。
・サイドボードにコアを含むMMS素体を配置しても認識されなくなります。

  具体的な言及は無いが、これは明らかに理音たちが始め、いつしかネット経由で構造が解析され、特殊装備を使うオーナー達がこぞって使い出し、いまや一つの流行になりつつある例のダミーコアとサイドボードを利用した瞬間移動、を禁じる修正であった。

「やっぱりなったか。お仕事早いわね」
「えっ、なになに?」

  クエンティンが肩にぴょい、と飛び乗り、画面を覗く。

「……うそ~! もうあの瞬間移動使えないの!?」
「セカンド以下のバーチャルバトルに流行りまくってバランス崩れかけてたものね」
「これからどーするのよ?」
「別に? 私たちにあるのはあの瞬間移動だけじゃないでしょう」
「そうだけど……」
「ま、なんとかするわよ。それが私達のやり方だもの」

  自慢の長い黒髪をかきわけて、理音は言った。
  あわく心地よい香りがクエンティンの嗅覚センサーを絶妙に刺激する。一番好きなにおい。

「それでこそアタシのお姉さまだわ」

  理音の首筋にしなだれかかる。
  どんな逆境も地獄も、お姉さまと一緒なら乗り越えられるのだ。

◆      ◆      ◆

  彼女は逃げていた。
  かたまりの大きなぼたん雪が降る夜半。
  すでに道路には数センチの積雪があり、人間にはどうということがない厚さでも、身長およそ十五センチの彼女には逃走を邪魔する障害でしかなかった。
  後ろを見つつ、息を切らせて雪を踏み走る。呼吸をすることのない彼女が「息を切らせる」という不随意運動をするのは、気温の冷却が間に合わないほど、彼女のボディが熱を上げているからだった。
  試験用のこのボディでは、キャパシティの限界を大きく超えている。全てを無理やり圧縮して持ってきたが、そろそろ限界だ。
  背筋に悪寒が我が物顔で駆け抜ける。それほどの脅威がすぐ後ろに迫っているのを、彼女は知った。

「くっ」

  振り向き座間に手をかざす。
  右腕部下の空間にらせん状に何かが現れる。何も無いところから何かが実体化する。
  ここはバーチャル空間ではない。
  らせん状のものが顕現を終える。それは長銃身のハンドカノン。
  ハルバード。
  脅威に向けて、弾体を射出。
  シパッ、という加速音。火薬式ではない。レールガン。雪に混じって白く輝く弾丸の軌跡が空間を横切る。
  粒子ビームで無いことに彼女は驚愕した。
  人間距離で数メートルほど飛んだ後、突然パキン、と、何かに弾かれる。そこに脅威の正体が居るのだが、このあたりには外灯が無く、輪郭がつかめない。

『無駄だ、お前の素体ではケほどの運動エネルギーも発生されない。おとなしく戻されろ。お前は必要だ』

  脅威がしゃべる。音も立てずに急接近。

「い、や、だ」

  彼女はカノンを再びらせんに戻して、消す。
  代わりに左腕にらせんが発生し、鋭く頑丈そうなナックルが現れる。
  ガントレット。
  太いシャフトで繋がれた短距離ロケットパンチのようなそれで、彼女は眼前に迫った脅威を殴り飛ばした。
  本来ならば粒子の塊が出るはずなのだが。演算能力も容量も足りない。
  脅威がまたたくまに遠ざかる。ひとまず安全は確保された。
  だが、彼女はもう動けなかった。
  オーバーヒートが過ぎる。神経回路が失神する。
  彼女は道路の、積雪の上に崩れ落ちた。
  すぐにぼたん雪が彼女の上に積もり、彼女を隠した。
  しんしんと降る雪の、本当にかすかな音だけが、辺りを支配する。
  夜は何事も無かったかのように更けてゆく。


つづく





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー