メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-”A”-


私はアーンヴァルタイプのMMS。
愛称はアルファ。
マスターが最初に購入したMMSだから。
”A”を指すコード。


闘技場へはマスターのセカンドカーで行き来する。
マスターが運転し、他の神姫たちは後部シート。
セカンドシートは私の定位置だ。
帰路。
戦績が悪いときは家までの一時、この位置は地獄に感じる。
戦績が良いときは天国だ。
運転中、マスターが私たちに言葉をかけることは無い。
それでも
機嫌の良いマスターの横顔を眺めていられる。
他の神姫たちの目を気にせずに。


ガレージに車を入れるとマスターはさっさと二階の居住区画へと階段をあがっていく。
他の神姫たちはこのガレージが兵舎となる。
指揮官機である私だけが二階に入ることを許されていた。
「今日はよくやった。
各自装備の手入れがすんだらゆっくり休め。
後はまかせたぞ、ブラボー。」
今日の戦闘データのやりとりを終えると私は二階へと向かう。
人間用の階段も飛行ユニットを装備したアーンヴァルタイプの私には苦にならない。
「失礼します!」
ドアにあけられたMMS用の出入り口
(元はネコ用だと聞いた)の前で声をあげてから5秒後に入室する。
マスターが入室を拒むときは何か返事があるからだ。
返事がないということは入室を許可されたと判断するのが常だった。

マスターはさっそくネットワーク端末に向かい、今日のニュースに目を通されている。
机の角へと飛び上がって、直立不動の姿勢をとる。
「戦闘結果のご報告にあがりました」
「ん。データ送っといてくれ」
ちらりと私を一瞥して視線をモニターへ戻す。
「マスター…」
私の言葉をさえぎるように小さくため息をつくマスター。
「ワイヤレスは情報漏れの危険性が高い。か?
ったく・・・」
ネットワーク端末につないだ接続用ケーブル、
その先を指でつまむマスター。
私はこれ以上ないくらい素早い動きで
自分の端子口をあける。
「接続準備完了!」
──!!
ズブリと一気に差し込まれる端子。
その衝撃が全身をかける。
カチリと私の奥に端子がおさまる。
声が出そうになる。
マスターはモニターへ視線を戻してネットワーク端末を操作しはじめる。
端子をくわえこんだ私の部分が熱くなる。
んぅぅ・・・
有線接続にどうしようもない昂りを感じる。
マスターの横顔。
マスターがネットワーク端末を操作する動作。
それを見て机の端で身悶えする自分。
…最低だ。
頭の中であらん限りの罵倒を自分に浴びせる。
でも
コアが熱くなるのがとまらない。
マスター!マスター!マスター!
………
……

「…だなぁ。まぁ、こんなもんか…」
ブッ!
モニターを眺めながら片手で乱暴に端子を引き抜くマスター。
「ひぁ」
思わず小さな声が漏れた。


本棚の隅。
何かの部品を梱包していた気泡緩衝シート
(プチプチのアレ)が私のベッドだ。
ここからだと部屋が見渡せる。
警備には最良のポジション。
そして、マスターの寝顔も。
武装神姫のAIは成長する。
それが武装神姫の魅力であり強さであると言う。
そしてAIの成長に失敗したものは捨てられる。

AM6:45
そっと、マスターの枕元へ降り立つ。
寝息でマスターが熟睡していることを確認する。
「…マスター…」
大きなその頬へそっと自分の頬を寄せる。

温かい。

不自然なその格好のままでも
苦痛を感じないこの身体に感謝する。

AM6:59
そっと身を離して目覚まし時計の鳴るのを待つ。
”piririri!!!!!”
「起床時間です!おはようございます!マスター!」
挨拶が返ってくるかどうかは…

残念ながら確率が悪い。



「ガラクタども!お前らはマスターを愛しているかっ?!」

配下の神姫を前にして今日も私は闘技場の格納庫で叫ぶ。

「相手のガラクタどもを残らずファックしてやれ!総員出撃!!」

私は戦い続ける。
オイルと硝煙にまみれて。
失敗したと言われぬように。
捨てられぬように。


愛しているから。

  • end-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー