メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 うかつだった。
 そんなことをぼんやりと考える。
「どうしたのマスター?」
 耳元でわめいているちび人形を無視して、もう一度思う。
 うかつだった。
「どうしてマスターはボクのことを無視したがるのかなあ?」
「……うるさい、気分が悪いんだよ」
 脂汗のにじむ額をぬぐって、肩にのったちび人形に毒づく。
「ひどい汗だね」
「……こんなに人がいるところにきたのは久しぶりだから、気持ちが悪くなったんだよ」
 人いきれに酔った僕は壁にもたれかかりながら荒い息を吐く。
「そっか、マスターって引きこもりだもんね」
「……………」
 言い返す気力も出ないまま、大勢の人間が出入りするそのビルを見上げる。
 でかでかと掲げられたポスターには白いアーマーを着込んで、ジェット戦闘機のウイングのような羽を背負った少女と、つい先日、僕が部屋でいじっていたアシストアームを背負った、僕の肩に乗ったちび人形そっくりの少女が戦っているところが描かれている。
 そしてそのすぐ下には看板をかねたアルファベットが立体的に浮き上がっている。
 SHINKI CENTER
 それがこのビルの看板だった。



「あの……神姫バトルがしたいんですけど……」
 受付カウンターで恐る恐る声をかけると
「はいはい、初めてですか?」
「あ、はい……」
 カウンター越しに受付の女の人が愛想笑いを浮かべて言う。
「BMAだったらそのまま参加手続きができるんだけど、VBLに新しく登録する?」
「VBL……?」
 BMA……武装神姫バトル管理協会については、神姫のことを調べている時に知識を得ていたけれど、VBLという言葉については聴いて記憶がなかった。
「最近できたリーグでね、バーチャルバトル専用のリーグなの」
「バーチャル……?」
「ええ、神姫バトルがいくら安全って言っても絶対ってことはないし もしかしたら神姫が壊れちゃうかもしれない。それでなくても試合の度の消耗品だって少なくないでしょ? そこで新しくできたリーグね」
 僕が子供だからか、少しだけ営業スマイルを引っ込めてその人が説明する。
「……BMAのままでいいです」
 少しだけ考えて、そう答えていた。
「いいの? 修理とか大変だし、まず大丈夫だとは思うけど、神姫ロストの可能性も……」
「壊しあいでしょ、神姫バトルなんて。それにバーチャルデータなんて自分の部屋でも出来ることをするために、わざわざここまで来ても仕方ないですし」
 馴れ馴れしい口調に少し苛ついて、はき捨てるように言ってしまった。
「でも……」
 なおも、聞き分けのない幼児を教え諭そうとする保母さんみたいな言葉がつむがれる。
「……っ!」
 それにますます自分の神経がささくれ立って行くの自覚していたところで……
「そうだね」
 耳元で聞きなれた声が響く。
「ボクはここにホントの戦いをしにきたんだから、バーチャルバトルなんて、興味ないよ」
 ニヤリ、と不敵な笑みを浮かべてチビ人形……ジェヴァーナが言う。
「いいの?」
 心配そうな視線が僕からジェヴァーナに移動する。
「もちろん。ね? マスター」
「あ、ああ……」
「ちなみにマスターも初心者だから、Cランクでヒマの人ね。そんなに戦闘経験がない人の方がいいけど、ランクさえあえばあとはいいから。ステージはできればシティで」
 毒気を抜かれてうなずく僕の代わりに、ジェヴァーナが矢継ぎ早に受付の人に言いつける。
「うーん……はい、わかりました。それじゃ手続きしておきますから、ティールームでお待ちください」
「よろしくね、お姉ちゃん♪」
 僕のことは置いてけぼりな感じで、ジェヴァーナがフォローするみたいに笑顔を向ける。
「……どうも」
 なんとかそれだけ答えて、申請のためにオーナーカードをチェックしてもらい、僕たちはカウンターを後にした。


 ……なんだか、無駄に疲れ続けてる気がするな……
 やっぱり外出なんて、するもんじゃない。
 このちび人形にそそのかされて、実際のバトルでデータを取ろうなんて考えたのが、すべての間違いだ。
 ……それにしてもなに考えてんだ、こいつ。
 ジェヴァーナが壊れても別にかまわない。
 そんな意味に取られて当然の発言に、こいつは追従した
 所詮、神姫はオーナーに絶対服従するように作られているだけと言えば、そうなんだろうけど……
 それでも、少しだけほっとしてしまった気がする。
 なにに?
 ジェヴァーナが……僕を信じてくれたことに?
 ……ばかばかしい。
 そんなこと、こいつが考えているわけないし、そもそもそう見えるようにプログラムされている神姫がオーナーに不利なことを言うはずがない。
 ただそれだけの……
「マスター、またなんかひねくれたこと考えてる?」
「……なんだよ。それ」
「だって、こーんな目してるんだもん」
 ジェヴァーナのやつが、イヤミな笑みを浮かべながら、目の横に指をやって、横にひっぱる。
「そんな顔してないだろ!」
「自分の顔は自分では見れないもんね」
「見なくたってわかるさ」
「見ないとわからないから、リアルバトルをしたいんじゃないの?」
「ホントに口が減らないな、お前……」
 ……だけど、こんな会話が以前ほどうっとうしくなくなっているのを感じる。
 慣れって怖いな。
「まーたなんか、ひねくれたこと考えてる」
「いい加減にしてくれ……」
 ほとほとあきれてそういったところで……
「あ、マスター、あれ!」
「……?」
 ジェヴァーナがティールームに設置されたディスプレイを指差していた。
 そこには、僕とジェヴァーナの名前が表示されていた。
 それがゆっくりとスクロールしていく。
「決まったな。お前のデビュー戦」
「違うよマスター」
 横目で僕を見ながら、ジェヴァーナが否定する。
「……ジェヴァーナの」
 バトル前に余計な口論をするのも面倒だったので、素直に訂正しておく。
 だけど……
「それも違う」
「……?」
 再びジェヴァーナの否定が返ってきた。
「ボクのデビュー戦じゃない。ボクたちのデビュー戦なんだよ」
「……戦うのはお前だろ」
「それでも、だよ。ボクとマスターが戦うんだ。このバトル……ううん、すべての神姫バトルは神姫とそのオーナーが戦うんだよ」
「BMAかなにかの受け売りか? それともそう言えって出荷段階でプログラムされてるのか?」
「プログラムなんかじゃないってば。武装神姫だったらみんな最初から知ってる心に刻まれてることだよ」
「……それが焼きこみプログラムとどう違うんだよ」
「わからないかな。とっても簡単な事なのに」
 くすり、となぜだか少し大人びて見える笑みを浮かべる。
「どういう……」
「変な名前」
 聞き返そうとしたところで、とたんにその表情は消えて、いつもの少しからかうような、小生意気なだけの表情が取って代わる。
「……?」
 ジェヴァーナの視線を追うとそこには僕たちの名前がスクロールアウトし終わって、その対戦者……つまり、ジェヴァーナの相手の名前が表示されていた。
「えいせん?」
「ドイツ語だろ。鉄……っていうか、クロガネってニュアンスの意味だったはずだ発音は確か……」
 小説かなにかで見覚えのあるそのアルファベットの並びの発音を口にする。
「アイゼン」
 視線の先、ディスプレイの対戦表には、
『U1 & Eisen』
と表示されていた。


「トップへ」「戻る」「次へ」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー