メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「こんばんは、あなたの3Sが斬るのお時間です」
「ちなみに、所有格への抗議は一切受け付けておりませんワン」
「……まさにありがた迷惑」
「しかも今回は、豪華三本立て!」
「正気の沙汰とは思えませんねワン」
「……まさに自重しろ」
「さて、本日のお題はこれ! 『ちょっと小粋な神姫ジョーク』!」
「これはまた突飛な方向にワン」
「……『隣の塀に、空き地が出来たってねー、ウォール』」
「まぁ皆さんに、小粋なジョークをご披露していただこうと、そういう企画です」
「しかも、せっかくですので神姫に絡んだジョークを、とそういう訳ですねワン」
「……『隣の柿はよく客食う餓鬼だ』」
「テッコさん、新種の妖怪誕生は程ほどにお願いしますワン」
「しかもそれはジョークですらありません」
「……残念」
「ええと、このままではいつもの事とはいえグダグダになる一方ですので、
私めが先陣を切らせていただきますワン」
「おー」
「(ぱちぱち)」
「では。

……あるマスターの前に、魔神が現れてこう言いました。
『三つまで、何でもお前の願いを叶えてやろう。さあ、三つ目の願いを言うのだ!』
そこでマスターが、なぜもう三つ目なのかと問うと、魔神はこう答えました。
『それはな、二つ目の願いが”一つ目の願いをなかったことにする”だからだ。
それを叶えて、一つ目の願いが実現する直前までさかのぼったから、
お前にはその記憶がないと言うわけだ』
マスターは釈然としないながらも、三つ目の願いを口にしました。
”自分の武装神姫と、ずっと一緒にいたい”と。
魔神は大きく頷きました。
『よかろう、その願いを叶えよう!』
そして魔神は、にやりと笑ってこう付け加えました。
『だが、その願いは一つ目の願いと同じだな!』

……以上、お粗末でしたワン」
「……興味深い」
「ええ、まったくです」
「確かに、ジョークとはいえ含蓄のあるお話ですワン」
「いえそういう教訓めいたお話はどうでもよくてですね」
「(うんうん)」
「と仰るとワン?」
「ええ、犬○さんが、そのジョークを選んだ心理的背景を推察すると、なかなかに興味深いな、と」
「……無自覚な不安の投影、あるいは立場の倒錯」
「は、ありえませんワン」
「……言い切った」
「言い切りましたね。犬○さん男前です」
「ご理解感謝です。……ですが、まぁですねワン……?」
「?」
「なんでしょう?」
「私がこのジョークを知った際に、私のよく知る武装神姫たちを思い浮かべなかったといえば
嘘になりますねワン」(見た目だけは純粋は微笑み)
「……………………」(不敵な微笑み)
「……………………」(シニカルな微笑み)


「元のジョークは、武装神姫の部分を恋人に替えたものですね」
「男女関係とか結婚とか、ブラックジョークの宝庫だしねぇ……あれ? どうしたの?」
「ご気分でも悪いのですか?」
「は?!………ち、ちがうわよ?! 別に『私も契約キャンセルできないかなー』なんて
カケラも思ってないわよ?!」
「……ご苦労されているようですねぇ」
「うん、恥ずかしい事じゃないよ。人間たまに心が弱まったとき、普段なら絶対に考えもしないような、
魔が刺したとしかいいようがない事をふっと思ってしまう事だってあるよ?」
「や、優しい目で私を見るなー!!」











| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー