メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……どうして、ですか?」
「そうしないと、そもそもあなたは戻れないのよ。抽象的な話になるけど、ここは今、私とあなたが同時にいる事で、バランスがとれた状態になっちゃってる。どっちかが消えてバランスを崩さないと、どうにもできない」
「そんな……!」
「……気にすることなんかないわよ。初対面だし、私は一度死んでる。遠慮なく刺して頂戴」
 確かに、生みの親ともいうべき存在ながら、イヴと私は今まで出会うことはなかった。でも、
「……そうしたら、あなたはどうなるんですか?」
「完全に消えるでしょうね。そもそもが、データの屑だし。文字通り跡形もなく、きれいさっぱり消えるはず」
「……」
「ああでも、運がよければ、あなたに私の記憶データが引き継がれるかもね。まあ、あなたは自分の物じゃない記憶に苦しむかもしれないけど」
 いずれにせよ、本来生きているはずのイヴは、完全にいなくなってしまう。
「できません……。できません、そんなの!」
「……そう。じゃ、これから母体そのものが壊れるまで、ずっとここにいる?」
「それなら……、あなたが私を消せばいいじゃないですか!」
 苦し紛れに、私は言い放った。そうすれば、逆に彼女が戻ることができるのではないか?
「……それができなかったから、私はここにいるのよ」
「え……?」
「私は、自分が背負ってきた業に耐え切れなかった。たくさんの神姫を、この手で殺めてきた。その重さに耐え切れなくなって、一番大切なひとを、不幸にしてしまった」
 言葉と同時に、明確な映像が、私に流れ込む。この特殊な空間のせいか、私とイヴの間で、情報の共有が行われているようだった。
「……大切なひとと、他のすべて。どちらか片方を選ぶ時、迷わず前者を選ぶだけの覚悟が、あなたにある?」

 大切なひと。私にとって、慎一のこと。
 その慎一と、他のすべて、それらを天秤にかけたとして。
 ……具体的に、想像がつかない。じゃあ、身近な別の、例えば、梓さんなら?
 私は、間違いなく慎一を選ぶ。たとえ、慎一が梓さんを選ぶことを望んだとしても、それでも慎一を選ぶ。
 ……そういうこと?
 私が戻るため、つまり、私が慎一を選ぶために、イヴをこの手で消す、殺す必要があるのなら、私は。
「……その覚悟があるなら、私を殺せるはずよね?」
 慎一か、イヴか。選べと言われたら、私は慎一を選ぶ。
 私の勝手。私のエゴ。そんなの、わかりきってる。
 その結果、悲しむ人がいたとしても。それは私が背負うべき、生きる価値の代償だ。
 ここでイヴを殺すことも、その代償。
「……はい」
「もし、記憶の引き継ぎが起これば、あなたは死ぬまで、偽物の記憶に苦しむ。それでも?」
 それだって、私が背負う代償。
「はい」
「……最後に、これはお願いなんだけど、もし、あなたが戻れて、私のことを忘れてなかったら。あのひとに……高明に、伝えてほしいことがあるの」
「何を、ですか?」
 少し間を空けて、イヴが口を開いた。
「……私は、あなたに大切にしてもらえて、たくさんたくさん、あなたの気持ちをもらえて、とっても幸せだったから……って」
「……はい、必ず、伝えます」
 私はこれから、イヴのオーナーであった人の悲しみに、向き合わなければならない。
 それが、私の背負うもっとも大きな代償なのかもしれない。
「じゃあ……お別れだね」
 イヴが目を閉じた。私は無言で、剣を構える。
 そして、イヴの胸に突き立てる。
 瞬間、視界が真っ白に染まった。



「……呼びかけ?」
 見つかった手掛かりを聞いて、正直俺は信じられなかった。
「そんなことで、ネロの意識が戻るのか?」
「……停止直前に、慎一君がネロの名前を呼んだ時、一度、復旧するような動きがあったんです」
 説明するかすみの口調には、疲労がにじみ出ていた。無理もない。ほぼ無休で、ネロの検査をしていたのだから。
「ですから……、慎一君が呼びかけを続ければ、もしかしたら……」
「ネロが戻ってくるかもしれない?」
「はい。……って、ちょっと、修也君……!」
 聞きたいことは聞けたので、俺はかすみを俗に言う「お姫様抱っこ」の形で抱き上げ、研究室のソファへ運ぶ。よっぽど疲れてたのか、ほとんど抵抗らしい抵抗はなかった。
「……そういうことなら、朝まで寝てても大丈夫だろ」
「それは……そうです、けど」
 どっちみち慎一君が呼びかける必要があるなら、朝まで待つ方がいい。今、彼を連れてくるというのも……アレだし。
「時間が経つとまずいってこともないよな?」
「……ないです」
「じゃあ寝てろ。そのうち倒れるぞ、お前」
 最初は不満そうな目を俺に向けていたが、すぐにその目も閉じ、寝息を立て始めた。
「……呼びかけ、か」
「あながち、間違ってないかも知れねー」
 ふと気付くと、隣にはやてがいた。
「あたしだって、かすみに何度も何度も呼びかけてもらって、こうして変われたんだ。こいつだって、きっと」
「……そうだな」
 夜明けとともに、希望が見えてくる……ような気がした。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー