メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{かくれんぼ(前編)}

「あぁ~あダリーぜ」

悪態つきながらリビングで身体をダルそうに動かす俺がいる。
何故こんなダルいか、というと、今日はあいつ等達のメンテナンスをやるからだ。
最近はバトルの回数が多く、色々と損傷箇所を見つけたり身体能力の更新をチェックをしないといけない。
さらに付け加えて言うならば俺の違法改造武器をフル装備してバトルをするもんだから経験値データがハンパなく蓄積データとしてあるため、メンテナンスでクリーンアップしたり断片化されたデータも最適化しないといけないのだ。
正直に言うと…萎える…。
このメンテナンスの仕事の量は大量過ぎるし俺には四人の神姫がいる。
GRADIUSは厳密に言うと神姫じゃないので数に入れない、どちらかというと武器の方だ。
だからその分はアンジェラス達もより早くメンテナンスが終わって楽という事。

「…そろそろ行くか」

煙草を鉄で出来た吸殻入れにブチ込み、自分の部屋に向かって歩く。
準備はとっくに用意しといたので、後はあいつ等がクレイドルに座ってスタンバイしといてくれれば万事O・Kー。
まぁそこからはダルいメンテナンスが始まるんだけどね…。
はぁ~、溜息が止まらない。
ドアノブに右手で握り回す。

「お~い。お前等いるか~?」

ドアを開けながら自分の部屋にズカズカと入った瞬間、俺が見た光景に更なる溜息を吐かせる原因が出来た。
その原因とは言うと…。

「…はぁ~…イネェ~…」

そう、クレイドルに座ってる奴は一人も居なかったのだ。
マジで?と思いながら俺は椅子に座りノートパソコンの近くに置かれている煙草とジッポを手に取り、煙草に火を付けて煙草を吸う。
そしてまず最初の一言。


「なんでイネェ~んだよ」

空っぽになっているクレイドルを睨みつけながら言う俺。
今日はツいてないみたいだ。
でもまぁここは悪運に強い俺に期待しよう。
必ず奴等を見つけ出しメンテナンスしてヤる。
じゃねーと姉貴に怒られるのは俺だからだ。
一応、これもバイトの一環でやらせられてることだがらな。
ほんでもって、ちゃんとメンテナンスしてないと姉貴のクソ長ったらしいぃ~説教時間をクらう訳。
イヤだ、そんなのは絶対にイヤだ。


<? Some lack?>
「ん?あぁ、グラディウスか。全くもって不足だよ」

武装神姫が四人程な。
両刃剣を持ちながら来たグラディウスは徐にクレイドルの方を見て、次に俺を見ながら。

<Was it maintenance?>
「そ。あいつ等のメンテナンスをヤろうと思ってだんだが、ご覧の通り。バックレやがった」
<Now, there is a problem. Master is useless>
「『駄目』だしする程じゃないけど…俺が怒られるのは勘弁ならねぇから探し出すまでよ」
<I cooperate right now>
「サンキュー♪でもまずお前からメンテナンスした方が早いから今のうちにやっとこうぜ」
<consented!>

両刃剣を一番目のクレイドルの隣に置き、クレイドルに寝そべるグラディウス。
そんじゃあ、メンテナンス開始しますか。
ノートパソコンのキーを叩き次々にグラディウスのデータを調べ上げる。
ふむ、どうやらグラディウスには戦闘以外でも色々と蓄積されたデータがあるみたいだ。
それに人型に変形している時間帯が最近多くなってみたいだな。
まぁあの四つのペンダントの内、唯一人型に変形できて自立行動が出来る武器だからな。
カタカタとキーを叩きメンテナンスをしていく。

「………こんなもんだろ。はい、終わったぜー」
<Thank you>

クレイドルから降り両刃剣を拾うグラディウス。
これでグラディウスのメンテナンスは終わった。
にしてもこのクレイドル、普通に一般で売られてるクレイドルとは少し違う。
なんでこんな所に『No Step』て書かれているんだよ。
そんなに危ない場所なのか?
でもまぁ番号はあいつ等の順番通りだからいいとして…。

「なんで裏に注意書きが書いてあるかなぁ~。本当は英語で警告て、書かれてるんだけど」
<…?>
「いや何でもない。そんじゃあ奴等を捕まえに行きますか」
<Yes!>

グラディウスと共に四人の武装神姫を探索するため立ち上がった。
…にしても気になる。
あのクレイドルはVIS社の支給品だ。
姉貴には必ず充電する時とか、メンテナンスする時はこのクレイドルじゃないといけない、と言われたし…なんだか気にクわない。
あの警告に書かれている内容はあまりにも厳密過ぎるし、話すと長くなるからまた今度。
今はア・イ・ツ・等のかくれんぼに付き合わないといけないからな!





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー