メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 2月14日。
 世間様一般では、バレンタインデーと言う奴だ。
「………」
 島田祐一。一応男の子である。
 当然、バレンタインチョコは貰って嬉しいものだが……。



鋼の心:番外編 ~Eisen Herz~

アラカルトチョコ




ケース1
 島田雅の場合。

「祐一、朝ごはんできてるよ。一緒に食べよ」
「……姉さんが、作ったの?」
 ちょっと引く。
「なによ、あたしだって簡単な料理ぐらいは作れるわ」
 祐一の料理スキルを100としたら、雅は6程度だろう。
 朝食を載せたテーブルの上には、一口サイズのオムレツ数個とトースト。
 トーストはともかく、オムレツは雅の作にしては上出来だろう。
 小さいオムレツを作るのは、それも整った形で作るのはかなり難しい。
「……今日は随分頑張ったんだね」
「他ならぬ愛弟(ラブラザー)の為ですもの。卵の100や200、惜しくはないわ」
「……はい?」
 まさかとは思いつつも、慌ててキッチンへ踏み込む祐一。
「…………………うわ」
 そこに転がる殻、殻、殻。
 総数およそ200弱。
「……冗談とか、加減って言葉を知らないのか、姉さん」
「知ってるわよ、実行しないだけで」
 意味無い。
 意味無いよ、雅さん。
「まあ、片付けは後にして、先に食べましょう」
「……だね」
 そうして祐一は席に着いた。
「はい、あーん」
「………」
 雅の差し出したオムレツを無視して、自分の箸でオムレツを取って食べる。
「……やられた」
 一口目で異変に気付く。
 なるほど、切られて、中身を曝さない為の一口サイズだったらしい。
「……中に、チョコかよ……」
「どう、ホワイトチョコだとチーズっぽく見えるでしょ」
 見えるだけ、味はチョコである。
「あのさ、せめて卵に塩味をつけなければ普通にお菓子になる出来だと思うんだけど?」
 塩味の濃い卵にコーティングされたチョコの甘みは、食べて見なければ理解できまい。
 まあ、一言で言えば。
「……不味い」
 となる他無い。
「今日はバレンタインデーだから」
 これが天国と地獄の開幕だった。



ケース2
 伊藤美空の場合。

「べっ、別に、アンタの為に作ったんじゃないんだからね? ただ単にチョコの特売をやっていただけだったんだからね!?」
 ツンデレ発言と同時に差し出されるハート型のラッピング。
 ご丁寧にも、表には『祐一へ』と書かれたカードが挟まっている。
「ありがとう。美空」
「べっ、別にお礼を言われる筋合いは無いわよ!?」
 ふん、とそっぽ向いて先に歩き始めるツンデレ。
 まあ、これは天国の分類だろう。
 この瞬間までは……。
「開けて良い?」
「すっ、好きにすれば良いじゃない?」
 許可が出たので開ける。
「へい、ブラザー。良い天気だな?」
 チョコが話しかけてきた。
「―――!?」
「おいおい、そんなに驚くなよ。チョコだって喋る時ゃ喋るぜ?」
 んな訳あるか。
「まあ、あれだ。愛の力の奇跡かな?」
「…………み、美空。何これ?」
「……チョコの筈」
「ふっ、俺は自我に目覚めたチョコ。最早ただの食べ物ではない」
 当たり前だ。
 普通、食べ物は喋らない。
「言うなれば、そう。……進化したチョコ。 略して、『アドバンスド・ザ・ショコラーテ』って名乗ってみるテスト」
「略してない、略してない」
 後微妙に文法変です。
「まあ、ともかくアレだ。早い所食べてくんねぇ」
「……ゴミ箱、ゴミ箱」
「ゆ、祐一!? 捨てる気!?」
「当たり前だ、これは既に食べ物じゃない!!」
「折角人が『マンゴラゴラ』とか、『賢者の石』とか『竜の牙』とか取り寄せて作ったのにぃ!!」
「どうやって取り寄せた、そげな異世界アイテム!! しかもそんなもの入れたものが食べられるか!!」
「……ふっ。お嬢ちゃん、泣き止みな。俺が何とかしてやるぜ」
「どうするのよ?」
「おれっちには、『強制的に喰われる』という能力があるのさ」
「何処のエスパーだお前!?」
「ふっ、発動条件は接触距離!! 見よ『一食い弩陣』発動っ!!」

 しばらくお待ち下さい。

「……で、味は如何だった?」
「……粘土と砂糖とワサビ?」
 その言葉を最後に祐一は昏倒した。


ケース3
 リーナ・ベルウッドの場合。

「あ、祐一気が付いた?」
「……こ、ここは?」
「私の部屋よ」
 結構ファンシーな造りの部屋だ。
「全く、美空の作ったモノを食べるなんて正気じゃないわよ?」
「食べたんじゃない。『食べられ』られたんだ」
「たべられられた?」
「……もうその話は止めにしよう。折角生きていたんだし、二度と思い出したくない」
「わかったわ」
 リーナは素直に頷く。
「それじゃあ、私もチョコを上げるわ」
「……………喋ったりしないよな?」
「…? 喋る?」
「いや、忘れてくれ」
「???」
 疑問符を浮かべながらも、リーナが取り出したのはブロックチョコ。
 大雑把なつくりのそれは、愛を込めるには不向きなチョコだった。
「私は、チョコの味や形より、私のチョコを食べてもらいたいのよ」
「?」
 祐一の疑問は、その直後に氷解する。
「はい、あ~ん」
 欠片を一つ手にとって、リーナが祐一の口元へ差し出す。
「……これを、食べろ、と?」
 何処のバカップルだ?
「祐一。私の触ったチョコなんか、食べられない?」
 悲しそうに、そう呟くリーナ。
「演技だって判ってるけど、逆らえない卑怯なマネをぐぎゅ―――!?」
 セリフの途中で、リーナの指が口内に侵入してきた。
「うふふ。女はみんな、生まれついての策士なのよ。覚えておきなさい、祐一」

 だがしかし。
 これが一番まともだった辺りで祐一の周囲の女性が一筋縄でいかないというのが判るというものだ。


ケース4
 土方京子の場合。

「ああ、少年。奇遇だな」
「家の前で待ち伏せしているのは奇遇とは言いません」
「いや、奇遇だぞ。私も今来たばかりだ」
「…………」
 疑わしそうな祐一の視線に、聡い京子が気付かぬはずも無い。
「いま、実は何時間も待ってたんじゃないか、とか思っているだろう?」
「まあ、一応」
「安心しろ。本当に今来たばかりなんだ」
「いや、そう言うなら信じますけど」
「うん、予め発信機を仕込んでおいたから、到達予想時刻の演算は簡単だったぞ?」
「発信機ってなんだよ!?」
「…ん、知らんのか? 発信機って言うのはだな―――」
「―――理屈じゃなくて、何処に仕掛けたんだ!?」
「少年の脳に埋め込んだ」
「―――ぶばっ!?」
「あははは、冗談だ。面白いな、少年は」
「性質悪い冗談は止めて下さい!! ……んで、何処に発信機仕込んだんですか!?」
「少年の心臓」
「………」
「右心室の壁部に1mmサイズの発信機を癒着させてある。生体電流で稼動するから、少年が生きている限り機能するぞ、すごいだろ?」
 …………凄いダメだった。
「外せるんでしょうね?」
「……外せるよ」
「早く外して下さい」
「でも、外すと死ぬ」
「…………………………………………」
「ま、そんな事より少し上を向け」
「なんでで―――、んむっ!?」
 不意打ちのキス。
 京子の舌が祐一の舌を絡めとリ、口の中をゆっくりと撫で回す。
 ほろ苦い味が広がり、祐一の味覚を侵す。
「―――ぷはっ」
 京子の唇が離れたのはその後だった。
「…………今の」
「ああ、バレンタインだからな」
 手渡しならぬ、口移しでチョコを貰ってしまった。
「それじゃあ、私はもう行くぞ。またな、少年」
 背中を向け、片手を上げて颯爽と去って行く隻眼の美女を呆気に取られた祐一が見送る。

「……発信機、外れるのかな?」
 後日、雅が『姉パワー』とやらで取り出した。
 10分ほどで京子が『少年が死んでしまったぁ!!』とか泣きながら走ってきたのを見ると、雅も京子も本気だったらしい。
 怖い人たちである。

終われ。










































二段オチ。


ケース5
 アイゼンの場合。

「……私を食べて」
 裸素体の上にチョコを塗って、リボンを巻いたアイゼンが居たので、祐一は窓から外に放り投げた。
「……マスター、酷いぃ」



こんどこそ終われ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー