メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出会ったのは偶然。
回ったのは因果。

「……あれ、えーっと、早人くん?」
……参った、正直何が参ったのかわからないが参った。
「どーかしたの?……えーっと、早人くん、熱?」
流れる黒髪、子犬のようなくりくりした茶色の目、そして童顔に不釣合いなふくらみ。
忘れるはずも無い、彼女は―――。
「うろたえんなよ、ひなた、かわんねえなあお前は」
俺の、元カノだ
「あはは、早人くん、だいぶ丸くなったよね?……えへへ♪」
出かけて、軽く町をぶらついていたら、偶々出会った。
という事で、喫茶店に引っ張り込まれた。
「ん……そか?」
「そだよ、神姫なんて連れちゃって、お名前は?……ひにゃっ!、そうじゃなかった、私はひなた、小犬原ひなた、よろしくね」
屈託無く笑うこいつ、小犬原ひなた、ちょっと荒れてた学生時代の元彼女、別れた理由は、覚えてない。
「碧鈴、挨拶ぐらいしてくれ、頼むからじと目で見るなってうあ、噛むなっ!?」
がじがじと指を噛まれる、なんで不機嫌なんだこいつは、尻尾も不機嫌そうになってるし。
「うー……犬型ハウリンの……碧鈴です」
じーっと見つめる碧鈴。
「あはは、よろしくね?……そうそう、私も神姫連れてるんだー♪」
ごそごそとバックを漁り。
「あれ、どこかなどこかな、えーっと、ここじゃなかった、んーっと」
見つからないようでバックを漁り。
「……苦しいです、マスター」
その胸が目立つ、タートルネックのセーター首元から、にょきっと顔を出す神姫、犬型ハウリン。
「星華、その、挨拶して、友達の早人くんと、碧鈴ちゃん」
「マスターが、ご迷惑かけてないか心配です、はじめまして、星華です」
ぺこりと頭を下げる星華……随分と礼儀正しいもよう。
「……えーっと、こいつが必要以上にどじっこで慌て癖あるのは知ってるから」
「知っているならありがたいです」
苦笑する、苦労してるんだな中々。
「あー、ひっどーいっ、これでも頑張ってるんだよ私はっ!」
子供っぽく腕をぶんぶんっと振る彼女、相変わらず自覚無いなあ、天然だし、おっぱいゆれてるし、あの頃はDだったけど、今はそれ以上かな。
「がじ」
「いだだだだ!?」
碧鈴に指噛まれた、ばれたらしい、視線の方向が。
そして、取り留めの無い過去の雑談が繰り広げられる。
「……だよっ、あのころからまったくそーいう所は、変わらないでいぢわるなんだからー、早人くんのかいしょなしー!」
「だって忘れ物多かったし弁当とか良く、俺の分作ったけど自分の分は家に置いて来るとか」
「ひにゃっ!、そーいうことは言わなくていいんだよ馬鹿早人くんー!?」
「馬鹿はお前だ天然どーぶつ!?」
「ひにゃー!?、ひどいんだよ星華ー!?」
「今でも事実なんで言い返しようがありません、マスター」
「……」
碧鈴、ずっと黙ってるなあ、何かあったのかなあ、と見つめていると、すっくと立つ碧鈴。
そして、星華を指差し
「……星華さん、私と勝負してくださいっ」


そんな昼。
波乱の始まり。
平穏の終わり。

徒然続く、そんな話。
涙雨に打たれ(中)了。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー