メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ここに来るまでは我慢できていた涙が、「ネロ」という言葉を口にしたとたん、溢れ出した。
 落ち着くまで、梓は何も言わず、待っていてくれた。
 詳しいことは、僕自身よくわからない。ただ、出口で出くわしたあの人が言った「イヴ」という言葉、その後のネロに起こったこと、かすみさんの推測、落ち着いて考え合わせると、その男性がネロの――ネロの主人格を持った神姫のオーナーだった、ということになる。
 そんな内容を、梓に話した。
「……矛盾してた。僕とネロの関係」
 仮に普通にネロのオーナーが見つかったとして、その後のことを僕は考えていなかった。
「ごめん……。私のせいだよね、それって」
「ううん……」
 たしかにオーナーを探そうと言い出したのは梓だけど、それを了承したのは僕だ。梓が悪いわけじゃない。
 そもそも、ネロは本来、何処にいるべき子なんだろうか。
 ついさっきは、幻でもいいから、僕といっしょにいてほしいと思った。
 でも、終わりはあっけなく訪れて。
 もし僕の前から、本当にネロがいなくなったりするなら。
「……どうすればいい、のかな……」



 ――……何処だろう、ここは。
 見えるのは、見慣れた慎一の部屋でも、神姫センターの建物でも、さっきまでいた研究室でもない。
 何か泡のような物が、出来ては消えていく。それが、自分のAIが反応して、しかし返しようのない、矛盾した問いに対する答えの欠片、そう気付くのに、そんなに時間はかからなかった。
 というより、時間という概念が、ここでは感じられない。
「……はじめまして……、になるのかしら?」
 どこかから、声が聞こえた。
「誰、ですか……?」
「イヴ」
 視線を巡らすと、そこには青い髪と赤い瞳の少女……要するに、私と同じストラーフタイプの神姫が立っていた。
「あなたの主人格、あなたを生んでしまったもの……かな?」
 ……じゃあ、このひとが。
「ここは……何て言ったらいいのかな、人間で言う、深層心理? みたいな、うーん、まあ、そんなトコロ」
 私の生みの親。
「……どうして、私は?」
 ここにいるの?
「ここにいるってことは……まあ、ぶっちゃけて言っちゃえば、死んでるってコト」
「死んでる?」
「あなたの心が、私と同じように壊れたってコト。ここは、そういう表に出ないデータだとか記憶だとか、そーいうのが溜まる場所だから。生きてる子が、来る場所じゃないもの」
 そうか……。じゃあ、私はやっぱり。
「もう、戻れないんですね」
 そもそも、本来出会うはずのない私の主人格――私が私である時は、いないはずのひとが、私と同じトコロにいるのだから。
 でも、
「……そうでもないのかもね」
「え?」
「私とあなたが出会ったのは、ただお互い心が壊れたから、って理由だけじゃないと思うんだけど」
「どういうことですか?」
「あなたにも私にも、オーナーがいるでしょ?」
 彼女の、イヴのオーナーは、先ほどの男性。そして私のオーナーは……。
「……慎一は、私のオーナーではありません」
 どれほど慎一と時間を過ごそうとも、これは事実。変えられない。
「そうかもね。でも、あなたはその、慎一君? 彼に名前を呼ばれて、どう感じた?」
 私の心に、慎一の声が蘇った。
 初めて名前を呼ばれたあの時。いっしょに過ごして、何度も名前を呼ばれて。おはよう、とか、ありがとう、とか、ごめんね、とか、その度に、慎一は名前を呼んでくれて。
 そして、あの時も。私の心が砕けた時も、私の名前を、ネロという名前を、叫んでくれた。
 嬉しかった。
「私もあなたも、大切な人がいる。だから、こうして出会えたんじゃないのかな?」
 そう、かもしれない。でも、
「それでも、私は……!」
「難しく考えることなんてない。あなたは、ここにいるんだから」
 ここに、いる?
「……cogito ergo sum」
「……?」
「我思う、ゆえに我あり」
「……」
「どこにいようと、あなたが思う限り、あなたはそこにいるの」
「私が思う、限り……」
「あなたは幻なのかもしれない。けど、あなたの思いは、幻じゃない」
 私の思い……。
 慎一に、私の名前をもっと呼んでほしい。
 慎一に、笑っていてほしい。
 慎一といっしょに時を過ごしたい。
「……だから、あなたは幻なんかじゃないよ」



「……どうすればいい、のかな……」
 そう言う慎一君の表情は、沈んでいた。
「どうして、いなくなっちゃうんだろう……?」
 ふと、今日の昼間に、小林さんに言われた言葉が浮かんだ。
(――「互いの気持ちが通じ合っていること、互いに幻でなくここに居ること、こういうのを最も手っ取り早く、かつ確実に感じられる手段」――)
「……私は、ここにいるよ」
 そう、別にやましいことをするわけじゃない。
「私は、さ。その、慎一君のこと、好き……なの、かな?」
 少なくとも、そう思ってるのは事実。
「だから、私はいなくならないから……」
 慎一君の後ろに回って、首に腕をまわして。
「……え、?」
「私が、慎一君の慰めになるなら」
「……それ、は」
「……抱いて、くれていい、よ?」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー