メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「――――――――――ッ!」
 一歩で踏み込み、抜刀と同時に納刀する。
 肉眼では絶対に、センサーの類を使ったとしても視認するのは不可能な彼女の剣は、彼女の身の丈以上の竹を両断していた。
「―ッ! ――――――――ッ!!」
 そのまま呼吸をせずに予め鈴をつけておいた竹に切りつける。その数約二十。それもかなり距離を置いてその竹はあった。
「――――――――――――ッ!!」
 しかし、全てが彼女の間合いの範囲である。彩女は鈴の音を頼りに竹を探し出し、両断していく。
 その速度は獲物を見つけた獅子の如く、足捌きに迷いはない。
 そのまま二十近い竹をほぼ一瞬で両断し、鈴の音がなくなった頃、彼女はようやく刀を納め“目隠し”を解いた。
「―――――――ふぅ。まぁこんなところですか」
 自らが斬りおとした竹を見ながら彩女は呟いた。
 彩女がやってきた方向からは物凄い数の竹が斬り落とされていた。彩女がいまやっていることはただの修行ではなく、道を作っているのだ。
「今半分くらいですかね。主は・・・・あぁあんな遠くにいます。まぁ切っただけでは道にはなりませんし。退かすのは主でないと出来ません」
 道を作るついでに修行をし、その過程で切られた竹でメンマを作り、そのメンマを町内会や老人会に持っていくことで酒や米等の農作物を得る。2036年以降だというのに、未だに物々交換が成立するのが田舎のいいところであろう。
 ちなみに今作っている道は駅への近道である。別に山を降りるだけなら簡単なのだが、降りた先がどこに繋がっているかと言うのは非常にわかりづらい。なので記四季と彩女はたまに新しい道を作るのだ。






ホワイトファング・ハウリングソウル

第十一話

『魅惑のお風呂タイム』









「今日はご苦労さん。風呂沸いてるから先にはいれや」
「御意。意外と汚れてしまいました」
 彩女は記四季の言葉に甘え先に風呂にはいることにした。
 竹をひたすらに切り払い無事に道が開通したとき、既に日は傾いていた。
「・・・・」
 彩女は無言で鎧の留め金を外し、脱いでいく。
 全てを外し終わり素体だけになった彼女は、次にハウリン素体の色に染められたスーツを脱いでいく。彼女のふくよかな胸があらわになり、次に白い肌が湯気に惜しげもなく曝される。
 彩女は脱いだものをきちんと畳むと、前をタオルで隠しながらヒノキで作られた広い湯船に浸かる。この湯船は記四季手作りの一品だ。
「・・・ふぅ・・・やはり日本人は風呂ですねぇ・・・・」
 肩まで浸かり彩女は一人呟く。
 この風呂に浸かる瞬間が、彼女は大好きだった。
 実際神姫が風呂に浸かる必要は無い。汚れを落としたいなら洗浄液を使えばいいのだ。だが彩女は風呂が好きだった。
「・・・・この感覚・・・この暖かさ・・・堪りません・・・にゃ~」
 その顔は普段の真面目そうな顔ではなく、完全にリラックスした顔だ。
 今まで誰にも見せたことの無い、彼女が一番油断した顔。
「そうだねぇ・・・でも茹で魚になりそうだから長いのは嫌かな」
「茹で魚ですか。それはなんとも・・・・なんとも?」
 彩女は風呂(神姫サイズだが結構広い。人間で言うと風呂桶四つ分ほど)を見渡す。
 しかし湯気に阻まれているせいか、先程の声の主は見つからない。
「・・・・・・・・・・・気のせい、なわけないですよね。・・・・ん?」
 ふと、湯の中から小さなストローが出ているのを見つけた。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・また古典的な」
 彩女はそのストローにふたをしようとして・・・ふと考え直し、神姫サイズの風呂桶(記四季作・ヒノキ削り出し)を手に取る。
 そのまま左手でストローの先を塞ぎ
「――――せいッ!!」
 右手の桶を全力で振り下ろした。
 水しぶきが上がり、波紋が生まれ・・・その後、水面は静かになった。
 彩女は湯の中を探りアメティスタの尻尾(ヒレ)を鷲掴みにするとそのままずるずると引きずり、洗い場に放置する。
「・・・・い、いくらなんでも・・・これは酷いんじゃないか・・・な・・・?」
「あらごめんなさい。貞操の危機を感じたもので」
「別に良いじゃん女の子同士でお風呂はいったって・・・・って起き上がれないっ!? い、いつの間に両手を後ろで縛ったのっ!?」
「いやだってアメティスタ。貴女は百合ですし」
「スルーしたね!? ボクに桶で一撃食らわせた挙句拘束したことに対するツッコミをスルーしたね!? しかもボク脚部がイーアネイラ装備だから本当に起き上がれないんだけど!!」
「まさにまな板の鯉。捌くも捌かないも私次第ですね?」
「はっ! まさかこのままこのボクを美味しくいただこうって腹!? っていうか何か彩女のキャラが違う!!」
「違います。このまま敢えて放置します。・・・っていうかどうやって入り込んだんですか。陸地歩けないでしょう貴女」
 なぜか風呂場にいたアメティスタにそう言いながら、彩女は前を隠していただけのタオルを体に巻く。
 彼女にとって風呂は至福の時間であり、それを邪魔された今はかなり機嫌を損ねていた。
「・・・いや、朝のうちに井戸から記四季さんに引き上げてもらってね。その前は地下水脈通ってきた」
「さりげなく大冒険してませんかそれ。というかよく通れましたね・・・しかも主が井戸使わなかったら意味が無いですし」
「記四季さんが毎朝井戸の水を汲むのは知ってたしね。あとはそのまま引き上げてもらって、お湯が沸くまで湯船に水張って泳いだりしてた」
 そもそも断られる可能性もあったのだがアメティスタはそれを考慮していない。予知能力のなせる業だろうか。
「・・・なるほど、貴女の進入経路は解りました。解りましたけどなんですか突然。しかもその話からすると一日中ここにいたみたいですけど」
 彩女はアメティスタに問いかける。
 そう、別に遊びに来るのはいいのだがアメティスタが朝からここにいいる理由が判らないのだ。
 彩女に会いたいならば、アメティスタは彩女を呼ぶだろう。しかし今日は呼ばず、湯船の中で一日を過ごしていた。その理由はなんなのだろう。
「・・・いや、昼寝したら寝過ごしちゃって。さっき起きたのだって水がお湯に変わったからだし」
「・・・あぁ、だから茹で魚と」
「そうそう。それでね・・・今日はお泊りに来ました!」
「帰れ」
「早っ!?」
 彩女はアメティスタの言葉に即答する。
 記四季の性格から考えて彩女とアメティスタは同室で寝ることになるだろう。寝首をかかれるとも限らないからだ。
 ・・・アメティスタは実際寝込みは襲わないがのだが、心理的に宜しくない。
「大体なんですか藪から棒に。主の許可もなしにそんなこと・・・」
「あるよ。記四季さんの許可。っていうか記四季さんの提案だし。『キャンペーンバトルに備え、お互いのチームワークを高めたい。それに明日迎えにいくのは面倒』だってさ」
「・・・・・・・・・主、チームワーク以前の問題です・・・」
 肩まで浸かっていたものを、今度は顔まで浸かりながら彩女はいう。
 いつもならこの広い風呂を独り占めできるのだ。貞操の危険なしに。少しの間だけとはいえあまり好ましくない。好ましくないのだが・・・
「・・・主の許可が下りているのでは仕方が無いです。泊まってもいいですよ」
「あんがと。話もまとまったところでそろそろ解いてくれないかな。もう何もしないからさ」
「・・・・予知できるんなら、私の次の行動もわかりますよね」
「判る。判るけどボクはそんな未来認めない。だからボクはボクが見た未来を変える。そのために彩女に頼んでるんだ」
「諦める勇気というものも必要です。・・・という訳で主が風呂場に入るまでそのままでいてください。大丈夫、ムニエルにはなりませんから」
「と、鳥の血に悲しめど魚の血に悲しまず・・・・」
「声ある者は幸い也」
「・・・・・」
「・・・・・」
「声あるんだから解いてよ」
「嫌です。私のお風呂タイムを邪魔したらどうなるか・・・・・・・・・思い知ってください」





















・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー