メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どう……なんですか、かすみさん?」
 メンテベッドに繋がれたコンピューターを操作する私の耳に、不安そうな慎一君の声が、さっきから断続的に入る。
 ネロの状態は、表面上、安定していた。
 ただ。
「……まったく、反応がありません。AIの処理がループしているか、あるいはAI自体が反応を拒否しているか……は、わかりませんが」
「そうですか……」
 そう答える慎一君の顔は、私を見ていない。ネロを見ている。けど、ここにいるネロじゃなく、動いていた時の彼女を。
「はやて、慎一君を送って行って」
「え、あ、お、おう!」
 あんまり、はやてを外へは出したくなかったし、なにより私自身、はやてに傍にいてほしかったのだけれど、今、適任者ははやてしかいない。
 ここからの話は、今の慎一君に聞かせられる話じゃない。
 二人が部屋から出たのを見届けて。
「……話して、くれますね?」
 自分でも、言葉に怒りが乗っているのがわかった。それは、この男に対するものか、気付けなかった自分に対するものか、あるいは、神さまに対するものか。



 帰りたくなかった。ネロのいない家には。
「……んいち、慎一ってば!」
 はやての声も、ほとんど耳に入ってない。
 僕の足は、ほぼ無意識に、ある場所へ向いていた。



「……君が思ってる通りだよ。彼女は、そこにいる神姫は、もともと僕の神姫さ」
 どれほどの沈黙があったか、目の前の男……高明さんは、語り始めた。
「それが、ネロの主人格というわけですね?」
「違法神姫摘発の仕事をしていた時のパートナーで、イヴという名前だった」
 口調に、感情は窺えない。
「半年前の事件で、失くしたと聞きましたが?」
「……たしかに失くしたよ。実際彼女は、ネロという神姫として活動していたわけだろう?」
「ではなぜ……、身体だけでもどこかに残っていると知らなかったとでも?」
「知ってたさ。けど、僕のイヴはもういないんだ。いないんだよ……!」
「……忘れたかった?」
 高明さんは、微かにうなずいた。
 彼女……イヴは、主の命じるまま、多くの神姫を「殺して」きた。自分と同じ、心を持つ神姫を、たくさん。
 具体的には、違法な神姫の人格のリセット。その神姫を生まれ変わらせるための。
 それは、彼女の心を容赦なく傷つけ、擦り減らした。同様のケースは、ついこの間、修也君のリュミエが経験している。あの野外実験の直後、リュミエのAIには、かなりの負荷がかかっていた。
 それを、ずっと、長い間。どこかで、殺しているのは自分ではないと思い込む……「解離」しても、まったく不思議じゃない。
「イヴはそれでも、言わなかったんだよ。そしてあの日……、ついに壊れた」
 きっかけは、「人殺し」の言葉。
「……その人が、慎一君のお父さん、と」
「そう」
 この事実にも、驚かずにはいられなかったけど。
 相手の男の抵抗により、身の危険を感じたその人は、相手を激しく殴打した。その時、すでに確保していた別の男が言った、「人殺し」。
 その言葉が、ギリギリの均衡を保っていたイヴの人格を、心を、粉々に砕いた。
 人格崩壊。
「……その時知ったよ。僕のやってたことはまったくの偽善だって。悲しい境遇の神姫を生まれ変わらせるために、彼女らを摘発し、その人格を消す……。結果として、一番悲しい境遇にいたのがイヴだと、気付きもしなかった。マスター失格だよ、これじゃ」
 ……悲しい境遇?
「それで、怖くなってしまった。……イヴを置いて、逃げてしまったんだ」
「……本気で、そう思ってますか?」
「ああ。あの時は、ただ怖くて……」
「違います」
 遮った。
「本当に、イヴが悲しい境遇だったと?」
「……そうだね。今だから言えるんだろうけど」



 呼び鈴が鳴った。ミナツキに部屋で待ってるよう言って、私は玄関へ向かった。
 そこにいたのは、
「し、慎一君? それとあなたは……はやて、ちゃん?」
 どこか様子がおかしい。なにより、
「慎一君、ネ」
「修也ぁっ!!」
「……ロ、は」
 ネロがいない、そのことに気付いて聞こうとすると、それに被せるように、はやてちゃんが大声で修也さんを呼んだ。
 いきなり呼ばれて、修也さんとリュミエは飛び出すように、玄関に出てきた。
「どうした、はやて?」
「研究所に行ってくれ。あたし一人じゃ、本気で怒ったかすみをどうにかできねーから!」
 その瞬間、修也さんはそれこそ瞬速で、飛び出して行った。
「あ、あの」
「梓っ!」
「は、はい!」
「……こいつ、頼む。あたしじゃ、どうにもできねー、から……」
 慎一君のことだろう、それだけ言うと、はやてちゃんは修也さんの後を追って、行ってしまった。
 ただ事じゃない。そう直感した。
 慎一君が、泣いていたから。



「ふざけるな!!」
 普段の言葉遣いも忘れて、私は叫んだ。
「悲しい境遇……? 冗談もたいがいにして! 何故その子が、イヴが、心を擦り減らして、あなたの命令に従っていたか、どうしてわからないの!?」
 いったい何に対する怒りなのか、もう私自身正確に理解できてない。ただ、目の前のこの男に対しては、叫ばずにはいられなかった。
「あなたを好いていたからよ! 心の底から、誰よりも、何よりも……!」
「好いて、た……?」
「たぶん彼女は、神姫を殺す苦しみから逃れる方法を知ってた。心を、感情を消して、ただ機械としてあなたの命令に従えば、苦しまないって」
「……」
「けれど、それは彼女の、あなたとの触れ合いをすべて断ち切るってことになる。そうなれば、あなたも悲しむだろうけど、彼女自身、あなたと気持ちを交わせられないのが、いやだったから」
 私の考えでしかない。言うべきじゃない。理性ではそう思っても、止まらない。
「……だから! 彼女は心が壊れていっても、感情を持ったまま、
あなたと過ごすと決めたのよ。どうしてそれがわからないの!?」
 止められなかった。
「悲しい境遇なのかもしれない、けど、大事なひととの触れ合いを失うことが、彼女にとっては一番の悲しみだったんじゃないの!?」
「……」
「それに気付いてあげられないのは、彼女に対する最大の侮辱よ!」
 どうしても。
「あなたは……!」
「ほら、その辺にしとけ」
 ぽん、と、頭の上に手が置かれた。
「修也、君……」
「それだけ言えば、あいつも充分理解しただろ」
 ……それはそうだろう。でも、私のやり場のない怒りは、収まったわけじゃない。
 だから。
「……いきなり出てきて、話の腰を折らないで」
「へーへー」
「だいたい、修也君今までの話聞いてないじゃない! それなのに……!」
 結局、その対象は修也君に移る。
 最終的には、いつもこうなってしまうのだ。吐き出す場所をくれる、修也君に甘えてしまう。
 しばらく、私は修也君を罵り続けた。



 とりあえず、慎一君を中に入れた。
「……何が、あったの?」
 極力、ある単語を口に出さないようにして聞く。気休めにしかならないけど、私自身、口にするのが怖かった。
「ネロ、が、ネロ……がっ……!」
 けどそれは、彼自身が破った。
「幻、なんて、思ったから……、いなく、なって……!」
 そこから先は、言葉が続かない。慎一君は、ただ泣いていた。

 心の在処。慎一君にとって、それは紛れもなくネロ。
 それが失くなる。私が危惧したことは、余りに早く、起こってしまった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー