メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―神姫ちゃんはゼルノグラードのランちゃん、ご主人さまは花火師の久我さん。ごく普通のふたりは、ごく普通の出会いをし、ごく普通のオーナー登録をしました。でも、ただひとつ違っていたのは―

「あの~、ランさん? ちょっと今月の家計が苦しいんですけれど・・・パチンコの使い込みは程々に・・・」
「あぁン? あちき様に指図するつもりっちゃー?」
「いや・・そういうつもりでは・・・。あの・・・でしたら他の事に一生懸命になりましょうよ。例えば私の仕事を手伝って下さったりとか・・・」
「イヤっちゃ。めんどくさいもン」
「ううぅ・・・」

―神姫ちゃんは、NEETだったのです!─


「ところで久我~、ちょっとパチンコ玉が無くなりそうっちゃ。カネ寄越すっちゃ~!」
「そんなぁ・・・今家計苦しいって言ったばかりですのに・・」
「返事は!!」
「はっはい~!!!」
―言われるままにランちゃんのパソコンにプリペイドカードを差し込む久我さん。電子パチンコのパチンコ玉が即座にチャージされちゃいます―
「判ればいいっちゃ。や~っぱり弾幕は豊富に無いとダメっちゃね~」
「ううぅ・・・どうしてそんなにすぐ使っちゃうんですか」
「あぁン!? 弾幕はバラ捲くためにあるっちゃ! ガトリンガトリン!!」
「タマ違いですよ~!! 大体そんなにパチンコ好きなら本物やりに行けばいいでしょう?」
「神姫がパチンコのハンドル握れるハズないっちゃ~! ホラホラ!!」
「って何筐体まで買ってるんですか~!!!!」
―悔しそうにハンドルをにぎにぎするランちゃんから筐体を取上げ、これまた悔しそうに触る久我さん。そういうのっていい値段しますよねぇ―
「せめてこれ売れないですかね・・・」
「ぬー! あちき様のモノを売ろうとは久我のクセにいい度胸っちゃ~! お仕置きし~て~や~る~!」

  ずぶり。
「ひゃぁン!?」
―久我の小さく窄まった穴に、ランちゃんの小さなこぶしが挿入される―
  ぬぷ。 じゅぶり。
「うぁ、あぁあん・・・」
「ほれほ~れ、我慢できるっちゃ~?」
  じぶ、じゅぶ・・・。
―粘膜と水分を絡めながら、なまめかしい動きで、体の敏感な場所まで辱める―
「ホラホラ気持ちよくなっちゃうっちゃ~」
「はあぁぁんっ!!」
  じゅぷん、ぬぽん!
―肩口まで突き入れた腕を一気に引き抜く! 駆け巡る淫らな電気!―


「・・・ホント、アンタの耳クソって粘着質っちゃね~」
「ううぅ・・・人の耳で遊ぶのはやめて下さいっば・・・」


―耳を拭きながら、いそいそと手元を動かす久我さん。忍耐強いですね―
「もう~、本当に仕事が押しているんですから。お金貰えなかったらランさんの大好きな、その・・・同人誌でしたっけ?も買えなくなるんですからね。 ああそうだ新しい火薬も注文しないと・・・」
「あ、久我~、このBL同人誌も注文しておくっちゃ~。男幕の補充もヲトメのたしなみっちゃ」
「・・って言ってる傍から!! ううぅ・・・」
―でも、傍若無人なランちゃんに振り回されっぱなしです。うわ、しかもこのリスト、ものすごいマイナーなサークルばかりですよ―
「大体この前も大量に注文して、めぼしい所は全部買い揃えたって言ってたじゃないですか~」
「甘い! 甘いっちゃ~!! どうせ大手なんて定石カップリング~でやっすい男幕ばら撒くしか能無いし~、見込みある新人だって金に目がくらンですぐ売りに走ったありきたりで挿入に走る内容になるっちゃ~~!!」
「挿入とか大声で言わないで下さい!」
「だっかっら~、ホントにソウルのこもったカップリングやペッティング(え)を見るためには青田刈りをしなければならないンちゃ~!! そう! 言うなれば美の追求!」
「なっナニが美の追求なんですか、もう!!」
「わかんないヤツっちゃね~。だったら・・・」

  ぴんぽーん♪
「毎度ぉー、和菓子屋のつくもですよぉー。ご注文の黒蜜葛きりをお届けに・・・」
「レッツ実演っちゃ!!」
「ってえぇ~!?」
  がばぁっ!

―突然押し倒され動転するつくも。ランはその怯えた表情を吟味しながら、ゆっくりと、そのやわらかな肌に触れる―
「ひゃぁ!? な・・何をするんですかぁ!」
「ふうン・・・やっぱり憎いくらいやわらかなボディっちゃね~。そうだ、これも使っちゃうっちゃ~♪」
「あぅん!」
  ぬろ・・・べちゃ・・・。
  じゅる・・・じゅる・・・ずずり・・・。
―強くぬめった粘液を纏う太く長い触手のようなモノが、つくもの体にからみつく。その冷たさと這い回る気持ち悪さに、思わず声を洩らす―
「強情っちゃね~。まあそれ位でないと張り合いっちゃ。さあて、そろそろ味見っと・・・」
  ちゅる・・・。
「ひゃうぅ!」
  ぬろ・・・じゅば・・・ちゅぱ・・・。
「ふふ、あまぁい・・・美味しいっちゃぁ」
―絡み合うモノ達とともに体を摺り寄せ、ランは白い肌に舌を這わす。自らも粘液にまみれ、舌ずり、吸い寄せ、口付ける―
「こ・・・こんなのはぁ・・・」
「こんなのがイイ?」
  じゅる・・・かぷり。
「にゃぁ!? た・・・食べないでぇ・・・」
―甘噛みしされた耳の感触が神経に響く。少しの痛みと、隠し切れない恍惚と。その崩れていく彼女の理性のさまを、ランは、口の中のとろける蜜と共に、あまく、あまく噛み締める―
「ホラホラ、いっちゃえよ・・・」
「もうダメ! 出しますぅっ!!!!」
  びくっ、びゅくんっ!!!
―つくもの大砲が白濁液を吐き出す!―
「・・・いっぱい、出たっちゃね~」


「・・・て、ランさん! 葛きりまみれになって何遊んでるんですか!」
「いやだから美の追求の実戦っちゃ。ソウルさえあれば和菓子からませただけでこんなにもエロく!」
「だからって仕事場汚さないで下さい!!」
「もー黒蜜ぶちまけたぐらいでギャーギャー言うンじゃないっちゃ。あーもち肌も美味しかったけどこの練り飴もイケるっちゃね~♪」
「練り飴キャノンが効かないなんて・・・ た、退却ぅ!!」
―葛きりまみれになったつくもちゃんは、泣きながら帰っていってしまいました―


「ううぅ・・・この花火も作り直しです・・・」
―二人のじゃれ合いのお陰で、仕事場はべたべたした砂糖菓子の甘いにおいでいっぱいです。花火まで黒蜜や練り飴まみれになってしまいました―
「これ、納期今日なんですよー! どうするんですか!」
「そんなのテキトーにがすがす突っ込ンどけばいいちゃ、ホラこのゴテゴテなあちき様みたくー」
  がしっ、ぎゅむぎゅむ。ごすごす。
―ランちゃんは無造作にそこらへんの星(火薬の玉)を掴んで玉の中に押し込みます。並びも何もあったものじゃありません―
「ああっ! そんな乱暴に(花火の)玉を弄くらないで下さいー」
「ああン? ガタガタ言うとあちき様の(火器の)穴という穴を使って調教してやるっちゃよ~!」
「そんなぁ・・・。ううぅ・・・もう勝手にしてください・・・」
―久我さんは半べそをかきながら部屋を出て行ってしまいました―


「ホントに久我のヤツは口答えが多いっちゃー。誰が主だと思ってるンちゃー」
  ぎゅむ、ぎゅむ、ぐいぐい。
「お、コレ意外と面白いっちゃねー」
  ぎゅむぎゅむ、がす。
―遊び半分で、玉にどんどん火薬を詰め込むランちゃん。あっという間に玉はパンパンになりました―
「後は玉を閉じて蓋をするだけっちゃ~。よいしょっと」
―玉の半分を持上げて、もう半分の上によじ登るランちゃん―
「でも、ちょっと神姫にはキツい大きさっちゃ~。挟まれでもしたら大変・・・」
  ぐらっ、こけっ。
「おおっとぉ~!!!」
  どっすーん・・・。
「・・・」


「・・・ランさん、さっきは言い過ぎました。機嫌を直し・・・あれ? いない?」
  ぽつーん。
「あ、あれ!? 花火が完成している・・? もしかしてランさんが! ありがとうランさん!! 早速納品してきまーす!!」
  しーん。




―次の日―

『ヒノカミコーポレーション主催、商店街冬の花火大会。いよいよラストです!!』
「ついに私の・・いや、ランさんの作った花火の出番ですね! でも、ランさん昨日から何処へ行ったんでしょう? いや、きっとこの花火を見ていますよね! よーし点火・・・」
―意気揚揚と、点火準備をする久我さん。その悲劇も知らずに―

「たーまやーー!!」

  どんっ!!

  ひゅーん・・・ぱあん!!

「あ、花火がランさんの顔の形に!」











  ひゅーん、ぽと。
「って、ちゃんと生きてるっちゃ~~~!!!」

  ちゃんちゃん。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー